小松未歩8〜a piece of cake〜

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 蒼い夏 小松未歩 小松未歩 古井弘人 24thシングルC/W
2 deep grief 小松未歩 小松未歩 小林哲  
3 恋になれ... 小松未歩 小松未歩 大賀好修 26thシングル 最高39位 売上0.4万枚
4 my darling 小松未歩 小松未歩 大賀好修  
5 はるのきおく 小松未歩 小松未歩 岡本仁志  
6 神様はジッと見てる 小松未歩 小松未歩 麻井寛史  
7 あなた色 小松未歩 小松未歩 古井弘人 25thシングル 最高38位 売上0.4万枚
8 I just wanna hold you tight 小松未歩 小松未歩 小林哲 24thシングル 最高36位 売上0.5万枚
9 不機嫌になる私 小松未歩 小松未歩 大賀好修 岩田さゆりへ提供 セルフカバー
10 向日葵の小径 小松未歩 小松未歩 岡本仁志 25thシングルC/W
11 アナタノ手 小松未歩 小松未歩 古井弘人  
12 涙のあとに 小松未歩 小松未歩 池田大介  

リリースデータ

2006年4月26日 初登場35位 売上0.7万枚 Produced by MIHO KOMATSU GIZA studio

小松未歩8thアルバム。シングル3作とC/W2曲を収録。また前年に提供した「不機嫌になる私」をセルフカバーしている。結果的にGIZA歌手への提供曲でセルフカバーしたのは「不機嫌になる私」1曲のみとなった。GIZA歌手への楽曲提供は少なく、作詞作曲での提供は他には岩田さゆりの「ひとりじゃない」のみ。愛内里菜に2曲、三枝夕夏 IN db、北原愛子には1曲ずつ提供しているがこれらは作曲のみだった。長く安定していたシングル売上がやや交代し始め定位置だった30位前後から40位手前に後退、今作も1万割れとなった。今作までは大きなブランクも無く、定期的なシングルリリースとアルバムリリースという順調な活動が続いていたが、結果的にはこれが最後のオリジナルアルバムとなった。

最終作品として発表されたわけではない結果的な最終作品。ということで特にこれまでの集大成的な感じは無い。今回も安定した作風になっているが、1つ大きな変化が見えており、前作でも少し見えていた初期のポップで勢いある派手なアレンジへの回帰が今作ではより具体的に垣間見える。ていうかいきなり「蒼い夏」がエレキギターがガンガン鳴って、打ち込みドラムがバシバシ鳴り響く爽快ロックバンド調になっていてぶったまげた。初期へ回帰どころか、こんなボーカルが若干埋もれるくらい派手なアレンジは「チャンス」以来じゃないだろうか…。2曲目以降はシンプルなアレンジに戻ってしまうので落差が物凄いことになっているけど、ミディアム中心ながら統一感よりもサブタイトルから連想されるようにカケラ的というか割とバラエティ感がある感じになっている。ここに来てポップな作風やある程度派手なアレンジが戻る片鱗が見え始めたのは個人的には嬉しいところだ。当時他のビーイングGIZA勢も徐々に派手な作風を取り入れつつあり、ロック系の新人アーティストをデビューさせたり、ZARDも王道回帰、GARNET CROWもポップ色を取り入れたりし始めていたので確実に流れもあったと思うんだけど。そのGARNET CROWの古井弘人が手がけた「あなた色」なんかもかなりポップな感じになっているし、やはり1st2ndを支えた古井弘人が今後大きな鍵になりそうだなと思っていた。これで久々にコナンでも持って来れば久々のヒットも夢ではなかっただろうし(当時のファンの多くは別に望んでなかったとは思うけど)、ヒット戦線復帰への片鱗を見せただけで活動が終わってしまったのは残念だ。新しい作風を取り入れるというよりは初期回帰の兆候というイメージではあったけど、ビーイング伝統芸の試行錯誤を始めて王道を外して新しい方向に向かい始めると活動停止になってしまうパターンのちょっと変形Ver.だったのかな…。

小松未歩8~a piece of cake~

印象度★★★☆☆

戻る