37th GOOD LUCK MY WAY

GOOD LUCK MY WAY(初回生産限定盤)(DVD付) GOOD LUCK MY WAY GOOD LUCK MY WAY(期間生産限定盤)(アニメ盤)(DVD付)
11年6月29日
前作より1年5ヵ月ぶり。前作同様に初回盤はPV収録のDVD付でアルバムサイズのケースだが裏ジャケが無い仕様。

期間生産限定盤(アニメ盤)は収録内容が異なり、C/Wに「metropolis–2011–」が収録されず、歴代の『鋼の錬金術師』タイアップである「READY STEADY GO」「Link」「LOST HEAVEN」がボーナストラックとして収録されている。DVDには「鋼の錬金術師」versionのPVと映画版のCMを収録。

両A面時などの例外はあったが、C/Wで続いていたパートチェンジバンドP’UNK~EN~CIELは今作で終了となった。




GOOD LUCK MY WAY

作詞:hyde、作曲:tetsuya、編曲:L’Arc~en~Ciel&西平彰
映画『鋼の錬金術師 嘆きの丘の聖なる星』主題歌。躍動感のあるバンドサウンドに疾走感のある派手なストリングスやブラスを織り交ぜた爽やか疾走ポップロックナンバー。ストリングスやブラス、さらにひたすらキャッチーでさわやかなメロディーや前向きな歌詞はアニメ視聴者の少年少女向けの要素が強くて非常に健全ポップな印象だが、意外とバンドサウンドも重たく鳴り響いていてラルクらしさも損なわれていない。特に前作「BLESS」と続けて聞くと今作かなリバンド感強いなというかやはり前作かなり抑えてなっていうのが改めて分かる。爽やかな楽曲が多くなった04年以降はすっかり王道な1曲にも感じられる方向性だが、現時点でこのような爽やかな路線はこれが最後となっている。

PVでは前奏にストリングスが追加され、エンディングも少し長くなっているが、BUTTERFLY Ver.はこのPVのエンディングを導入した形となっている。
★★★★☆
12thアルバム『BUTTERFLY』(BUTTERFLY Ver.)
海外限定ベスト『WORLD’S BEST SELECTION

C/W metropolis–2011–

作詞:hyde、作曲:ken、編曲:T.E.Z P’UNK
8thシングル「winter fall」C/Wのカバー。表題曲かアルバム曲を取り上げていたためC/Wを取り上げたのは初だった。歌詞が濃厚で官能的だったためアダルティーな印象の強い曲だったがhydeよりも爽やか兄ちゃんっぽいT.E.Z P’UNKのボーカルや激しいながらもストレートなバンドサウンドにより、案外原曲より健全な雰囲気に変わったような気がしなくもない。
今作リリース時点でP’UNK~EN~CIELは最後と明言されていたらしく、本当に今作で終了となり、後に全て『BUTTERFLY』初回特典CD『P’UNK IS NOT DEAD』にまとめられた。
★★★☆☆
12thアルバム『BUTTERFLY』初回特典CD『P’UNK IS NOT DEAD

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*