明日が聴こえる/J-FRIENDS

長野オリンピック開催20周年記念、想い出のテーマ曲シリーズ第2弾。

J-FRIENDSはTOKIO、V6、KinKi Kidsで結成された。95年1月に起きた阪神淡路大震災のチャリティが主な目的で震災当時の小学1年生が義務教育を終えるまでということで、1998年から2002年まで毎年年末にシングルを出していた(98年は年始、99年は年始と年末に出して以降年末で固定)。

マイケル・ジャクソンに提供されたり、BON JOVIに提供されたり(作詞はB’z稲葉)、Boyz Ⅱ Menのカバーやったり、Earth,Wind & Fireに提供されたりと洋楽テイストが強かったのが特徴だったが、あまりにJ-POPからかけ離れすぎて後期ほどさほどヒットしなかった。しかも堂本剛ばかりやたらソロパートが多くなるなど歌割が露骨に偏る、その割にKinKi Kidsファンがみんな買わないのかKinKi Kidsより売上が低い…などなんかもう少しネットが発達していたらファン同士の抗争が激しく展開していたのではないかという気がしなくもない。

前提として阪神淡路大震災のチャリティだったはずのJ-FRIENDSだが…一応長野オリンピックタイアップにも1stシングルで関与している。

そしてJ-FRIENS実に今年20周年を迎えたばかりである…が今なお現役で活動し続けるこの3組、再びJ-FRIENDS…という事は無いのだろうか。2018年はNEWSが15周年だが、0の周年はJ-FRIENDS以外は無く、2019年はまた嵐20周年&TOKIO25周年&関ジャニ∞15周年とジャニーズ周年渋滞が起きるのでやるならチャンスなんじゃないだろうか。

「明日が聴こえる/J-FRIENDS」の続きを読む…