ベスト・コンディション〜Kinmokusei single collection〜

Singles Disc
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 僕の行方 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 1stシングル 100位圏外
2 二人のアカボシ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 2ndシングル 最高10位 売上23.0万枚
3 七色の風 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 3rdシングル 最高14位 売上3.7万枚
4 さらば 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 4thシングル(アルバム同発) 最高15位 売上2.8万枚
5 車線変更25時 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 5thシングル 最高22位 売上2.6万枚
6 同じ空の下で 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 6thシングル 最高20位 売上0.8万枚
7 人とコウモリ 伊藤俊吾 白井雄介 キンモクセイ&佐橋佳幸 7thシングル 最高36位 売上0.5万枚
8 日曜日の夜 後藤秀人&
伊藤俊吾
後藤秀人 キンモクセイ&鈴木茂 7thシングル両A面曲
9 メロディ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 9thシングル 最高71位 売上0.3万枚
10 むすんでひらいて 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 10thシングル 最高70位 売上0.3万枚
11 夢で逢えたら 大瀧詠一 大瀧詠一 キンモクセイ 3rdアルバム『NICE BEAT』初回盤のみ収録曲 吉田美奈子のカバー
11thシングル(カット) 最高36位 売上0.9万枚
12 SUMMER MUISIC 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 12thシングル 最高55位 売上0.3万枚
13 冬の磁石 伊藤俊吾 後藤秀人 キンモクセイ&澤近泰輔 13thシングル 最高49位 売上0.3万枚
14 さよならの表情 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 14thシングル 最高67位 売上0.1万枚
15 金木犀の花 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&桜井秀俊 15thシングル『金木犀e.p.』1曲目 最高54位 売上0.3万枚

 

Bonus Disc(初回盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 涙の木の唄 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 未発表曲
2 二人のムラサキ東京/キンモクセイと東京ジェンヌ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 8thシングル 最高65位 売上1.1万枚
3 オヤスミナサイ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 『DEATH NOTE TRIBUTE』収録曲
キンモクセイ名義の作品には初収録
4 さくら 伊藤俊吾 後藤秀人 キンモクセイ カバーアルバム『さくら』収録曲
5 追い風マークU 白井雄介 白井雄介 キンモクセイ 3rdシングルC/W
6 逃げろ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 1stシングルC/W
7 二人にしやがれ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 2ndシングルC/W
8 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 3rdシングルC/W
9 夢を見させて 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 5thシングルC/W
10 ふれあいUSA 白井雄介 白井雄介 キンモクセイ 6thシングルC/W
11 恋人なくした〜冬〜 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 10thシングルC/W
12 ちょうど今から 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 11thシングルC/W
13 僕の夏 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 12thシングルC/W
14 優しい人になりたい 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 13thシングルC/W
15 真っ赤な林檎にお願い 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ 14thシングルC/W
16 さよならの表情〜Sunset Ballad〜 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 14thシングル 未発表バージョン

リリースデータ

2007年11月21日
2009年9月2日(Blu-spec CD)
初登場65位 売上0.5万枚(300位集計) Produced by 奥野秀樹&キンモクセイ BMG JAPAN

メンバー

Vocal,Acoustic&Electric Piano,Acoustic&Electric Guitar,Organ他 伊藤俊吾
Acoustic&Electric Guitar,Chorus,Vocal他 佐々木良
Electric&Acoustic Guitar,Chorus他 後藤秀人
Drums,Tambourine,Vocal他 張替智広
Electric Bass,Chorus他 白井雄介

キンモクセイ、ベストアルバム。発売から少し経過してから今作をひっさげてのツアーを持って活動休止すると発表結果的に休止前最後の総括的なベストアルバムとなった。これまでのシングルを「二人のムラサキ東京」を除いてリリース順に収録。05年の4thアルバムを最後にオリジナルアルバムは出ておらず、5作目はカバー(07年)だった。このため06年以降にリリースされていた「さよならの表情」「金木犀の花」はアルバム初収録。また初回盤は2枚組で「二人のムラサキ東京」やトリビュート盤のみに収録されていた「オヤスミナサイ」、アルバム未収録のC/Wを中心に新録や未発表曲を収録したBonus Discがついている。「二人のムラサキ東京」もこちらに収録されているが、15thシングル『金木犀e.p.』に収録されている残りの3曲は未収録。09年にBlu-spec CDとして再発されたのは通常盤だったのでSingles Discのみとなっている。

Singles Disc
コラボだった8th以外をリリース順に収録。「二人のアカボシ」の1発屋というのが世間の印象だが、どこか懐かしい雰囲気の漂う落ち着いたバンドポップスは流行に流されない普遍性を持っている。楽曲的には「二人のアカボシ」と同系統の曲はないが、聞きやすくて馴染みやすい曲が並んでいる。なんとなく7,80年代に青春時代を送っていて最近のJ-POPにはついていけない年配世代にも受けそうな気もするんだけど(7,80年代のオマージュもあるし)、どうもその辺をうまく取り込めてはいなかったように思う。まだ本格的な懐古ブームが訪れるよりは少し前だったし、当時の流れとは大きく外れた独自の線を行っているので、時代には合ってなかったのかもしれないが耐久性は当時のヒットど真ん中よりも格段に高い。「人とコウモリ」〜「むすんでひらいて」辺りまでの時期は迷いの時期というか暗黒時代っぽい感じが漂うけどこの時期を抜けて後半になると初期のようにただ懐かしい雰囲気だけじゃなくて、懐かしくも新しい確固たるキンモクセイサウンドを確立していっていったようにも感じられる。ここでの休止は惜しい。

Bonus Disc
ほとんどがアルバム未収録のC/Wで構成されている。さすがにA面ほどのインパクトが無いものの、変に実験に走ったりもしない王道でいい曲が並んでいる。これもやはり後半になるに連れて(あと最近の曲が集中してる冒頭も)A面でもいいようなパワーのある曲が並んでいる印象。最後の方はリリースが年1とかになってたからその分作りこみがさらに深かったってのもあるかも。

1発屋だったけど内容は1発屋ではないことが十分に分かるベスト盤。いずれにせよ活動休止が惜しい。休止とは言っているがあまりに綺麗にまとまりすぎてて実質解散の不安が…。

ベストコンディション~Kinmokusei single collection~(初回生産限定盤) 初回盤2枚組  ベストコンディション~Kinmokusei single collection~ 通常盤    ベスト・コンディション~kinmokusei single collection~ Blu-spec CD盤

印象度★★★★★

戻る