新人クレバ

No タイトル 作詞 作曲 備考
Dr.K KREVA KREVA  
DAN DA DAN feat.CUEZERO KREVA,CUEZERO KREVA,CUEZERO  
音色 KREVA KREVA 1stシングル(メジャー) 最高9位 売上6.5万枚
あ・ら・ら・Take you home KREVA KREVA  
お祭りクレバ KREVA KREVA  
ファンキーグラマラス
feat.Mummy-D from RHYMESTER
KREVA,Mummy-D KREVA,Mummy-D 3rdシングル(カット) 最高25位 売上0.6万枚
スタンド・バイ・ミー feat.KANA from THC!! KREVA KREVA  
Skit/Dr.K診療所      
WAR WAR ZONE feat.CUEZERO KREVA,CUEZERO KREVA,CUEZERO  
10 You are the NO.1<Hey DJ> feat.BONNIE PINK KREVA KREVA  
11 You know we rule feat.NG HEAD KREVA,NG HEAD KREVA,NG HEAD  
12 希望の炎 KREVA KREVA インディーズシングル 限定生産
最高17位 売上1.5万枚
13 ひとりじゃないのよ(Album Version)feat.SONOMI KREVA,SONOMI KREVA,SONOMI 2ndシングル 最高18位 売上2.0万枚
<Bonus Track>
14 Baby Dancer/Home Grown Remix KREVA KREVA,K Kamishiro 『元・新人クレバ』には未収録

リリースデータ

2004年11月3日
2006年2月1日(限定再発売)
初登場4位
初登場47位
売上13.1万枚
売上1.0万枚
Produced by KREVA ポニーキャニオン

活動休止中のKICK THE CAN CREWのKREVAのソロ1stアルバム。ソロ活動では3人ともKICKとはレコード会社が違い、それぞれ別々に移籍しているようだ。ソロ第1弾『希望の炎』(厳密には90年代後半、KICK結成前からインディーズでリリースはしていたらしいが)はインディーズでのリリースで100980枚限定とかだったがオリコンでは数字が枚数より上に…。メジャー1枚目『音色』はロングヒットし3人のソロ活動の中では最もヒットしている。アルバムではKICK時代(てか幼馴染)からよくコラボレートしていたCUEZEROを始めとして半数近くはゲストを呼んでいる。またサビなどで女性ボーカルを入れている曲が多い。06年2月1日の2ndアルバム『愛・自分博』と同日に『元・新人クレバ』として2100円の低価格で限定再発売した。ただしこの再発売版にはボーナストラックは入っていないらしい。

KICKのトラックメイカーだっただけにサウンド的にはKICKに一番雰囲気が近い気がする。シングルに関してはKICKよりポップで聞きやすい。休止前最後のアルバムでは音数をそぎ落としたシンプルなサウンドに傾倒していたがソロではさらにその傾向を推し進めていて少ない音数ながら非常に凝ったバックトラックが楽しめる(てかこの人かなり才能ある凄い人なのでは?と今更気づいた)。曲調も何気に幅広くかなり自由にやっている印象。とにかく遊びつつも真剣に作っているのがよく分かる。シングル曲は実にメロディアスな曲だったがアルバムではラップそのままのメロ路線ではない曲も多く、シングル路線を期待しすぎると少々期待はずれかもしれない。しかし、どの曲もだいたい3分台で短く全体でも45分程度なので退屈せずにあっさりと聞けるのでくどくなくこの点は非常に良い。ラップ系が苦手な人でもわりと聞けるのではないだろうか。

新人クレバ        元・新人クレバ 『元・新人クレバ』

印象度★★★☆☆

戻る