小松未歩2nd〜未来〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 未来 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
2 anybody's game 小松未歩 小松未歩 古井弘人 4thシングル 最高9位 売上9.9万枚
3 チャンス 小松未歩 小松未歩 古井弘人 5thシングル 最高3位 売上14.1万枚
4 氷の上に立つように 小松未歩 小松未歩 古井弘人 6thシングル 最高5位 売上16.2万枚
5 手ごたえのない愛 小松未歩 小松未歩 古井弘人 DEENへ提供 セルフカバー
6 あなたのリズム 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
7 1万メートルの景色 小松未歩 小松未歩 古井弘人 4thシングルC/W
8 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
9 静けさの後 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
10 願い事ひとつだけ 小松未歩 小松未歩 古井弘人 3rdシングル 最高8位 売上29.5万枚
11 Deep Emotion 小松未歩 小松未歩 古井弘人  

リリースデータ

1998年12月19日 初登場3位 初動20.2万枚、売上60.1万枚 MIHO KOMATSU SELF DIRECTED、PRODUCED by ROCKAKU(WEEZ) Amemura O-town Record

小松未歩2ndアルバム。前作以降の4シングルを収録。C/Wからは1曲収録。DEENに提供した「手ごたえのない愛」をセルフカバーしている。表記されていないが、「anybody's game」は細かいミックス変更、「氷の上に立つように」はイントロが変更されたアルバムバージョンになっている。「願い事ひとつだけ」「氷の上に立つように」がコナンタイアップ、「チャンス」はフジ系『めざましテレビ』の98年度テーマ曲としてヒットした。「チャンス」及び今作の3位はどちらもO社チャートでの最高位となった。シングル4作全てがヒットした事もあり、今作は全作品中最高売上を記録した。

明石昌夫がビーイングを離脱し、古井弘人が専属アレンジャーとなっているが、前作に続いてキーボードを効果的に使用しつつも、旧来のビーイングサウンドに近い適度にバックが鳴っているアレンジが展開していて今回も勢いを感じられる。特に「チャンス」なんかは番組で毎日聞いている時は気づかなかったが、けっこう重厚にギターが鳴っているロックナンバーだったので初めてCDで聞いた時はかなり驚いた。続く「氷の上に立つように」は逆になんかもう少し派手だったイメージがあったんだけど、これまたCDでちゃんと聞いたらイメージよりもおとなしく聞こえたりもした。静かに始まり徐々に盛り上がる「未来」はちょっと意外な始まり方。前作はアップテンポ3連発だったのでいきなりバラードはちょっと意外だった。またこの曲は後半随分アレンジが盛り上がるんだけど、1st2nd派のいちリスナーとしては今作以降もこういうアレンジをもっとしてほしかったというのが正直なところだ。2曲目以降のハイクオリティなシングル連発は圧巻。後半はさすがにシングルが固まる前半ほどではないものの、一定以上の勢いを保ったまま突き進み、ラスト前に名曲「願い事ひとつだけ」が来て、「Deep Emotion」でしっとり締める流れは秀逸で飽きない。聞き終えた時の満足度は非常に高い。前作と並んでかなり好感触なヒットチャートアルバム

小松未歩をちゃんと聞き始めたのは4thが出てからで、テープ録音からCD-R録音に切り替えた事もあって、4作一気にレンタルして来て聞いたのが最初だったけど、ファンだった友人がいたので今作だけは一足先に貸してもらってテープ録音で聞いた記憶がある。

2nd〜未来

印象度★★★★☆

戻る