完全受注生産限定盤 EVERLASTING

EVERLASTING(完全生産限定盤)
14年8月13日
MUSIC&PHOTOS-国立競技場公演 Memorial Edition-と銘打たれた限定盤。CD自体は1曲しか収録されていないLP仕様の巨大ジャケットに巨大なフォト10枚が付属する。一般発売はされず2014年3月25日~5月31日までが予約期間となっており、うっかり忘れると6月以降は8月の発売前に既に入手不可になるという状態だった。FC限定盤はフォトの内容が異なる。

「CHASE」が11年12月、アルバム『BUTTERFLY』が12年2月で、それ以来2年6カ月ぶりの新作となる。

写真集(フォトブック)ではなく、あくまで「PHOTO」というのがポイントでLPサイズの大判の写真が10枚入っているだけだが、謎の税抜き3700円という超暴利のファンアイテムと化し、コアなファンのみを対象としていた。配信で発売されるか不明だったが結局配信では普通に発売されたため配信で出るのが分かっていればそっちで良かったと嘆くリスナーも少なくなかったとか…。

このため当初は限定盤ゆえのプレミア化も予想されたが、逆にはた迷惑なLP仕様で高額すぎてスペースを確保する割に1曲のみという釣り合わなさからファンでも曲だけ回収して売りさばく者が多かったのか投げ売り状態となり、現在の中古市場価格は大暴落しており、新品も定価割れで入手可能となっている。




EVERLASTING

作詞:hyde、作曲:ken、編曲:L’Arc~en~Ciel
非キャッチー、鈍重な打ち込みデジタルサウンドが展開するというたぶんシングルで1番難解かつマニアックな1曲。90年代にもマニアックなシングルはあったが、今作の難解さはなんていうか不穏すぎるし逃げ場がない。今作には詳細な演奏クレジットがあるが、打ち込み含めて全てメンバーが担当。エレキギターをkenとtetsuyaが2人で担当していてベースのクレジットが無い。ベースは打ち込みで済ませ、tetsuyaはギターしか弾いていないようだ。正直めっちゃ高額で唯一収録されている1曲がこれってホントマジデナニコレ…って感じではあるが、こんなすさまじい仕様でも購入するほどのコアファンだけを相手にしたからこそやれた楽曲なのか。
★★★☆☆
アルバム未収録

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



*