2nd IN MY DREAM (WITH SHIVER)

IN  MY  DREAM/SLAVE
93年7月21日
3ヶ月前に発売されたアルバム『EDEN』からのシングルカット。シングルカットながら前作を上回る初動売上で初のトップ10入りを果たした。以降終幕を経て復活後2013年に「乱」で逃すまで連続でトップ10入りしている。




IN MY DREAM (WITH SHIVER)

比較的明るい雰囲気が特徴的な1曲。初期は特に重く暗めの濃い世界観が特徴だがこの曲はなんだかカラッと明るい。メジャーとかマイナーとかキーは良く分からないが、メジャーキーを使っているから生じている開放感なのだろうか。『SINGLES』が発売された当時、中学2年のクラスメイトがやたらとこの曲と「Dejavu」が(他のシングルに隠れて)あまりみんな知らないけど名曲だ!と豪語してよく歌っていたのが印象深い。その友人のバージョンの方がもしかしたら最初に聞いていたかもしれない。

アルバム『EDEN』では最後のラララパートになると同時にバンド演奏が引いておとなしくなってからフェードアウトしていくが、シングルバージョンはエンディングが長くラララパートになってからもバンド演奏が入ったままフェードアウトしていくという違いがある。
★★★☆☆
3rdアルバム『EDEN』(アルバムバージョン)
1stベスト『SINGLES
1stライブアルバム『NEVER SOLD OUT』(95.12.23 TOKYO DOME)
5thベスト『COMPLETE BEST
6thベスト『COMPLETE BEST-ASIA LIMITED EDITION-
7thベスト『25th Anniversary Ultimate Best THE ONE

C/W SLAVE

FC名にもなっているLUNA SEAのファンを指す言葉のタイトルチューン。特にファンについて歌っているような感じではないけど、激しいロックチューンでライブでは定番で盛り上がりそうな1曲。

ファン層が最も拡大していた98年頃からFC名がSLAVEである事、つまりファンをSLAVEと呼んでいる事に対してファンを奴隷扱い!と一時期ネタにされたりもしていた記憶があるが(特に英単語覚えたての中学時代にファンをSLAVE=奴隷はインパクトだった)、いつしかTV業界はその事を忘れてしまっていたらしい。2017年5月に行ったライブがワイドショーで報じられた際にRYUICHIのMC「1万4000人のスレイブたちよ」が何故か字幕で「セレブたちよ」と誤植された事でちょっと話題になった。やったのは相変わらずフジテレ
★★★☆☆
1stベスト『SINGLES
5thベスト『COMPLETE BEST
6thベスト『COMPLETE BEST-ASIA LIMITED EDITION-
2ndライブアルバム『LUNA SEA 3D IN LOS ANGELES

コメントを残す