36th BLESS

BLESS(初回限定盤)(DVD付) BLESS
10年1月27日
09年は映像作品以外のリリースが無く、1年5ヶ月ぶりの新作。NHKバンクーバーオリンピックタイアップだったため、今作で10年ぶり4度目の紅白出演も果たした。

発売前の09年12月に突如tetsuがtetsuyaへの改名を発表。今作よりtetsuyaとなり、これ以降発売されたベスト盤収録の過去の楽曲でもクレジットがtetsuya名義に変更されている。P’UNKではTETSU P’UNKからT.E.Z P’UNKへと変更され、読み方がテッツに変わった。

初回盤はMV収録のDVD付。アルバムサイズのCDケースだが裏ジャケが無く、代わりにピクチャーレーベルになっているCDが裏ジャケの役割を果たしている仕様。




BLESS

作詞作曲:hyde、編曲:L’Arc~en~Ciel,岡野ハジメ&久米大作
NHKバンクーバーオリンピック・パラリンピック放送テーマ曲。hydeの優雅な歌声とメロディー、ストリングスをふんだんに盛り込んでとにかくひたすら美しさを前面に押し出した美しき1曲。イメージとしては選手を称える方向性。21世紀に入ると冬のオリンピックタイアップはしっとりバラード、夏のオリンピックは壮大なバラード、サッカーW杯では熱いアップテンポがいつの間にかお決まりみたいになってしまっていたが、求められるものに的確に応えたような感じもある。バンドはかなり抑えに徹しているが、なんだかんだ確かに3人そこにいる感じもあり、当初これはhydeのソロなのでは…みたいな印象も持ったが、きちんと3人もそれぞれの仕事に徹していると思う。

当初もっとスローだったのをオリンピックを意識してテンポを上げたという話も伝えられているが、そこさえ意識せずに穏やかさを貫いたのがSEKAI NO OWARIだったのかな…となんとなく思った2018年冬。
★★★★☆
12thアルバム『BUTTERFLY

C/W BLESS-Concerto-

オーケストラ、ピアノ演奏によるインストナンバー。詳細は不明だが歌はもちろんバンドの音も入っていないので完全にオーケストラ演奏のみでメンバー不参加のインストと思われる。ひたすら優雅。
★★★☆☆
アルバム未収録

C/W ROUTE 666-2010-

作詞作曲:hyde、編曲:YUKI P’UNK
8thアルバム『REAL』収録曲のカバー。前回に続いてパンクというよりメタルに近いハードなアレンジに変更されている。優雅なこのシングルにおいては浮いているどころの騒ぎではないが、そんなことは百も承知だったのか、今作は-5秒から無音が収録されるなど通常より長い空白が設けられている。
★★★☆☆
12thアルバム『BUTTERFLY』初回特典CD『P’UNK IS NOT DEAD

コメントを残す