小松未歩4〜A thousand feelings〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 君の瞳には映らない 小松未歩 小松未歩 大賀好修 11thシングル 最高19位 売上2.0万枚
2 あなたがいるから 小松未歩 小松未歩 池田大介 10thシングル 最高9位 売上5.6万枚
3 at him! 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
4 ただ傍にいたいの 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
5 I don't know the truth 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
6 Love gone<Album Mix> 小松未歩 小松未歩 大賀好修 12thシングル 最高26位 売上2.3万枚
7 ともだち以上 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
8 regret 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
9 幸せのかたち 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
10 哀しい恋 小松未歩 小松未歩 大賀好修 10thシングルC/W
11 Hold me tight 小松未歩 小松未歩 大賀好修  

リリースデータ

2001年3月7日 初登場9位 売上6.4万枚 Produced by 小松未歩 GIZA studio

小松未歩4thアルバム。前作以降の3シングルとC/W1曲を収録。前作まで関与していた古井弘人が今作には関与せず、前3作ではギタリストとして参加していた大賀好修がアレンジャーとして初参加してほぼ全面的に参加するなど制作体制に変化があった。「あなたがいたから」は久々にコナンタイアップ(映画版)となり、トップ10ヒットを記録したが、シングルでは最後のトップ10入りとなった。またコナンタイアップ自体もこれが最後となっている。前作時よりさらに低迷が進み、アルバムとしてもこれが最後のトップ10ヒットとなった。またこれまでセルフディレクトというクレジットだったが、今作以降は本人名義のプロデュースになっている。

今作では完全にGIZAサウンドに移行。リズムも軽く、ギターなどもほとんど抑えられ、音数も少ないシンプルな打ち込みでサウンドカラーが統一され、1st2ndの面影は皆無。2年位前まではZARD、DEEN、FIELD OF VIEWでロック色の強いアレンジをしていた池田大介までもがすっかりGIZAサウンドに染まってしまった「あなたがいるから」は別の意味で当時衝撃だった。初期のヒット曲のようなキャッチーな楽曲は皆無になり、ミディアム〜バラードの楽曲が増加したのとサウンドが軽くシンプルになったことで、かなり落ち着きまくったというか、率直に言えば恐ろしく地味化した。流し聞きしていたら平坦な印象のまま過ぎ去っていってしまい引っかかりが無いほどで、これにて初期の多くのリスナーが離れる事となったけど、正直当時これは仕方ないと思った。ファンだった友人もまさにその1人だったし。

一方で熱烈なリスナーも生みだした重要な作品でもある。正直そのような評価が当時ネット上に妙に大量に無ければスルーしたまま終わっていた1作なんだけど、とにかく今作の当時あったレビューサイトでの評価は著しく高かった。離れたファンは感想すら書かずに離れていってしまったので、普通こんだけ人気が下がっていっていた状況下ではもう少しありそうな評価が高くなかったレビューサイトというのが逆にほとんど無くて、まさに本当のファンだけが残ったという状態ゆえにそうなっていたんだと思う。若かった当時は取り上げているサイトみんな賞賛しかないような中で地味すぎて全くいいとは思えなかったとか最初は書いてたんだけど、ちょっとそれを知って気にしちゃったりなんかして(レビューサイト運営初期あるある)、少し文章を書き直したり、★を赤に変えたりした事もあったほどだ。

結局4,5年かかってようやく今作の今作なりの良さも少しは感じられるようにはなった。今作は地味だけど地味だからこそ勢いだけではない今までに無かった味わい深さはあり、それによって生まれた過去最高の統一感はある。アルバム作品として見ればじっくり聞く事で見えてくる良さは確かにあると思う。ただやっぱりアレンジが軽すぎるのが個人的にはネック。別に雑なわけではないし、細かいながら丁寧に編み込んではいると思うんだけど、最後までトーンが変わらずに淡々と進行していく印象で、各楽曲の区別もなかなかつかない。メロディーは不変だったと思うので(スローなのは増えたけど)アレンジ次第でもう少し改善できたはずなのでアレンジを何とかしてほしかった。初期か末期に復活しかけた派手目なアレンジでリメイクしたらけっこう化けるんじゃないかなと思う。

小松未歩4〜A thousand feelings〜

印象度★★★☆☆

戻る