The BEST(通常盤)

Disc 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 硝子の少年 松本隆 山下達郎 山下達郎 1stシングル 最高1位 売上179.2万枚
2 愛されるより 愛したい 森浩美 馬飼野康二 CHOKKAKU 2ndシングル 最高1位 売上164.4万枚
3 ジェットコースター・ロマンス 松本隆 山下達郎 船山基紀 3rdシングル 最高1位 売上94.4万枚
4 全部だきしめて 康珍化 吉田拓郎 武部聡志 4thシングル 最高1位 売上115.9万枚
5 青の時代 canna canna 新川博 4thシングル両A面曲
6 Happy Happy Greeting 松本隆 山下達郎 山下達郎 5thシングル 最高1位 売上61.4万枚
7 シンデレラ・クリスマス 松本隆 谷本新 長岡成貢 5thシングル両A面曲
8 やめないで,PURE 伊達歩 筒美京平 WACKY KAKI 6thシングル 最高1位 売上65.2万枚
9 フラワー HAL HAL、音妃 船山基紀 7thシングル 最高1位 売上104.6万枚
10 雨のMelody 康珍化 武藤敏志、
坂井秀陽
有賀啓雄 8thシングル 最高1位 売上85.2万枚
11 to Heart 久保田洋司、
E.Komatsu
宮崎歩 CHOKKAKU 8thシングル両A面曲
12 好きになってく 愛してく 堂本剛 堂本光一 武部聡志 9thシングル 最高1位 売上52.6万枚
13 KinKiのやる気まんまんソング さくらももこ 飯田建彦 長岡成貢 9thシングル両A面曲
14 夏の王様 唐珍化 羽田一郎 船山基紀 10thシングル 最高1位 売上87.5万枚
15 もう君以外愛せない 周水(canna) 周水(canna) 重実徹 10thシングル両A面曲

コーラスアレンジ:岩田雅之(2)、松下誠(5,9)

Disc 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 ボクの背中には羽根がある 松本隆 織田哲郎 家原正樹 11thシングル 最高1位 売上92.0万枚
2 情熱 Satomi Boris Durdevic 松本良喜 12thシングル 最高1位 売上59.5万枚
3 Hey! みんな元気かい? YO-KING YO-KING F.L.P 13thシングル 最高1位 売上41.8万枚
4 カナシミ ブルー 堂島孝平 堂島孝平 CHOKKAKU 14thシングル 最高1位 売上33.0万枚
5 solitude〜真実のサヨナラ〜 K.Dino K.Dino ha-j 15thシングル 最高1位 売上32.7万枚
6 永遠のBLOODS 浅田信一 堂島孝平 ha-j 16thシングル 最高1位 売上36.2万枚
7 心に夢を君には愛を Satomi 松本良喜 松本良喜 17thシングル 最高1位 売上30.1万枚
8 ギラ☆ギラ Satomi 本間昭光 本間昭光 17thシングル両A面曲
9 薄荷キャンディー 松本隆 Fredric Hult,
Ola Larsson,
Oystein Grindheim,
Henning Hartung
Fredric Hult,
Ola Larsson,
Oystein Grindheim,
Henning Hartung
18thシングル 最高1位 売上38.8万枚
10 ね、がんばるよ。 吉田美和 吉田美和、中村正人 中村正人、Ike Nelson 19thシングル 最高1位 売上32.7万枚
11 Anniversary Satomi 織田哲郎 家原正樹 20thシングル 最高1位 売上52.6万枚
12 ビロードの闇 Satomi 林田健司 CHOKKAKU 21stシングル 最高1位 売上31.9万枚
13 SNOW! SNOW! SNOW! 秋元康 伊秩弘将 家原正樹 22ndシングル 最高1位 売上31.7万枚
14 夏模様 Satomi 林田健司 佐久間誠 23rdシングル 最高1位 売上31.1万枚
15 Harmony of December マシコタツロウ マシコタツロウ ha-j 24thシングル 最高1位 売上30.0万枚
16 BRAND NEW SONG Gajin Gajin CHOKKAKU 25thシングル 最高1位 売上22.3万枚

ストリングスアレンジ:村山達哉(6)、斎藤ネコ(10)、佐藤泰将(14,15)
ブラスアレンジ:下神竜哉(7,10)
コーラスアレンジ:三谷泰弘(9)、高橋哲也(15)、岩田雅之(17)

Disc 3
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 永遠に Satomi コ永英明 CHOKKAKU 26thシングル 最高1位 売上23.0万枚
2 Secret Code Satomi 井上日徳 井上日徳、堂島孝平 27thシングル 最高1位 売上22.5万枚
3 約束 浅利進吾 加藤裕介 家原正樹、加藤裕介 28thシングル 最高1位 売上21.1万枚
4 スワンソング 松本隆 瀬川浩平 ha-j 29thシングル 最高1位 売上18.7万枚
5 Family〜ひとつになること 堂本剛 堂本光一 吉田建 30thシングル 最高1位 売上19.1万枚
6 Time U-Key zone,mikula U-Key zone U-Key zone 31stシングル 最高1位 売上17.1万枚
7 変わったかたちの石 秋元康 マシコタツロウ 武部聡志 32ndシングル 最高1位 売上14.8万枚
8 まだ涙にならない悲しみが 松井五郎 織田哲郎 亀田誠治 33rdシングル 最高1位 売上20.4万枚
9 恋は匂へと散りぬるを 吉田建 吉田建 吉田建 33rdシングル両A面曲
10 鍵のない箱 松井五郎 加藤裕介 鈴木雅也 34thシングル 最高1位 売上17.3万枚
11 夢を見れば傷つくこともある 秋元康 伊秩弘将 家原正樹 35thシングル 最高1位 売上17.4万枚
12 薔薇と太陽 吉井和哉 吉井和哉 船山基紀 36thシングル 最高1位 売上21.2万枚
13 道は手ずから夢の花 安藤裕子 安藤裕子 松本良喜 37thシングル 最高1位 売上19.1万枚
14 The Red Light 久保田利伸、森大輔 久保田利伸 森大輔 38thシングル 最高1位 売上21.8万枚
Bonus Track(通常盤のみ)
15 すべてのひとかけら 松井五郎 馬飼野康二 石塚知生 通常盤のみ新曲
16 Next to you 宮沢和史 宮沢和史 家原正樹 通常盤のみ新曲

コーラスアレンジ:竹内浩明(1)、ko-saku(2,8,9,10,11,15,16)、高橋哲也(3)、松下誠(4)
ブラスアレンジ:井上日徳,北原雅彦(2)
ストリングスアレンジ:佐藤泰将(4,9)、旭純(5)、Simon Hale(6)

リリースデータ

2017年12月6日 初登場1位 売上22.4万枚 Produced by KinKi Kids
Co-Produced by 堂島孝平
ジャニーズエンターテイメント

メンバー

堂本光一
堂本剛

KinKi Kids5thベストアルバム。バラードベスト『Ballad Selection』から11ヵ月、2017年2作目のベストアルバムにして20周年を締めくくる全シングルA面コレクション「KinKiのやる気まんまんソング」「The Red Light」がアルバム初収録。「道は手ずから夢の花」は『Ballad Selection』通常盤に別アレンジで収録されていたがオリジナルバージョンかつ共通収録枠でアルバム初収録。「やめないで,PURE」は過去2回のアルバム収録において別アレンジが施されていたがシングルバージョンでアルバム初収録。

初回盤は7月15,16日に行われた20周年記念イベント『KinKi Kids Party! 〜ありがとう20年〜』を100分程度のDIGESTにしたDVDもしくはBlu-ray付。通常盤は代わりに新曲「すべてのひとかけら」「Next to you」が追加収録されている。『N album』から3作連続で共同プロデューサーとして堂島孝平がクレジットされている。リマスターは『Ballad Selection』に続いて柴晃浩が担当。

周年をきっちり行うジャニーズには珍しく前倒しで2016年から20周年を掲げて2017年まで実質2年間掲げ続けるスタイルを取っていた。ただ光一は特にその辺きっちりした性格なのか、番組出演時に司会に20周年の話題を振られた際には来年(2017年)の20周年に向けて…と2017年に20周年だという事を強調していた。そして2016年末に「硝子の少年」で紅白初出場(正規出場者として))を果たした。しかし2017年は年明け謎のバラードベストを出し(当然バラードじゃないので紅白で歌って懐かし需要が高まっていた「硝子の少年」は入っていない)、ついに本当の20周年を迎える7月には何故か後輩のHey! Say! JUMPの10周年ベストが出てしまった。7月はシングル「The Red Light」リリースに留まり、12月になってA面網羅の今作となった。

待望の1作…ではあるんだけど、20周年の盛り上がりも正直ファン以外の間では冷め、それよりも剛の耳は大丈夫だろうか?という心配な気持ちが少しばかり残っている程度のタイミングは正直けっこう微妙なところで、これを出すならもう少し早くても良かったんじゃないかと思う。本当は今作を出すつもりなど無く、オリジナルアルバムや新作シングルをもう1枚出すつもりだったのが剛の難聴により予定を変更した結果こうなった感じがしなくもない。

まさかここまでドストレートなシングルコレクションになり、タイトルなんかもう今時非公認ベストでもつけないような直球。初期に懐かしさを感じるリスナー向けに「Kissからはじまるミステリー」「FRIENDS」や「愛のかたまり」辺りは柔軟に対応して+αで収録してほしかったというのは贅沢か。特に「ギラ☆ギラ」の両A面扱いが続くのも地味に謎。2nd以降ちょうどこの頃まではC/W追加とかC/W違いの複数商法も無かったので帯や背文字部分でC/Wにも両A面みたいな表記をすることが多かったので(このせいで「やめないで,PURE」のC/Wがチャートで両A面表記になっていたこともある)その名残がここにだけ残ったような気がしているが…。「ギラ☆ギラ」は特に当時それまで両A面シングルのように両A面だとことさらに言っていないがC/Wだとも表記していなかった記憶もある。

いずれにせよジャニーズはなかなかベスト出さない上に、嵐以降の後輩たちのベスト盤は1作目からきちんとシングルをコンプリートしたものが多いが、SMAPとTOKIOは続編放棄でファン投票、V6も両A面は省かれただけにシングルコレクションが出たことは単純にありがたいところではある。価格設定が現代では強気すぎるとか思わなくもな

リリース順なのでやはり懐かしいのは初期大ヒット時代。以前のベスト盤と重複する部分ではあるが、DISC-1の隙の無さ、DISC-2でアーティストとして自我を見せ始めてよりいい歌重視になっていく頃もいい流れに感じられた。DISC-3になると本格的に固定ヒットに留まるようになり、メンバー主演ドラマタイアップという初期から広く聞かれるきっかけになっていたパターンがほぼ無くなってくる(光一は早い段階で舞台中心になり、剛も深夜枠のドラマ出演に限定されるようになる)のも重なって、馴染みが薄くなってくるところはある。1曲1曲丁寧にじっくりとKinKi Kidsが今歌うべき歌というのを重視してこだわっているようには感じられる。ただ1曲ごとに歌を重視した結果、聞かせる系統の曲が増えすぎて今作みたいにA面だけ並べて聞くと流れがあまりスムーズではないように感じられた。実際織田哲郎に久々に提供依頼が来た際は、歌を重視しすぎてゆったりした曲が続いてしまったのでライブで盛り上がるようなアップテンポの曲を書いてほしいというようなスタッフの要請があり、その結果「まだ涙にならない悲しみが」が書かれて採用されたという話もあった。

そんなわけでDISC-3もいいと思える曲はあるけど、正直良く分からない曲も増えてきて初期に負けないほど好きかというと難しいところではある。それでも20年の2人の成長とこだわりは存分に感じられる3枚だった

通常盤限定の新曲は宮沢和史が提供した「Next to you」はかつて宮沢和史がSMAPに提供していた曲や一般的イメージである「島唄」「風になりたい」など沖縄や南国の陽気なイメージで聞くとナニコレって感じになるかもしれないが、00年代以降のTHE BOOMで基本になっていた落ち着いた「うた」路線。解散前のTHE BOOMや1年後に出たソロでのベスト盤まで聞いていれば実に宮沢和史っぽい曲だなぁ…といった印象。

「すべてのひとかけら」は昔から今でもジャニーズデビュー組が御用達にしているベテラン作家、馬飼野康二による提供。KinKiでもやはり最初期に提供が集中していて『B album』頃を最後にしばらく関わっていなかったがかつての作家を大量起用した『K album』で集結した作家陣の1人として久々に提供し、『L album』でも登場していた。このためそこまで久々ではないし、シングル級というほどでもないが、それでも20年のこのタイミングで登板して、20年の成長を感じさせるという点では「Next to you」がこれからのイメージなのに対して、「すべてのひとかけら」はこれまでを踏まえたイメージ

初回盤BD付、初回盤DVD付、通常盤の3種

印象度★★★★★

2018.2.4更新

戻る