小松未歩ベスト〜once more〜

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
小松未歩 小松未歩 古井弘人 1stシングル 最高9位 売上32.0万枚
輝ける星 小松未歩 小松未歩 古井弘人 2ndシングル 最高20位 売上4.8万枚
願い事ひとつだけ 小松未歩 小松未歩 古井弘人 3rdシングル 最高8位 売上29.5万枚
anybody's game 小松未歩 小松未歩 古井弘人 4thシングル 最高9位 売上9.9万枚
チャンス 小松未歩 小松未歩 古井弘人 5thシングル 最高3位 売上14.1万枚
氷の上に立つように 小松未歩 小松未歩 古井弘人 6thシングル 最高5位 売上16.2万枚
さよならのかけら 小松未歩 小松未歩 古井弘人 7thシングル 最高17位 売上5.9万枚
最短距離で 小松未歩 小松未歩 古井弘人 8thシングル 最高16位 売上3.7万枚
風がそよぐ場所 小松未歩 小松未歩 古井弘人 9thシングル 最高9位 売上5.9万枚
10 あなたがいるから 小松未歩 小松未歩 池田大介 10thシングル 最高9位 売上5.6万枚
11 君の瞳には映らない 小松未歩 小松未歩 大賀好修 11thシングル 最高19位 売上2.0万枚
12 Love gone 小松未歩 小松未歩 大賀好修 12thシングル 最高26位 売上2.3万枚
13 とどまることのない愛 小松未歩 小松未歩 大賀好修 13thシングル 最高21位 売上1.6万枚
14 さいごの砦 小松未歩 小松未歩 大賀好修 14thシングル 最高30位 売上1.5万枚

 

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
愛してる... 小松未歩 小松未歩 大賀好修 15thシングル 最高28位 売上1.2万枚
dance 小松未歩 小松未歩 大賀好修 16thシングル 最高28位 売上1.1万枚
mysterious love 小松未歩 小松未歩 徳永暁人 17thシングル 最高16位 売上1.1万枚
ふたりの願い 小松未歩 小松未歩 小林哲 18thシングル 最高30位 売上0.6万枚
私さがし 小松未歩 小松未歩 徳永暁人 19thシングル 最高30位 売上0.6万枚
翼はなくても 小松未歩 小松未歩 古井弘人 20thシングル 最高30位 売上0.6万枚
涙キラリ飛ばせ 小松未歩 小松未歩 古井弘人 21stシングル 最高31位 売上0.6万枚
砂のしろ 小松未歩 小松未歩 古井弘人 22ndシングル 最高32位 売上0.5万枚
I〜誰か... 小松未歩 小松未歩 古井弘人 23rdシングル 最高29位 売上0.5万枚
10 I just wanna hold you tight 小松未歩 小松未歩 小林哲 24thシングル 最高36位 売上0.5万枚
11 あなた色 小松未歩 小松未歩 古井弘人 25thシングル 最高38位 売上0.4万枚
12 恋になれ... 小松未歩 小松未歩 大賀好修 26thシングル 最高39位 売上0.4万枚
13 happy ending 小松未歩 小松未歩 古井弘人 新曲

リリースデータ

2006年11月22日 初登場21位 売上2.3万枚 GIZA studio

小松未歩、初のベスト盤。8thアルバムから7ヶ月、間にリリースは無かった。全シングルA面をリリース順に収録した2枚組。ラストに新曲「happy ending」が収録されており、これが正真正銘の最終楽曲となった。全曲リマスタリングが施されている。歌詞カードが文字しか書いてない写真も何もない手抜き状態、ラストの新曲が「happy ending」、デビュー10周年を翌年に控えての中途半端な時期でのベスト、売上が下がり続けていた上に春の8thアルバムから一切のリリースなしでの今作、と何かと不安要素が多数あったが、案の定今作リリース後これといった案内も無いまま活動凍結となった。なお何故か制作上の意図とやらで「ふたりの願い」がモノラル音源にされている。今作以降は公式サイトのDiary更新は09年1月年明け直後まで続いた。また公式サイト入口に表示される本人によるコメント付写真は09年2月28日が最終更新となっている。これを最後に完全に消息を絶った。

全シングル網羅ということで、小松未歩に少しでも興味がある人にはおススメのベスト盤。無機質なリリース順、歌詞も文字だけと味気ないものの、一時期しか聞いてなかった人は知らなかった作品を一気に聞けるというのも大きい。リマスター効果はさほどないんじゃないかと思っていたんだけど、初期の曲は随分と音がクリアになって聞こえてきて新鮮に聞こえる。特に7〜9thといった音量貧弱だった3rdアルバム期の迫力が増してかなり印象が異なって聞こえる。DISC-2以降になると比較的時間が経っていないのと元からシンプルな味付けの曲ばかりになる事もあってさほど違いを感じない。

こうして並べて聞いていくと最初の転機は「最短距離で」で訪れているのが分かる。突如リミックス風のリズムサウンドになっているこの曲以降、移行期と言うべき状況が続き、徐々にサウンドがシンプル化。時期的にZARDも同様の時期にサウンドが変貌し迷走期に突入しており、これはビーイングからGIZAへの本格移行の時期とも合致する。「君の瞳には映らない」からは完全に静かな打ち込み全開の軽い響きのサウンドへと変貌し以降はそれが主流となっている。同時に売れなくなってしまったわけだが、この変化は確かに大きい。順番に聞いていくと明らかに勢いがなくなってしまったように感じる。だが実際にメロディーの方も地味になったのかというとそうでもないことも分かる。ただ元々ボーカルが機械的かつ儚げな声だったため、バックのサウンドが軽くなってしまいさらにはスローな曲ばかりになると、地味さに拍車をかけてしまっていた感は否めない。そこを補って勢いを出していた初期のアレンジの方がやはりヒット性は抜群にあったし、個人的にも好みだ。大半の時期をシンプルなサウンドに費やしたということは本人の意向としてはそっちだったんだろうし、じっくり聞けば後半の曲にもしみじみした良さを感じる事はできる。終盤になってくると初期並の勢いを持たせたポップな曲も再び登場し始めるんだけど、その最中で活動が終わってしまったのは残念だ。そして当時最後とは明言されていなかったものの、新曲が「happy ending」というのは出来過ぎ。まあよく考えずともビーイングGIZAは最後に終わりを匂わせるような曲を出してくる会社だったんだよな。

小松未歩ベスト~once more~

印象度★★★★★

戻る