8EST(通常盤)

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
浪花いろは節 MASA 馬飼野康二 馬飼野康二 1stシングル 最高1位 売上17.6万枚
大阪レイニーブルース MASA 馬飼野康二 馬飼野康二 2ndシングル 最高4位 売上11.2万枚
好きやねん、大阪。 イイジマケン イイジマケン 吉岡たく 3rdシングル3曲A面1曲目 最高2位 売上24.9万枚
桜援歌(Oh! ENKA) MASA 馬飼野康二 馬飼野康二 3rdシングル3曲A面2曲目
無限大 MASA 馬飼野康二 馬飼野康二 3rdシングル3曲A面3曲目
∞SAKA おばちゃんROCK 久保田洋司/関ジャニ∞ 馬飼野康二 馬飼野康二 4thシングル 最高2位 売上20.3万枚
大阪ロマネスク[Single Version] 相田毅 谷本新 ha-j 4thシングル両A面曲(カット)
関風ファイティング MASA 馬飼野康二 馬飼野康二 5thシングル 最高1位 売上34.3万枚
ズッコケ男道 上中丈弥 ピエール 白井良明 6thシングル 最高1位 売上23.9万枚
10 イッツ マイ ソウル 上中丈弥 林田健司 CHOKKAKU 7thシングル 最高1位 売上23.3万枚
11 ワッハッハー 竹森マサユキ 竹森マサユキ CHOKKAKU 8thシングル 最高1位 売上22.9万枚
12 無責任ヒーロー 上中丈弥 馬飼野康二 白井良明 9thシングル 最高1位 売上40.1万枚
13 急☆上☆Show!! TAKESHI TAKESHI 久米康隆/TAKESHI 10thシングル 最高1位 売上31.0万枚
14 Wonderful World!! ROADIE ROADIE 久米康隆 14thシングル 最高1位 売上27.7万枚
15 LIFE〜目の前の向こうへ〜 金丸佳史 金丸佳史 大西省吾 15thシングル 最高1位 売上31.5万枚

初回盤のDISC-1は「無責任ヒーロー」までの12曲。

ブラスアレンジ:YOKAN(13)

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
T.W.L 北川悠仁 北川悠仁 野間康介 16thシングル 最高1位 売上25.9万枚
イエローパンジーストリート TAKESHI TAKESHI 久米康隆/TAKESHI 16thシングル両A面曲
マイホーム A.F.R.O A.F.R.O 野間康介 17thシングル 最高1位 売上19.1万枚
365日家族 田中花乃 谷口尚久 大西省吾 18thシングル 最高1位 売上18.5万枚
ツブサニコイ TAKESHI Face 2 fAKE Face 2 fAKE 19thシングル 最高1位 売上18.7万枚
愛でした。 石原理酉 石原理酉 大西省吾 20thシングル 最高1位 売上32.0万枚
ER UNIST UNIST 久米康隆 21stシングル(「エイトレンジャー」名義) 最高1位 売上37.5万枚
クルトン 横山裕 安田章大 大西省吾 新曲
冬恋 田中秀典 田中秀典 釣俊輔 11thシングル『GIFT〜白〜』1曲目 最高1位 売上13.6万枚
10 君の歌をうたう TAKESHI TAKESHI 久米康隆/TAKESHI 11thシングル『GIFT〜白〜』2曲目
11 I wish サイトウヨシヒロ サイトウヨシヒロ 古川貴浩 12thシングル『GIFT〜赤〜』1曲目 最高2位 売上13.4万枚
12 マイナス100度の恋 コダマックス コダマックス コダマックス/大西省吾 12thシングル『GIFT〜赤〜』2曲目
13 雪をください nojo nojo/工藤勝洋 大西省吾 13thシングル『GIFT〜緑〜』1曲目 最高3位 売上13.7万枚
14 One day in winter M.com 日暮和広 高橋浩一郎 13thシングル『GIFT〜緑〜』2曲目
15 Snow White 錦戸亮/安田章大 錦戸亮/安田章大 葉山拓亮 13thシングル『GIFT〜緑〜』3曲目

初回盤のDISC-2は「急☆上☆Show!!」から「クルトン」までの11曲。「GIFT」3作のシングル収録曲は全て未収録。

ブラスアレンジ:YOKAN(1,2)

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2012年10月17日 初登場1位 初動29.8万枚、売上42.9万枚(300位集計) Produced by 義川正己、村上出
Total Produced by Johnny H.Kitagawa
インペリアルレコード

メンバー

横山裕
渋谷すばる
村上信五
丸山隆平
安田章大
錦戸亮(NEWS兼任メンバーだったが、2011年10月にNEWS脱退)
大倉忠義
 
内博貴(1st、2ndシングル及び1stミニアルバムのみ。NEWS兼任メンバーだったが未成年飲酒騒動により05年7月に休止、06年正式に両方脱退)

関ジャニ∞初のベストアルバム。グループ名の「エイト」にかけて8周年のタイミングでリリースされた。なおメンバーはデビュー当初は8人だったがすぐに7人になっている。だが7人でもエイトレンジャーなど8にこだわり続けている。ここまでの全シングルA面を網羅し、自作の新曲を1曲収録。ただし3日連続で限定発売され、オリジナルアルバムにも未収録のままだった「GIFT」3作は初回盤A,Bには収録されず、通常盤のラストにのみまとめて全曲収録されている。これに伴い初回盤と通常盤では2枚のDISCへの曲の割り振りが異なる(曲順は同じ)。大半の曲がシングルバージョンとしてはアルバム初収録となる。初回盤AにはDVDが2枚付属し、ライブ&ドキュメントやイベントのダイジェストを収録。初回盤Bは新曲「クルトン」のPV&メイキングとイベントの罰ゲームが収録されている。

リリース順に並んでいるのでこれから聞くには手っ取り早い1作。初期はチャートでは演歌扱いとなり、所属も演歌のレーベルだったが、歌謡曲臭が強いものの演歌とは言い難く、演歌チャートの記録を無駄に荒らしているような感じだったが、すぐに現在のレーベルへ移動。大阪色やイロモノ系の楽曲が多く、他のジャニーズには無い強烈な個性とインパクトを放っているが、徐々にバンドポップ寄りになってきており、DISC-1終盤からDISC-2にかけてはほとんどがバンド曲で聞かせる内容へとシフトチェンジ。メンバーも器用なようでバンド演奏や作詞作曲もこなしているためか、バンドスタイルでの楽曲も増えている。個人的に好きなのはやはり後期だが、前半も強烈な個性がインパクトだ。それにしてもこの路線で、TOKIOに提供した事もあるつんく、絶対に似合いそうなトータス松本などコテコテが得意な関西の作家に曲提供を依頼しないのか不思議なくらいだ。通常盤では「GIFT」シリーズが最後にまとめて収録されているので急にウィンターソングコレクションみたいになる。各A面曲ほどのインパクトは無いがどれもいい曲。初回盤はDVDの内容もA,B共にファン向けっぽいので初めて聞くなら通常盤がいいと思う。

8EST (初回限定盤A) 初回盤A  8EST (初回限定盤B) 初回盤B  8EST(通常盤) 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る