33rd Hurry Xmas

Hurry Xmas(初回生産限定盤)(DVD付) Hurry Xmas
07年11月14日
Hurry Xmas 2008(DVD付)
08年11月26日(再発)
Hurry Xmas
09年12月9日(再発)
Hurry Xmas 2010
10年11月24日(再発)
初回盤、通常盤共にクリスマスまでの期間限定生産で発売されたクリスマスシングル。初回盤の品番をKSCL1224~1225に合わせるなど徹底している。

初回盤はギフトBOX仕様、2曲のMVと「Opening Movie of the Show」を収録したDVD付。DVD付は「Link」以来だったがDVDがラルクリスナー向けの内容としては実質今作が初となった。

以降かつてのGacktの「12月のLove Song」のように2010年まで毎年パッケージと特典を変えて再発され続けた。08→09年の間は新作リリースが無かったので結果的に2作連続「Hurry Xmas」という珍事にもなっている。08~10年盤は全てDVD付のみの発売でCDのみ通常盤の発売は無く、CDの内容は5種全て同じ

08年盤はパッケージと封入特典を変更したのみ。
09年盤はDVDの内容が2曲のライブ映像に変更になった。
10年盤は09年盤のパッケージと封入特典を変更したのみ。

CDの内容は同じなので曲だけコンプならどれか1種、映像もコンプしたい場合は、07年DVD付盤or08年盤と09年盤or10年盤の2種を買えば揃う。

ソニーの公式サイトの煽り文句では
08年盤は「もはやクリスマスの定番ソング!今年だけのバージョンで再発決定!」
09年盤、10年盤は「もはやクリスマスの定番ソング!今年もニューバージョンでお届け!」
と、定番ソングとなっていることを早くからアピールしていたものの10年盤が19位に沈んで毎年のトップ10ヒットが途切れたためなのか、11年以降はピタリと途絶えた。現在並居るド定番クリスマスナンバーにどこまで仲間入りできているかは不明なところもある。

09年盤の発売前後の時期にtetsuがtetsuyaに改名し、TETSU P’UNKはT.E.Z P’UNKに改名された。09年盤では間に合っていなかったが、これに伴い10年盤ではtetsuの関連クレジット表記やカラオケバージョンの表記が変更されている。
「33rd Hurry Xmas」の続きを読む…

28th Link

Link (初回生産限定盤DVD付) Link
05年7月20日
アルバム『AWAKE』から1ヶ月で発売され、これで「New World」から4ヶ月連続リリース初めて初回盤DVD付でも発売されたがタイアップ仕様に合わせたもので収録されていたのは『劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者』劇場トレーラー映像とTV-SPOTという全部タイアップ先関係の映像となっており、ラルクのリスナーに向けた内容ではなかった。

またC/Wの「Promised land 2005」のカラオケが2種類収録され、今作では単純にボーカルのみを抜いたものをTETSU P’UNK vocalless version、ボーカルだけでなくTETSU P’UNKの演奏するギターも一緒に抜いたものをTETSU P’UNKless versionとして収録。

GLAY×EXILE「SCREAM」、サザンオールスターズ「BOHBO No.5/神の島遥か国」と同時発売という5年前の00年を思い出すチャート対決となったが、結果は前回と同じくGLAY×EXILE1位、ラルク2位、サザン3位で並んだ。今回はコラボ効果による話題爆発でGLAY×EXILEが2倍の大差で初動30万に突き抜け、ラルクとサザンが15万程度で僅差で並ぶ結果だった。

5年前と変わらない結果ではあったが、実際には04年に復活してからのラルクはGLAYの売上を上回っており、直近のGLAYの初動は10万枚程度まで落ち着いていたため、GLAYが単独シングルだったらラルクが1位になっていたかもしれない。

一方で前回同様に累計売上ではサザンに逆転されてしまったが、今回は僅差。また前後の作品より好調な売上を記録しており、「自由への招待」以来の20万越え04年の活動再開以降では「READY STEADY GO」に続く2番目に売れたシングルとなっている。

「28th Link」の続きを読む…

24th 自由への招待

自由への招待
04年6月2日
アルバム『SMILE』から2ヶ月で早くもリリースされた新作。CCCD三部作(?)のラストでもあり、次回作までの間にCCCDを積極推進してきたエイベックス内紛に端を発する方針転換を経て弾力化を発表、ソニーレーベルはエイベックス以上に完全撤退を宣言しあっさりレーベルゲートCD2が完全消滅となった。これを受けてここまでの3シングル+『SMILE』は05年にCDで再発されている。共通して600番台だった品番が900番台に改訂されている。

今作からC/Wの場は基本的にパートチェンジバンドP’UNK~EN~CIELによる過去のラルク作品のカバーとなった。メンバーはTETSU P’UNK(Vocal,Guitar)、HYDE P’UNK(Guitar,Chorus)、YUKI P’UNK(Bass,Chorus)、KEN P’UNK(Drums)となっていて、D’Ark~en~Ciel(当時音源はお蔵入りしたまま)の時と担当楽器は同じで、ベースがsakuraからそのままyukihiroにスライドした形。

これまで表題曲でもカラオケはあったりなかったり安定していなかったが、今作ではP’UNK~EN~CIELにもカラオケが用意された。通常歌入りの楽曲→カラオケという構成を取るのがシングルの一般的な収録構成だが、2曲目が表題曲のhydeless version、4曲目がC/WのTETSU P’UNKless versionとなっている。

またP’UNK~EN~CIELの楽曲は全て2012年のアルバム『BUTTERFLY』初回盤に付属するCD『P’UNK IS NOT DEAD』でまとめられ、これを持って活動を終了している。
「24th 自由への招待」の続きを読む…

23rd 瞳の住人

瞳の住人
04年3月3日
復活第2弾シングル。月末にアルバム『SMILE』が発売された。前作に続いて1位を獲得したが、アルバム発売が近く、タイアップ差もあり前作ほどはヒットしていない。

今作ではC/W2曲目に「瞳の住人(hydeless version)」が収録された後、3~5曲目には前作「READY STEADY GO」をhyde以外のメンバー3人が歌うという斬新な試みを行っている。

なお同じKi/oonレーベルの後輩バンドであるねごとが10年近く後の2013年に1人1種の複数商法で同様の試みを行っているが繋がりはあったのかどうか…。 「23rd 瞳の住人」の続きを読む…