大塚愛 15周年シングル回顧3~2009-2018~

09年になるとシングル売上はさらに低迷していたが、そんな中でRIP SLYMEのSUとの結婚を発表。さらに09年後半には妊娠により産休に突入した。産休はそんなに長くは無かったが、大塚愛としての新作はしばらく途絶え、活動再開後もオリジナルアルバムまでは間があったので、『LOVE FANTASTIC』は09年のシングル曲と13年、14年のシングル曲が混在し、”愛”名義と”AIO”名義、Ikoman参加とhiroo参加が混在するアルバムとなった。

以降はアルバム主体の活動へ移行。これまでが「歌う楽曲」だとすれば今回は「聴く楽曲」だとするエレクトロサウンドに振り切った『LOVE TRiCKY』はcap(Noboru Abe from STUDIO APARTMENT)との共同アレンジにて初めてシングル曲なしで全曲新曲のフルアルバムとしてリリースされた。

2016年は新曲リリースは無く、2017年は久々のドラマタイアップもあってシングル「私」、立て続けにアルバム『LOVE HONEY』をリリース。前作でのcap路線と笹路正徳をアレンジャーに迎えての以前と現在を融合させたようなアルバムとなった。

産休前から女性リスナー向けに振り切るような発言が増え始め、男性リスナーをおざなりにするような発言を繰り返すようになったが、これによりコアな男性ファンの多くが離脱してしまったらしく、いつの間にかヒット曲どころか活動している事すらあまり知られていないような完全な過去の人扱いになってしまった感もある。ビルボードのインタビューコーナーにはそんな近年のはっちゃけたインタビューが残っているが、正直売れなくなってからもブレない一貫した姿勢は売れてた時よりもはっちゃけていて面白かったりもする。

2018.9執筆
一応全アルバムCDで視聴しているものの今回はそのまま『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』全曲という形のため、圧縮音源であるこの配信限定アルバムを聞いた上での執筆。

「大塚愛 15周年シングル回顧3~2009-2018~」の続きを読む…

大塚愛 15周年シングル回顧2~2006-2008~

人気絶頂期から徐々に落ち着きつつあった15周年の中期に位置する時期。基本ルーティンを維持しつつも、前年頃から見せつつあった打ち込みから生音バンドサウンドメインでの移行、シングルでは新たな方向性も見せ始めていた。

産休前のオリジナルアルバムはこの時期のシングル収録までとなり、レンタル限定の2011年の『SINGLE COLLECTION』もここまでが対象となっていて概ねTVによく出てくる大衆向けシンガーだったのもこの頃くらいまでだった。

2018.9執筆
一応全アルバムCDで視聴しているものの今回はそのまま『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』全曲という形のため、圧縮音源であるこの配信限定アルバムを聞いた上での執筆。

「大塚愛 15周年シングル回顧2~2006-2008~」の続きを読む…

大塚愛 15周年シングル回顧1~2003-2005~

2018年9月でデビュー15周年という事で、世間的にはちょっと過去の人になりつつあるけど00年代半ば頃のトレンド系ヒットミュージシャンにしてアイドル的側面も持ち合わせた大塚愛を久々に振り返ってみることにした。配信限定で今回取り上げる全A面を網羅した『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』がリリースされ、元から格安だったのにレコチョクで発売直後に限定で900円とかで投げ売られていたのもタイミングが良かった。

大塚愛が面白いのは人気が落ち着いてきた頃に、完全に同世代女性向けにシフトしてそっちを向いた活動ばかり展開した事である。インタビューでは男性ファンをおざなりにしたような発言を繰り返すなど、アイドル的に応援してくる野郎は願い下げとばかりの態度だったので一部では反感も買ってそうだし、実際物凄い勢いで人気が低下してしまったが…。

何故か正規のベスト盤を初期の頃に出したっきり、産休前後の頃はレンタル限定で済ませ、この15周年のタイミングでは配信限定で済ますなど、売る気が無いのかなんなのかよく分からないリリース展開の迷走っぷりも見られるが、何故か2019年1月1日に15周年ベストをリリースすると発表。そちらはシングルコレクションではなく、一部シングルを外す代わりにA面以外の曲が選曲されているようだ。

なお10年半ほど前に初期の対談レビューで取り上げているが、あの対談の時は「ポケット」を聞いてない状態で朱雀さんに丸投げするというあんまりな状態で行っている始末であった。あの対談での感想や印象は双方見解一致で既に5年近く前からこれはもう古い…今の感想ではないという事で一致しており、あくまで過去の負の遺産として置いてある。このため今回特に当時の★の数なんかは全く確認せずに書き上げたので、言っている事が全く異なっていることもあるかもしれない。というかここまで書いてから久々に読み直してみたら思った以上に酷かっ

2018.9執筆
一応全アルバムCDで視聴しているものの今回はそのまま『Single Collection:LOVE IS BORN ~15th Anniversary 2018~』全曲という形のため、圧縮音源であるこの配信限定アルバムを聞いた上での執筆。

「大塚愛 15周年シングル回顧1~2003-2005~」の続きを読む…