1st 恋人と呼べないDistance

恋人と呼べないDistance
92年12月20日
作詞:小田佳奈子・すみれ、作曲:すみれ
唯一全くヒットしなかった(100位圏外)デビュー曲。そして実は幻のデビュー作である。『MANISH』、ベストアルバム2作で聞けるのは130 Brand-New mixと題されたバージョンであり、オリジナルのシングルバージョンは8センチシングルでしか聞けない。シングルのアレンジには納得が行っていなかったらしく、即廃盤になってしまっていたらしく、ほぼ黒歴史化している。中古で探そうとすると元が売れてないので地味に至難(2016年になってようやく偶然発見した)でネットで買おうとするとけっこう凄い価格になっている。なおC/Wのタイトルも「ロマン作戦GO! and GO!」という80’sアイドルを引きずったようなタイトル

聞き比べると130 Brand-New mixはまさに改良版にして完成版といった印象。mixとはなっているがリアレンジに近いくらいにけっこう変わっている。先に130 Brand-New mixを聞いてからシングルバージョンを聞くとボーカルは固いし、アレンジも打ち込みとギターが噛み合っていないというかギターサウンドがハードにしたいのか引っ込めたいのか何とも中途半端。

ただ最初から明石昌夫によるサウンドプロデュースで一貫しているので、大まかにはまあこういう方向性というのはハッキリしていてシングルバージョンが全く彼方を向いているわけではない。ポップで煌びやかな派手なキーボードサウンドにハードなギターサウンドを融合させたサウンドという当時のビーイングのど真ん中であるのは変わっていない。
★★★☆☆
シングルバージョンアルバム未収録
1stアルバム『MANISH』(130 Brand-New mix)
2ndベスト『complete of MANISH at the BEING studio』(130 Brand-New mix)
3rdベスト『BEST OF BEST 1000 MANISH』(130 Brand-New mix)

コメントを残す