2nd ふりむいて抱きしめて

92年5月13日
1期の3枚のシングルの中で唯一2曲とも大島康祐による作編曲=メンバー完全自作となったシングル。
後にこの時点で候補曲として「時の扉」や「White Memories」が挙げられていた事が明かされている。




ふりむいて抱きしめて

作編曲:大島康祐
1期WANDSの本来のメインライターだった大島が在籍時に担当した唯一のA面曲。1stアルバム『WANDS』を聞けば分かるように1期WANDSとしては標準的な楽曲だったが、シングルA面を並べると1番浮いているシングルでもある。
明石昌夫のようにオケヒ連発でフィンフィン言わすのではなく、ダンサブルなリズム感を強調してスパコンスパコンと鳴り続けるスパコンサウンド(勝手に命名)が大島の特徴だったが、これはかなり時代性が強くクセも強い。キャッチーで聞きやすいんだけど、こういうのはどこか影のある上杉よりももっと明るい雰囲気のボーカリストに歌ってもらう方がいいんじゃないかっていう気もする。
この曲に特に別バージョンは無いが、WANDS単独での最終収録作品が『WANDS BEST』で、最新リマスターがWANDSの作品ではなくコンピ盤への収録。00年代序盤にリマスターされた音源なのでそれまでの90年代音源よりもかなり音圧が高くスパコン感もべらぼうに強い。
★★★☆☆
1stアルバム『WANDS
1stベスト『SINGLES COLLECTION+6
2ndベスト『WANDS BEST~HISTORICAL BEST ALBUM~
コンピ盤『vocal compilation 90’s hits vol.1~male~ at the BEING studio

C/W Baby Baby Baby

作曲編曲:大島康祐
A面よりスパコン圧(なにそれ)が柔らかめなミディアム気味でポップなナンバー。1stアルバム曲での大島サウンドよりもポップな要素が強いと思う。サビはそれなりに耳に残る。
アルバム未収録で埋もれていた楽曲だったが最後の最後に何故かベスト盤に収録された。00年発売という時代背景を踏まえて大島サウンド全開の曲の中で1曲と考えると確かにこの曲が1番聞きやすいかもしれない。そういう意味で選曲は納得だったが、配置が悪すぎた。2期の未発表「太陽のため息」と3期の「FREEZE」というロックな楽曲に挟まれてこの曲ではギャグである。ベスト盤の流れで今作の良さを感じるのはけっこう難しいと思う。2ndシングルとして、もしくは1stアルバム『WANDS』と合わせて聞けば十分にいい曲。
★★★☆☆
3rdベスト『BEST OF WANDS HISTORY

ふりむいて抱きしめて

コメントを残す