風の中の行進

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
それぞれ 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良  
一期一会 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良  
風の記憶 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良 7thシングル『新しい私になって』C/W(カット)
明け方の操縦士 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良  
戦いの矛盾(album version) 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良 5thシングル 最高125位 売上0.08万枚
囃子唄(album version) 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良 5thシングルC/W
流星(album mix) 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良 6thシングル 最高161位 売上0.06万枚
天命 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良  
ノラ猫みたいに 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良  
10 顕微鏡 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良  
11 しんきろう(album version) 熊木杏里 熊木杏里 吉俣良 6thシングルC/W

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2006年9月21日 初登場229位 売上0.09万枚 Produced by 熊木杏里 キングレコード

熊木杏里3rdアルバム。06年になって発売された3シングルを収録。「流星」はミックス変更のみだが後の3曲はアルバムバージョンとしてシングルとはアレンジが変わっている。「風の記憶」は今作の次のシングルのC/Wにシングルカットされている。09年時点の解説や当時のインタビューはこちら

前2作が内省的で暗かったのに対して確実に前へ動き出したことを感じる1作。まさにタイトル通りであるが、さわやかな風が吹き抜けていくような特に冒頭4曲は開放的だ。5thシングルに関しては前作の延長に近い内容だったためか、アレンジを変更して収録しているのでシングルバージョンよりも聞こえ方は明るい。暗いところに共感していたファンはここからの劇的な変化には少し戸惑いもあるかもしれないが、そもそもにじっくり聞かない限りはメロディーとかアレンジそのものが劇的に変わったわけではないので、変わったというほど変わった感じがしないかもしれない。ぶっちゃけかなり地味な作風なので聴き手を強烈に引きつけるようなヒット性のある曲は皆無である。世界観などトータル的な面で歌詞を眺めつつ聞くと見えてくるので流し聞き程度ではこのアルバムでの変化は感じにくいと思う。そういう意味で歌詞に共感できるかが重要かも。当時のキャッチコピーが「全ての後ろ向きな若者たちへ」とあるようにそういった若者には物凄く響く名盤だと思う。

風の中の行進

印象度★★★☆☆

戻る