Girls Talk

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ジャンピン Song Soo Yoon/
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
渡辺なつみ
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
Hong Seung Hyun
2ndシングル 最高5位 売上11.8万枚
ミスター Song Soo Yoon/
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
渡辺なつみ/
PA-NON
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
Hong Seung Hyun
1stシングル 最高5位 売上13.9万枚
ベイビー・アイ・ニード・ユー 渡辺なつみ ArmySlick ArmySlick 完全新曲
スウィート・デイズ Song Soo Yoon/
森若香織
Hwang Hyeon Hwang Hyeon  
SOS 藤林聖子 Jam9/ArmySlick ArmySlick 完全新曲
ラブ・イズ Song Soo Yoon/
Narumi
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
An Jun Sung
 
ビンクス Song Soo Yoon/
PA-NON
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
Hong Seung Hyun
 
アンブレラ Song Soo Yoon/
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
渡辺なつみ
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
An Jun Sung
1stシングルC/W
バーン Song Soo Yoon/
Han Jae-Ho/
Kenn Kato
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
Hong Seung Hyun
2ndシングルC/W
10 ルパン Song Soo Yoon/
渡辺なつみ
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
Hong Seung Hyun
 
初回盤Cのみボーナストラック
11 スウィート・デイズ(オリジナル・ヴァージョン) Song Soo Yoon Hwang Hyeon Hwang Hyeon 韓国語バージョン
12 ラブ・イズ(オリジナル・ヴァージョン) Song Soo Yoon Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
An Jun Sung
韓国語バージョン
13 ビンクス(オリジナル・ヴァージョン) Song Soo Yoon Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo
Han Jae-Ho/
Kim Seung Soo/
An Jun Sung
韓国語バージョン

※シングル200位以内データ(11/06/06付まで)

リリースデータ

2010年11月24日 初登場2位 売上44.7万枚 Producer:LEE JUNG-SOOK
Music Producer:HAN JAE-HO,KIM SEUNG SU
GOEI ITO(3,5)
ユニバーサル

メンバー

ギュリ
スンヨン
ニコル
ハラ
ジヨン

KARA日本1stアルバム。07年に韓国でデビュー。2010年に日本でもデビューとなった。基本的に既に韓国で発表されていた曲を日本語で歌いなおして収録しているが、「ベイビー・アイ・ニード・ユー」「SOS」は日本の制作陣が書き下ろした曲で完全な新曲である。初回盤Aは「ジャンピン」のauバージョンのPV&メイキング、オフショットを収録したDVD付。初回盤Bはフォトブック付、初回盤Cは3曲の韓国語バージョンを追加収録した13曲入りとなっている。初回A,B,通常盤は10曲入りである。初回盤Cが無くなり次第、通常盤に移行する仕組みのため初回盤Cと通常盤はジャケットが全く同じ。完全な日本語による日本向けのアルバムであるにも関わらず、東方神起や少女時代と違い、洋楽扱いとなっており、レンタルは1年禁止となっている。

2010年夏以降の突如始まったK-POP押し押しムード全メディアを牛耳るかのごとく、ワイドショーやNHKニュースでまで取り上げられるなど、正直かつてないほど異様な勢いがあった。流行りは後からついてきたんじゃないか?というほどであれだけ押せばそりゃ売れるよという感じもあり、確かにシングルは耳に残っていたものの正直あまりいい印象が無かった。だが実際にちゃんと曲を聞いてみたらこれがまたとびきりキャッチー。特にシングル2曲は単にメロディーがキャッチーなだけでなく、ラララララとかオンリユーとか引っ掛かりのあるフレーズを多用するなど、とにかく耳に残る。アルバム曲でも特に前半はそういったとびきりキャッチーなA面的な楽曲が連発されるので圧巻。6曲目以降はB面といった感じで、前半ほどのとびきりなキャッチーさは無いが、それでもどの曲も耳に残る曲が並んでいて思った以上に好印象だった。サウンド的にももっとメロディーだけ前面に出してバックの音は薄めに仕上げているのかと思っていたのだが、CDで聞いたらかなりバックの音も前面に出してバキバキしていたので驚いた。打ち込み主体のダンスサウンドだがあまり安っぽくなく、かといってリズム重視すぎてかっこいいけどキャッチーじゃなくてイマイチ…ということもなく、これは確かに日本のアイドルではあまり無いところを突いている感じである。また3分ちょいの曲が多いので、40分に満たずに10曲が終了するというコンパクトさは疲れずにさらっと聞けて聞きやすい。先入観捨てて聞いてみるもんだなと感じた。

ガールズトーク(初回盤A)(DVD付) 初回盤A(DVD付)  ガールズトーク(初回盤B)(フォトブック付) 初回盤B(フォトブック付)  ガールズトーク(初回盤C)(ボーナストラック収録) 初回盤C(ボーナストラック収録)  ガールズトーク 通常盤 

印象度★★★★☆

戻る