4th 時の扉

93年2月26日
時の扉
前年の大ヒットを受けての年明け1発目シングル。大島脱退、木村加入後単独では初の作品でもあるが、今作のジャケットでもまだ木村はメガネをかけていない。
勢いに乗せて今作でも1位、ミリオンヒットを達成した。同時に連続リリースでPV作っている暇が無くなったのか今作以降スタジオの素材映像を組み合わせただけの簡易PVの制作が相次いだ。




時の扉

作曲:大島康祐、編曲:明石昌夫
2ndシングルの候補時に既にあった曲で大島在籍時のストック曲。大島にとっては最大のヒット曲。
色々なアレンジを試していたそうだが、結果的にロックとダンサブルの両方を生かした形でまとまったという。
サビだけさらっとチャート番組の過去曲特集で聞いていたので、CDを手に取る前にサビは馴染んでいてなんとなくもう少しロックなもの(「世界が終るまでは…」以降の雰囲気)だと思っていたので、ちゃんとCDで聞いたら思ったよりポップでダンサブルな要素が強くて驚いた。
今となってはアーリー90’s感漂う時代性の強い楽曲になってしまったが、もっとロック調にしたアレンジというのも聞いてみたい。

エンディングはフェードアウトで終わるが、『SINGLES COLLECTION+6』収録時のみ特に記載無く、普通に演奏がジャ~ンと完全に終了するというレアバージョンに変更されている。

『WANDS BEST』ではリミックスにより冒頭から極端に音が左右に割り振られているほか、ドラムを強調したためかややアタックが強め。原曲より派手ではあるが後のリマスターの方が派手に聞こえたりもする。
★★★★☆
2ndアルバム『時の扉
1stベスト『SINGLES COLLECTION+6』(フェードアウトせず完奏する)
2ndベスト『WANDS BEST~HISTORICAL BEST ALBUM~』(リミックス)
3rdベスト『BEST OF WANDS HISTORY
4thベスト『complete of WANDS at the BEING studio
5thベスト『BEST OF BEST 1000 WANDS

C/W 声にならないほどに愛しい

作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
1ヶ月前にMANISHに上杉が歌詞提供していた曲のセルフカバー。上杉はこの数ヶ月間に限ってDEENやZYYGなどへも作詞提供していたが、売れているうちにどんどん曲を書かせるという社の方針から楽曲の量産期にあったと思われ、上杉本人は提供するつもりでもなく仕事が早かっただけで仕上がっていた楽曲をプロデューサーが新人のボーカリストたちに歌わせ、クライアントにそっちが採用されていた…と言う方が正しいのかも。セルフカバーはどれも同時期にレコーディングしていたみたいだし。
スピード感のあるキャッチ―なナンバーだが、後にリリースされる「愛を語るより口づけをかわそう」とそっくりだという印象しかない。MANISH版ともあまり雰囲気変わらないし、キャッチ―だけど飽きが来るのが早い。
★★★☆☆
3rdアルバム『Little Bit…』(ギターソロが違う)
4thベスト『complete of WANDS at the BEING studio

コメントを残す