The Complete Singles Collection 1996〜2001

Disc 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 愛の才能(Single Ver.) 川本真琴 岡村靖幸 岡村靖幸 1stシングル 最高17位 売上33.5万枚
2 早退 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 1stシングルC/W
3 DNA 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 2ndシングル 最高8位 売上33.7万枚
4 LOVE&LUNA(Single Mix) 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 2ndシングルC/W
5 1/2 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 3rdシングル 最高2位 売上73.1万枚
6 1 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 3rdシングルC/W
7 桜(Single Mix) 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 4thシングル 最高2位 売上31.4万枚
8 ドーナッツのリング 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 4thシングルC/W
9 ピカピカ 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 5thシングル 最高5位 売上10.1万枚
10 ハート 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 5thシングルC/W
11 微熱 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 6thシングル 最高10位 売上9.1万枚
12 月の缶(Single Ver.) 川本真琴 川本真琴 石川鉄夫 6thシングルC/W
13 FRAGILE 川本"LA"真琴 磯野栄太郎   7thシングル 最高16位 売上3.8万枚
14 トラブルバス 川本"LA"真琴 川本真琴   7thシングルC/W

 

Disc 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ギミーシェルター(alternative single version) 川本真琴 川本真琴   8thシングル(アルバム同発) 最高50位 売上1.0万枚
2 Re-FRAGILE(remixed by Stan Katayama) 川本真琴 磯野栄太郎   8thシングルC/W 7thシングルのリミックス
3 ギミーシェルター(remixed by EYE) 川本真琴 川本真琴   8thシングルC/W リミックス
4 ブロッサム 川本真琴 川本真琴   9thシングル 最高33位 売上0.9万枚
5 ALPHABET WEEKS 川本真琴 川本真琴   9thシングルC/W
6 OCTOPUS THEATER
(STAN'S LONELY HEARTS HAMMOCK VERSION)
川本真琴 川本真琴   9thシングルC/W 2ndアルバム『gobbledygook』収録曲のリメイク
7 宝石の神話:LUPINO LUPINO LUPINO 松浦雅也 デビュー前LUPINO名義での未発表音源
8 No.1 Hippie Pop:LUPINO LUPINO LUPINO 岡野ハジメ デビュー前LUPINO名義での未発表音源
9 たすけてよWindy:LUPINO LUPINO LUPINO 岡野ハジメ デビュー前LUPINO名義での未発表音源
10 電話の前で:LUPINO LUPINO LUPINO 窪田晴男 デビュー前LUPINO名義での未発表音源
11 愛の才能(Backing Track)   川本真琴 石川鉄夫 1stシングルC/W カラオケバージョン(コーラスあり&フェードアウトなし)
12 DNA(Backing Track)   川本真琴 石川鉄夫 2ndシングルC/W カラオケバージョン
13 1/2(Backing Track)   川本真琴 石川鉄夫 3rdシングルC/W カラオケバージョン
14 桜(Backing Track)   川本真琴 石川鉄夫 4thシングルC/W カラオケバージョン
15 ピカピカ(Backing Track)   川本真琴 石川鉄夫 5thシングルC/W カラオケバージョン
16 微熱(Backing Track)   川本真琴 石川鉄夫 6thシングルのカラオケバージョン 初音源化

リリースデータ

2010年2月24日 初登場26位 売上0.9万枚 ソニー

川本真琴、初のベストアルバム。デビューした96年から01年までソニー在籍時代の全シングル収録曲をA面、C/W、カラオケまで完全網羅した文字通りのコンプリートシングルコレクション。A面曲では「ブロッサム」、C/Wはバージョン違いを除けば全曲がアルバム初収録となる。基本的に〜Mix、〜Ver.などバージョンやミックス違いが表記されている楽曲はそのバージョンでアルバム初収録となる。またデビュー前にLUPINO名義で制作していた未発表音源4曲は本邦初公開音源となる。カラオケバージョンは「微熱」が当時収録されていなかったが音源が見つかったとの理由で初音源化となる。9年ぶりのオリジナルアルバム『音楽の世界へようこそ』がリリースされた5日後に合わせたように今作がリリースされた。本人公認作であり、初回盤スリーブケースのイラストは本人によるもの。初回盤はさらにディレクターによる全曲解説と当時の未公開写真が掲載された別冊のフォトブックレットが付属する。全曲リマスター、Blu-spec CDとなっている。リマスターは当時のアルバム2作及び2014年のリマスターとは異なり、茅根裕司が担当している。

オリジナルアルバムが2作しかないとはいえ、C/Wまで網羅したコンプリート盤ということで、アルバム初収録曲、シングルバージョンでの初収録曲が多く充実した1作。ソニー時代のシングルに入っていた曲がカラオケまで含めて全部入った上に未発表曲としてデビュー前音源までサービスされているのでコレクターズアイテムとしての価値も高い。リリース順ということもあり、「桜」以降売れ線を離れていく変化の過程が分かるので、2ndアルバムをいきなり聞くよりも聞きやすい。個人的にはやはり初期のヒット路線の楽曲をもっと聞きたかったところだけど、本人が引退を考えざるを得ないほど体調不良に追い込まれるほど苦しかったそうなので仕方ないか…。以降の楽曲はとっつきにくいものの、何度か聞くことで良さが見えてくるものが多い。「1/2」だけとりあえず聞ければいいなら1stアルバムでもいいと思うけど、「桜」「ピカピカ」「微熱」辺りまではなんとなく覚えていて一気に1作で押さえたい人は今作推奨。

今回初公開となったLUPINO名義の曲はロリータ個性派ポップといった感じで、歌声もかなりロリロリしていてイメージが異なる。パッと聞きでは後期のシングルよりは分かりやすいけど、これはこれでちょっとマニアックというか、この路線のままでは一定の熱い支持はあっても一部止まりで大ブレイクはしなかったような気はする。

The Complete Singles Collection 1996~2001このジャケットは通常盤(及び初回盤の中) 

印象度★★★★☆

戻る