小松未歩3rd〜everywhere〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 最短距離で 小松未歩 小松未歩 古井弘人 8thシングル 最高16位 売上3.7万枚
2 BEAUTIFUL LIFE 小松未歩 小松未歩 葉山たけし  
3 As 小松未歩 小松未歩 葉山たけし 10thシングル『あなたがいるから』C/W(カット)
everywhere ver.としてリアレンジしてシングルカット
4 風がそよぐ場所 小松未歩 小松未歩 古井弘人 9thシングル 最高9位 売上5.9万枚
5 sickness 小松未歩 小松未歩 葉山たけし  
6 No time to tell 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
7 Holding.Holding on 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
8 BOY FRIEND 小松未歩 小松未歩 古井弘人 7thシングルC/W
9 さよならのかけら 小松未歩 小松未歩 古井弘人 7thシングル 最高17位 売上5.9万枚
10 夢と現実の狭間 小松未歩 小松未歩 尾城九龍  
11 雨が降る度に 小松未歩 小松未歩 北野正人・
尾城九龍
 

リリースデータ

2000年2月16日 初登場5位 売上10.7万枚 produced by ROCKAKU(WEEZ)
komatsu miho self-directed
GIZA studio

小松未歩3rdアルバム。前作以降の3シングルとC/W1曲を収録。「最短距離で」からGIZA studioへ移動。これに伴い既に小松未歩の専属レーベルになっていたAmemura O-town Recordは消滅した。また「さよならのかけら」で1度マキシシングルになったものの、「最短距離で」「風がそよぐ場所」は再び8センチシングルに戻して発売された。「最短距離で」は主にリズムパートを大幅に変更したアルバムバージョン。「BOY FRIEND」も若干変更されている。大きなタイアップが来なくなり、シングルがさほどヒットしなかったため、今作も前2作を大幅に下回る売上となり、人気が激減した。「As」はこの次のシングル「あなたがいるから」C/Wでeverywhere ver.として尾城九龍によるリアレンジでシングルカットされている。

前2作と次回作以降を繋ぐ過渡期的なアルバム。メロディー面では全くクオリティに変化はないと思うし、アレンジ面では完全に軽めのGIZAサウンドに移行しているわけでは無くて、前作までの勢いもまだ残ってはいるものの、けっこう地味めに抑えられている。正直なところまあこうなると売れなくなるよなぁ…と人気が下がった事に関してはどうしてだよ?という感じは全く無くて、妙に納得できてしまう

地味に聞こえる要因の1つとしては抑えめのアレンジ以上にどういうわけか音量が妙に絞られているというのも大きい。特に前2作に慣れている程、今作収録の楽曲に関してはわざと地味に抑え込んだような印象が強くなる。今作での変化に良さを見出すには聞き方を変える必要があったが、もっと本質的に歌を重視して世界観そのものに魅かれて聞いていればすんなり良さを感じられるのかもしれない。小松未歩に一連のヒット曲のようなアップテンポでキャッチーなヒット曲を求めるか、じっくりと聞き込めるを求めるか、今作以降はそれにより印象がハッキリ分かれるところだと思う。個人的には圧倒的に前者だったので、今作には一定以上の良さを感じるだけでも最初に聞いてから数年の時間を要した。なお1st2ndでファンになっていた当時の友人は今作でくじけて次回作で聞くのを止めてしまったようで、実際のところそういうリスナーが大半だったんだろうけど、一方でネット上に当時から残っているレビューを見る限りだと今作以降の方が評価は高かったりもする。今作からが小松未歩の本当の始まりとするリスナーもいるくらいなので、当時ヒットしていたから何となく1st2nd辺りは聞いてたけど、ヒットしなくなったので聞かなくなったなんていうライトなリスナーでも案外ちゃんと聞いてみたらハマったりすることもあるかもしれない。

あと大黒摩季と共にビーイングを離脱する直前の葉山たけし、初期の愛内里菜に関与する尾城九龍、ZARDへの曲提供などもあったが2年後にエイベックスからday after tomorrowとしてデビューする北野正人など今作にしか出てこないアレンジャーが参加していたりするのは何だかカオスだ。これはビーイング自体がGIZAへ移行してアレンジの方向性をガラッと変えていった時期だけに、過渡期らしいといえばそうなのかもしれないけど。特に尾城九龍が関与しているラスト2曲は一気にGIZAっぽい軽い打ち込みサウンドに変わるので、今作は旧ビーイングからGIZAへ移行して終わるアルバムという印象も強い。

everywhere

印象度★★★☆☆

戻る