風の子でいたいね

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 風の子 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔  
2 愛の食事 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸  
3 真っ白 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸  
4 人とコウモリ 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 7thシングル 最高36位 売上0.5万枚
5 Lemonade 張替智広 張替智広 キンモクセイ 張替智広ボーカル
6 恋人なくした 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&澤近泰輔 9thシングル『むすんでひらいて』C/W(リメイク)
「恋人なくした〜冬〜」に改題
7 日曜日の夜 後藤秀人&
伊藤俊吾
後藤秀人 キンモクセイ&鈴木茂 7thシングル両A面曲
8 パリジェンヌ 佐々木良 佐々木良 キンモクセイ 佐々木良ボーカル(Vie vieとデュエット)
9 香港計画 佐々木良 佐々木良 キンモクセイ&澤近泰輔 佐々木良ボーカル
10 車線変更25時 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 5thシングル 最高22位 売上2.6万枚
11 悲しみ草 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ  
12 Pocket Song 張替智広 張替智広 キンモクセイ 6thシングルC/W
13 同じ空の下で 伊藤俊吾 伊藤俊吾 キンモクセイ&佐橋佳幸 6thシングル 最高20位 売上0.8万枚
14 付録:追伸のテーマ〜さらばキンモクセイ〜   キンモクセイ キンモクセイ インスト+クレジットナレーション(竹内靖夫)

リリースデータ

2003年10月22日 初登場30位 売上1.3万枚 Produced by キンモクセイ&奥野秀樹 BMG JAPAN

メンバー

Vocal,Acoustic Piano,Acoustic Guitar,Synthesizer,Chorus 伊藤俊吾
Electric Guitar,Chorus, 佐々木良
Electric Guitar,Chorus 後藤秀人
Drums,Chorus,Vocal 張替智広
Electric Bass,Chorus 白井雄介

キンモクセイ2ndアルバム。1年3ヵ月ぶりのアルバム。前作以降の3シングルA面4曲は全て収録。C/Wからは1曲のみが収録された。「恋人なくした」は1年2ヶ月後のシングル「むすんでひらいて」C/Wで「恋人なくした〜冬〜」としてリメイクされている。「Lemonade」は張替、「パリジェンヌ」「香港計画」は佐々木がボーカルを担当。ラストの「付録:追伸のテーマ〜さらばキンモクセイ〜」は39秒後(サンキューの意味)に演奏が開始されるインストナンバーとなっているが、竹内靖夫によるアルバムレコーディング期間やメンバー、スタッフなどのクレジット情報がナレーションとして収録されている。02年末には紅白に出たものの、以降のヒットが出せず、紅白出演が決定した頃にリリースされた「車線変更25時」こそ最高位の割に売上は多少伸ばすも、結局シングルは出すたび低迷してしまい、今作も低迷した。初回盤はぬくぬくパッケージ仕様とされているが、ホワイトケースに湯たんぽのシールが貼ってあるのみで実際にぬくぬくはしていない

今作リリース時にはすっかり注目度も下がってしまい、すっかり1発屋扱いになってしまったが、ディスコ調の「車線変更25時」、さわやかな「同じ空の下で」と大事な時期のシングルの方向性がバラバラすぎた上に、特に重要な先行シングルの「人とコウモリ/日曜日」はシングルらしい分かりやすさも無かったのでちょっとシングルだけ聞いているとつかみどころが無さすぎたのかなと思う。ただアルバムでは前作同様に"あの頃の匂い"を出しつつも、前作よりもバンド感が増している。曲調も広がり、キンモクセイらしさが一旦完成したような感じ。見た目いかにも真面目そうな青年たちといった印象が強かったと思われるが、伊藤以外のメンバーがボーカルを取った曲が3曲もあり、そのうちの佐々木による2曲は完全にお遊びに走っていたり、アルバムの最後がナレーションになっている辺りのユニークさも含めてけっこうなんでもありの面白いバンドなんだということも今作を聞くとよく分かる。充実の1作。

風の子でいたいね  

印象度★★★★☆

戻る