24th 自由への招待

自由への招待
04年6月2日
アルバム『SMILE』から2ヶ月で早くもリリースされた新作。CCCD三部作(?)のラストでもあり、次回作までの間にCCCDを積極推進してきたエイベックス内紛に端を発する方針転換を経て弾力化を発表、ソニーレーベルはエイベックス以上に完全撤退を宣言しあっさりレーベルゲートCD2が完全消滅となった。これを受けてここまでの3シングル+『SMILE』は05年にCDで再発されている。共通して600番台だった品番が900番台に改訂されている。

今作からC/Wの場は基本的にパートチェンジバンドP’UNK~EN~CIELによる過去のラルク作品のカバーとなった。メンバーはTETSU P’UNK(Vocal,Guitar)、HYDE P’UNK(Guitar,Chorus)、YUKI P’UNK(Bass,Chorus)、KEN P’UNK(Drums)となっていて、D’Ark~en~Ciel(当時音源はお蔵入りしたまま)の時と担当楽器は同じで、ベースがsakuraからそのままyukihiroにスライドした形。

これまで表題曲でもカラオケはあったりなかったり安定していなかったが、今作ではP’UNK~EN~CIELにもカラオケが用意された。通常歌入りの楽曲→カラオケという構成を取るのがシングルの一般的な収録構成だが、2曲目が表題曲のhydeless version、4曲目がC/WのTETSU P’UNKless versionとなっている。

またP’UNK~EN~CIELの楽曲は全て2012年のアルバム『BUTTERFLY』初回盤に付属するCD『P’UNK IS NOT DEAD』でまとめられ、これを持って活動を終了している。
「24th 自由への招待」の続きを読む…

23rd 瞳の住人

瞳の住人
04年3月3日
復活第2弾シングル。月末にアルバム『SMILE』が発売された。前作に続いて1位を獲得したが、アルバム発売が近く、タイアップ差もあり前作ほどはヒットしていない。

今作ではC/W2曲目に「瞳の住人(hydeless version)」が収録された後、3~5曲目には前作「READY STEADY GO」をhyde以外のメンバー3人が歌うという斬新な試みを行っている。

なお同じKi/oonレーベルの後輩バンドであるねごとが10年近く後の2013年に1人1種の複数商法で同様の試みを行っているが繋がりはあったのかどうか…。 「23rd 瞳の住人」の続きを読む…

22nd READY STEADY GO

READY STEADY GO
04年2月4日
2年5ヵ月ぶりの新作。03年春にメンバー非稼働で3作のベスト盤を発売後、6月~7月にかけて国立代々木競技場第一体育館で合計7日間のライブを行い、翌年の新作リリースを発表。年明けにリリースされたアルバム『SMILE』へ向けての先行シングル第1弾。復活効果、タイアップ効果が重なり前作を上回る30万枚越えのヒットを記録。21世紀以降では最大のヒット作となった。

今作にはC/Wで新曲もリミックスも収録されず、代わりに従来のhydless versionだけでなく、kenless version、tetsuless version、yukihiroless versionとメンバーそれぞれのパートのみを抜き去り、残りの3人の演奏を残したインストが4種収録された。

また当時ソニーレーベルが採用していたコピーコントロールCDであるレーベルゲートCD2が問答無用に採用されていたため、今作からの3作はレーベルゲートCD2で発売されている。撤退後05年に通常CDで再発。レーベルゲートCD2の表記があるかないかで見分ける事も可能だが、レーベルゲートCD2盤の品番は600番台なのに対して再発盤は900番台という見分け方もある。 「22nd READY STEADY GO」の続きを読む…

21st Spirit dreams inside-another dream-

Spirit dreams inside-another dream-
01年9月5日
前作から1年2ヶ月、アルバム『REAL』からも1年ぶり。あれほどの連続リリースから一転して01年唯一の新作となった。1位こそ獲得したものの、売上はこれまでに比べ大幅に落とした。また今作を最後に特に休止を宣言することも無く、メンバーは各自ソロ活動を展開し続け、完全に活動停止状態となった。次なる新作に向けての話が全く無い状態だったと思われ、これまでシングルには掲載されていなかったサポート含むメンバー担当楽器以外の演奏表記が歌詞カードに記載されている。

今作に関しては完全に点での活動となり、休止前、休止後のいずれにも属さない立ち位置となったが、休止中にリリースされたベストアルバムには収録されず、休止明けのアルバム『SMILE』にC/Wの全英語詞バージョンの「Spirit dreams inside」が収録された。表題曲である日本語バージョンの「Spirit dreams inside-another dream-」はアルバム未収録のまま。

「21st Spirit dreams inside-another dream-」の続きを読む…

20th STAY AWAY

STAY AWAY
00年7月19日
前作から半年ぶりのシングル。「虹」以降の怒涛の作品リリース、超バブル的メガヒット連発期の最後の作品にもなり、この後アルバム『REAL』をリリース後は新作のリリースが停滞した。ミリオンセラーが当たり前だった時代もほぼ同時期に終息したため、今作までの売上と次回作以降の売上ではかなり極端な開きが生じている。

GLAY、サザンとの同時発売によるチャート対決が話題となり、GLAYと共に初動50万枚突破の激戦を繰り広げたがGLAYに及ばず2位となった。しかしGLAY共々これまでのように初動50万枚突破からのミリオンセラーを達成できずに共に累計70万台に留まった。2週目以降は初動30万と20万もの大差をつけていたサザンオールスターズが終始上回り続け、最終的な売上では10万枚程度サザンに逆転されている

…が、この日発売されて本当に1番売れたのは14位に初登場していた中島みゆきの『地上の星/ヘッドライト・テールライト』になるとは00年当時誰も思いもしなかった。

C/Wに新曲が収録された現時点で最後のシングルでもある。前世紀が最後だったのかよリミックスやピアノインストが収録されているがカラオケ(hydeless version)は未収録。初回盤は半透明の特殊デジパック仕様。 「20th STAY AWAY」の続きを読む…

19th NEO UNIVERSE/finale

NEO UNlVERSE/finale
00年1月19日
初の両A面シングル(厳密にはインディーズでリリースした唯一のシングル「Floods of tears/夜想花」以来だがメジャーでは初)。初動だけで前作の売上を突破する50万オーバーを記録。前作で大きく落としながらも「HEAVEN’S DRIVE」とほぼ同水準の売上推移を見せて5作目となるミリオンを突破した。また2週目の売上も25万近くと非常に高い数字をたたき出しながら伝説の激戦週(サザンの「TSUNAMI」が1位を獲得したあの週)だったため6位となっており、6位の最高売上枚数記録を打ち立てている。初回盤は紙ジャケット仕様。

結果的に今作が最後のミリオンヒット作。同年8月末にリリースしたアルバム『REAL』はわずかに今作を下回り、また同時期にブームを迎えていたGLAY共々バブルがはじけたように一気に売上は収束していく事となった。 「19th NEO UNIVERSE/finale」の続きを読む…

18th LOVE FLIES

LOVE FLIES
99年10月27日
前作から2ヶ月でのリリース。前作がシングルカットだったため購入を見送り、ここで気持ちが途切れたリスナーが多かったのか、アルバム2枚同時発売の200万級メガヒットでピークを越えたのか、今作は1位を獲得したものの、少し前なら初動で記録していた50万枚程度の売上に落ち着いた。初回盤は紙ケース仕様(トレイが無くて布ケースに入れる傷がつきやすいタイプのやつ)。 「18th LOVE FLIES」の続きを読む…