サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧4~1984-1985~

当時の最先端であったコンピューターサウンド、80’sテクノロジーに果敢に挑んだ時期。これに伴いコンピューターサウンドに長けた外部のサポートメンバーの参加が増えたり、バンドサウンドではない曲も増えた。1800時間に及ぶレコーディングで完成させた大作『KAMAKURA』が1つの到達点となり、これを最後に活動は長期休止となった。

休止期間中である87年には『バラッド’77~’82』の続編である『BALLADE 2 ’83~’86』がリリースされている。バラッド=BALLADなのに「BALLADE(バラード)」表記だったり、アルバム3作から2枚組という対象範囲の狭さ、アルバム初収録曲が1曲も無かったりとやや非公認色の強い作品だが、サザンとしては初めてCDとカセットで発売されたCD時代突入のアルバムだったりもする(『KAMAKURA』まではレコードとカセットをメイン媒体として発売して新規格であるCD化は少し遅れて発売していた)。

2018.7執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧4~1984-1985~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧3~1982-1983~

2年間シングルヒットが出ていなかったが、「チャコの海岸物語」が久々の大ヒットを記録。また桑田・原の結婚も話題となった。以降3連続でトップ10ギリギリではあったが30万程度のヒットを連発。しかし83年後半には再度失速。変わらずアルバムではNo.1ヒットを継続していた。

80年代テクノロジー、コンピューターサウンドを徐々に導入し始めたとされるのがこの時期だが、84年以降に比べるとまだ本格的な導入には至っていない。同時期に『NUDE MAN』前後の頃には学生時代のサークルBETTER DAYSがフューチャー(?)されるなど、学生時代のサークル出身から始まったバンドの活動の1つの区切りになった時期だったのかもしれない。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧3~1982-1983~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧2~1980-1981~

1980年に入ると制作に専念するためにTV出演を控え、FIVE ROCK SHOWを掲げての連続リリースを敢行するも、売上が激減。以降しばらくシングルヒットからは遠ざかるようになった。一方でシングルのチャート順位がどんどん落ちていく中でもアルバム売上は好調で3rdアルバムで初の1位を獲得。以後オリジナルアルバム、現存するベストアルバムの全てで1位を獲得している。

そんなわけでこの時期は8作連続でトップ10落ちしていて2年間トップ10ヒットが1曲も無い。しかし98年の『海のYeah!!』収録の機会に恵まれた曲を中心に現在は知名度が非常に高くなっている曲もいくつかある。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。

シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧2~1980-1981~」の続きを読む…

サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧1~1978-1979~

1978年6月25日の「勝手にシンドバッド」でのデビュー当時はあまり売れなかったが、8月の1stアルバム発売頃からTV出演をきっかけに徐々に火が付き始めて大ブレイク。以降2年間でシングル5作全てをトップ10入りさせたのがこの最初期である(アルバムは2作のうち2ndでトップ10入り)。

連日TV出演をこなしながら夜レコーディングというスケジュールになったため、メンバーの疲労はいきなりピークに達し、特に2ndアルバム周辺は「ノイローゼ」というキーワードで持って語られる事も多い。

この時期は前述のように当時もヒットしているため、リアルタイムで接したリスナーはもちろん、98年から20年ロングセラーを続ける『海のYeah!!』に5シングル中3曲が選ばれており、それらに関しては当時を知らないリスナー間でもかなり知名度は高いと思われる。

そんな最初期のサザンオールスターズを振り返る。

2018.6執筆
2008年30周年時に聞いてないシングルがありながら禁断の空欄突破で公開した過去曲回顧「30周年シングルレビュー」を、2013年35周年復活時にA面全曲聞いた上での完成版「35周年シングルレビュー~1978-2008~」として公開。
今回は40周年を記念して全C/W追加各アルバムからも数曲ずつピックアップして全面リメイク。以前書いたA面部分もほとんど破棄して書き直している。
シングルは05年リマスター盤、アルバムは08年リマスター盤を全て聞いての執筆。

「サザンオールスターズ 40周年シングル+回顧1~1978-1979~」の続きを読む…

globe シングル回顧3~2001-2005~

毎回作風の異なるような実験期を経て突如としてトランス路線へ移行。以降はトランスを主戦場としてヒットチャートとは距離を置いたような楽曲を次々と発表。創作意欲は衰えてはいなかったようだが、YOSHIKIの謎加入、KEIKOと小室の結婚を経て、10周年を経てからは一気に停滞。活動休止状態となり、今後が不透明な時期が長く続くようになった。

シングルは一足先に05年で止まっている。

06年にアルバム『maniac』、ミニアルバム『new deal』を立て続けに発売後、音沙汰がなくなり休止状態に。08年にKEIKOがKCOとしてレコード会社もユニバーサルへ移籍してソロデビュー…したが楽曲制作は小室が行っているため、単にMARCがいないだけの制作スタイルだっ。そのあとでglobeとしての活動再開を発表。TM NETOWORKの代表作「Get Wild」のカバーシングルを出す予定だったが、小室の詐欺逮捕によりオジャンになってしまった。

09年には小室の音楽活動は再開されたが、globeの活動はなかなか行われず、2010年には15周年記念ベスト盤『15YEARS -BEST HIT SELECTION-』をリリースするもまたしても1年近く何の活動も無いままに2011年にKEIKOがくも膜下出血で倒れてしまった。小室とMARCはKEIKOが復帰するまで2人で活動するとして活動を再開し、リミックス作品を中心としたリリースを重ねた。

小室もMARCもTwitter等で時々KEIKOの近況と回復を思わせる報告をしており、2017年には歌声も公開。復帰は近いと思われたが、2018年の小室不倫騒動引退宣言時にはKEIKOは既に歌う事への興味を完全に失っているという現状を正直に告白している。実際には状況は悪化しているらしく、闘病生活初期にはスタジオへ連れ出して何とか1曲歌ったものの、ここ5年くらい「もういいよね」という事になり歌わなくなってしまったという。その話こそ真実だとすると動画の「2016~2017 KEIKO」という文字も偽り(それよりももっと前の闘病初期)だった事になるが、回復が近いと言い聞かせなければやっていられないほど小室自身も介護に疲弊しきっていたのかもしれない。

そんなわけで現時点でのglobeの最新(あえて最後とは書かない)シングルは05年。95年のデビューから05年という実質10周年までがglobeの現時点でのシングル史となる(アルバム含めても+1年程度)。トランス路線はとにかく長い曲が多くサウンド重視だが、中にはキャッチーな曲もあり、すっかり離れてしまったリスナーでも改めて聞けば一定の良さを感じられる…かもしれない。そんなトランス期を振り返る。

2018.4~5執筆

「globe シングル回顧3~2001-2005~」の続きを読む…

globe

globe シングル回顧2~1997(後)-2000~

TKブームが去りつつあったのか、実験サウンドに挑みまくって徐々に自らヒットから離れていったのか、どっちが先だったかは微妙なところではあるが、98年を境にTKプロデュースの大ヒット期は終焉していった。まさかのデコ大受賞もあったが、99年以降は路線を大幅変更。R&Bになったかと思ったら良く分からない実験へ突き抜けていき、明確な着地点が見えない実験を繰り広げたまま00年代へと突入していった。

「Perfume of love」からの「MISS YOUR BODY」はJ-POP史の中でも稀に見る恐ろしいまでの落差、変貌だと思う。そんなTKブーム末期、実験期を振り返る。

2018.4~5執筆

「globe シングル回顧2~1997(後)-2000~」の続きを読む…

globe

globe シングル回顧1~1995-1997(前)~

95年8月にデビュー。以前から曲提供はしていたがtrfの成功とTMNの終了と前後して本格的にプロデューサーとして知名度を上げていた小室哲哉が自らメンバーとなり、オーディションで選んだKEIKO、そのオーディションを行ったイベントでMCを担当したMARCと共に立ち上げた新グループとして大々的にデビュー(当初は小室はメンバーではなくKEIKOとMARCで「Orange」というユニットだったという話も)。この最初のオーディション時にKEIKOが勢いよく登場してそのまま勢いよくステージから転げ落ちる(そして復活する)シーンはネタ映像として後に何度も歌番組等で放送されていた。

むしろ失敗が許されないくらい、売れる事は当然として始められた特大プロジェクトだったと思われる。8月デビューから年内にシングル3枚を立て続けにリリース。ペースが早すぎて売れてるうちに次が出てしまうという状況で最初の3作はミリオンに迫るもミリオンに届かなかったが、4枚目のシングル「DEPARTURES」は一気に200万枚を突破。続く1stアルバム『globe』は当時のO社記録である初の400万枚突破を達成する空前のヒットとなった。当時は毎年のようにアルバム売上記録が更新されていたので歴代1位だったのは1年ちょい程度だったが、オリジナルアルバムとしては現在も宇多田ヒカル1st、2ndに続く歴代3番目の売上記録となっている。

そんないきなり全盛期から始まって絶頂を極めに極めた初期10シングルを振り返る。

2018.4~5執筆

「globe シングル回顧1~1995-1997(前)~」の続きを読む…

globe

L’Arc~en~Ciel 25周年シングル回顧~1994-2016~

1st Blurry Eyes
2nd Vivid Colors
3rd 夏の憂鬱[time to say good-bye]
4th 風にきえないで
5th flower
6th Lies and Truth
7th(発売中止)/29th the Fourth Avenue Cafe
7th 
8th winter fall
9th DIVE TO BLUE
10th HONEY
11th 花葬
12th 浸食~lose control~
13th snow drop
14th forbidden lover
15th HEAVEN’S DRIVE
16th Pieces
17th Driver’s High
18th LOVE FLIES
19th NEO UNIVERSE/finale
20th STAY AWAY
21st Spirit dreams inside-another dream-
22nd READY STEADY GO
23rd 瞳の住人
24th 自由への招待
25th Killing Me
26th New World
27th 叙情詩
28th Link
30th SEVENTH HEAVEN
31st MY HEART DRAWS A DREAM
32nd DAYBREAK’S BELL
33rd Hurry Xmas
34th DRINK IT DOWN
35th NEXUS 4/SHINE
36th BLESS
37th GOOD LUCK MY WAY
38th X X X
39th CHASE
完全受注生産限定盤 EVERLASTING
40th Wings Flap
41st Don’t be Afraid

41st Don’t be Afraid

Don't be Afraid【完全生産限定 BIOHAZAD® × L'Arc-en-Ciel盤】(Blu-ray付) Don't be Afraid【初回盤】(Blu-ray付) Don't be Afraid【通常盤】
16年12月21日 
1年ぶりのシングル。ほぼ前作と同様の完全生産限定盤、初回盤、通常盤の3種発売。

完全生産限定盤は正確にはBIOHAZAD(R)×L’Arc~en~Ciel盤とされ、タイアップ先ゲームとのコラボ仕様。CDにはゲーム『バイオハザード』シリーズの名シーンから開発チームによって厳選された名セリフを発するメンバーヴォイスを収録した各メンバー1人1トラック合計4トラックの「Member’s Voice」が追加収録されている。Blu-rayにはMVのほかゲーム関連の映像を収録。今回もLPサイズだが前2作を上回る恐怖の4968円というちょっと安いライブDVD並の価格設定となった。

初回盤はMV収録のBlu-ray付。MV以外に収録されておらず、前作よりボリュームダウンしているが価格はそのまま2100円。通常盤はCDのみだが100円値上げの1400円。通常盤の価格が上がったのはC/WにEnglish versionが入ったからで、初回盤が変わらないのは映像の内容は減ったけど、CDにはEnglish versionが入って差し引きゼロということだったのだろうか…。

いずれにせよ長いブランクからのファン向け高額アイテム年1リリースという新作の発売形態によりさすがにファン離れは避けられない状態となった。翌2017年は新作がリリースされず、4月に東京ドームで結成25周年ライブを行ったのみ。その後は事務所との契約問題でメンバーが分裂して活動停止状態にあると週刊誌に報じられた。2018年3月には結成25周年ライブのライブアルバム、5月にはその映像作品がリリースされた。

「41st Don’t be Afraid」の続きを読む…

40th Wings Flap

Wings Flap(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc+PHOTOBOOK付) Wings Flap(初回生産限定盤)(Blu-ray Disc付) Wings Flap
15年12月23日
「EVERLASTING」から1年4ヶ月、通常のシングルとしては4年ぶりという過去最長のブランクとなった。

「EVERLASTING」同様のLPサイズジャケット仕様の完全生産限定盤が用意された。内容はPV以外にライブ映像やライブ用のOP映像などを収録したBlu-ray、PHOTOBOOK付属。「EVERLASTING」の内容と価格が釣り合わないという大不評を受けてか、映像が付属し、しかも今までのようなPVだけではなくもう少し追加、大判写真10枚だったのを24Pフォトブックにするなど、内容は大きく変更され、価格も値下げ(それでも3240円するが…)となった。

初回盤は完全生産限定盤のBDから内容を削ってPVとOP映像のみを収録したBlu-ray付。DVD付は存在せず、通常盤はCDのみとなり、合計3種。初回盤でも2100円するなど相変わらず高額設定だったが、一応通常盤は1300円となっている。

「40th Wings Flap」の続きを読む…