5th 愛を語るより口づけをかわそう

93年4月17日
愛を語るより口づけをかわそう
2ndアルバム『時の扉』と同時発売。2作同時4週連続1位、両方ミリオンという快挙を達成した。
この時期はまさにビーイングの全盛期で毎週入れ代わり立ち代わりで上位を占拠していた。




愛を語るより口づけをかわそう

作曲:織田哲郎、編曲:明石昌夫
4週も連続で1位を獲得した割にはミリオン作品の中でも影の薄い楽曲で、個人的にはこの曲だけベスト盤を再生するまで知らなかったし、聞いても知らない曲だった(他のミリオンは聞く前から耳に入っていた)。「声にならないほど愛しい」を焼き直したような…というかほとんどそのまま流用したようなドキャッチ―なポップナンバーだが、この時期の制作と発売順は一致してないようなのでどっちが先だったのかは分からない。

『WANDS BEST』ではドラムを強調したリミックスになっているようだが、リミックスされた楽曲の中では1番違いが分かりにくい。
★★★☆☆
3rdアルバム『Little Bit…
1stベスト『SINGLES COLLECTION+6
2ndベスト『WANDS BEST~HISTORICAL BEST ALBUM~』(リミックス)
3rdベスト『BEST OF WANDS HISTORY
4thベスト『complete of WANDS at the BEING studio
5thベスト『BEST OF BEST 1000 WANDS

C/W …でも君をはなさない

作曲:柴崎浩、編曲:葉山たけし
シングルでは初めてギターの柴崎浩が作曲した楽曲。アルバム『時の扉』に入っていても不思議じゃないようなポップナンバー。ギターよりも軽快な打ち込みにより明るくポップな雰囲気になっているが同時に時代性も強い。
★★★☆☆
アルバム未収録

コメントを残す