15th 匂艶 THE NIGHT CLUB

匂艶THE NIGHT CLUB
82年5月21日
前作に続いてトップ10ヒット(8位)を記録。83年1月にはミュージックビデオとしても発売されたようだ。PV自体が珍しい時代にかなり珍しい…。タイトルの「匂艶」は造語で正直字面だけではどう読むのか分からないが「にじいろ」と読む。あまりにも分かりにくい上、作中でも出てこないためか、ふりがなが併記されていることが多い。 「15th 匂艶 THE NIGHT CLUB」の続きを読む…

14th チャコの海岸物語

チャコの海岸物語
82年1月21日
発売当初はこれまで同様にパッとしなかったようだが、桑田と原の結婚という話題性も手伝って最高2位にまで上り詰め、久々の大ヒット曲となった。トップ10入りも初期5作以来だったが「勝手にシンドバッド」を越えて「いとしのエリー」に続く自身2番ヒットを記録。エリー共々92年の「涙のキッス」「シュラバ★ラ★バンバ」以降までは10年間2番ヒットの座に居座り続けた

このヒットにより2度目の紅白出演も果たした。…が、現在よりも圧倒的に番組の方針が堅かった当時において国民的歌手の三波春夫の後の出番で三波春夫のモノマネをしながら登場して、「受信料は払いましょう、裏番組はビデオで見ましょう」などと発言。今なおこの辺りの言葉は伝説として語り継がれているが、ふざけまくった態度に批判が殺到してわび状を書く騒動になったとされている。これで懲りて紅白に出なくなったとされているが、実際には翌年も出演してから出なくなっているので、一撃出禁になるほどNHKが激怒したわけではないようだが…良く分からない。 「14th チャコの海岸物語」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧2~1980-1981~

1980年に入ると制作に専念するためにTV出演を控え、FIVE ROCK SHOWを掲げての連続リリースを敢行するも、売上が激減。以降しばらくシングルヒットからは遠ざかるようになった。一方でシングルのチャート順位がどんどん落ちていく中でもアルバム売上は好調で3rdアルバムで初の1位を獲得。以後オリジナルアルバム、現存するベストアルバムの全てで1位を獲得している。

そんなわけでこの時期は8作連続でトップ10落ちしていて2年間トップ10ヒットが1曲も無い。しかし98年の『海のYeah!!』収録の機会に恵まれた曲を中心に現在は知名度が非常に高くなっている曲もいくつかある。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。

シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧2~1980-1981~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧1~1978-1979~

1978年6月25日の「勝手にシンドバッド」でのデビュー当時はあまり売れなかったが、8月の1stアルバム発売頃からTV出演をきっかけに徐々に火が付き始めて大ブレイク。以降2年間でシングル5作全てをトップ10入りさせたのがこの最初期である(アルバムは2作のうち2ndでトップ10入り)。

連日TV出演をこなしながら夜レコーディングというスケジュールになったため、メンバーの疲労はいきなりピークに達し、特に2ndアルバム周辺は「ノイローゼ」というキーワードで持って語られる事も多い。

この時期は前述のように当時もヒットしているため、リアルタイムで接したリスナーはもちろん、98年から20年ロングセラーを続ける『海のYeah!!』に5シングル中3曲が選ばれており、それらに関しては当時を知らないリスナー間でもかなり知名度は高いと思われる。

そんな最初期のサザンオールスターズを振り返る。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧1~1978-1979~」の続きを読む…