フロム イエスタデイ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史、桑田佳祐、藤井丈司 1stシングル 最高2位 売上34.9万枚
いつか何処かで(I FEEL THE ECHO) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史、桑田佳祐、藤井丈司 2ndシングル 最高2位 売上26.4万枚
SHE'S A BIG TEASER Tommy Snyder,
桑田佳祐
桑田佳祐 桑田佳祐、藤井丈史、
S.Merendino、T.Bone Wolk
2ndシングルC/W
LADY LUCK Tommy Snyder 桑田佳祐 桑田佳祐、
Jimmy Bralower,Jeff Bova
1stシングルC/W
BLUE〜こんな夜には踊れない 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史、桑田佳祐、藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲
誰かの風の跡 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史、桑田佳祐、藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲
BAN BAN BAN 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 1stシングル 最高3位 売上45.1万枚
スキップ・ビート(SKIPPED BEAT) 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 2ndシングル(3rd同発) 最高1位 売上35.5万枚
MERRY X'MAS IN SUMMER 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND KUWATA BAND 3rdシングル(2nd同発) 最高3位 売上31.5万枚
10 ONE DAY 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 4thシングル 最高1位 売上19.8万枚
11 SHE'LL BE TELLIN'
(真夜中へデビューしろ!!)
Tommy Snyder KUWATA BAND KUWATA BAND KUWATA BAND アルバム『NIPPON NO ROCK BAND』収録曲
12 YOU NEVER KNOW
(恋することのもどかしさ)
Tommy Snyder KUWATA BAND KUWATA BAND KUWATA BAND アルバム『NIPPON NO ROCK BAND』収録曲
13 RED LIGHT GIRL
(街の女に恋してた)
Tommy Snyder KUWATA BAND KUWATA BAND KUWATA BAND アルバム『NIPPON NO ROCK BAND』収録曲
14 北京のお嬢さん 桑田佳祐 桑田佳祐 SUPER CHIMPANZE SUPER CHIMPANZE シングルC/W
15 クリといつまでも 桑田佳祐 桑田佳祐 SUPER CHIMPANZE SUPER CHIMPANZE シングル 最高10位 売上7.3万枚

リリースデータ

1992年6月27日
2001年6月25日(リマスター再発)
初登場4位、最高2位
初登場96位
売上110.9万枚
売上0.3万枚
Produced by 桑田佳祐 ビクター

桑田佳祐1stベストアルバム。この時期はサザンとして活動しており、3ヵ月後にはサザンの『世に万葉の花が咲くなり』がリリースされている。この時期はソロ活動はしていなかったが、86年〜91年にかけてのKUWATA BAND、ソロ、SUPER CHIMPANZEのシングルを中心にソロワークスの集大成としてリリースされた。このタイミングでは既に当時もCDで発売されていたKUWATA BAND、ソロ1stアルバムが改めて再発されている。KUWATA BANDのシングル4作は今作で初CD化となった事もあり、ソロでは初のミリオンを突破した。01年のソロ&KUWATA BAND作品一斉リマスター再発の際には、01年当時はベスト盤が今作しか無かった事、サザン『TSUNAMI』ヒット以降で若い新規ファンが増えたこともあって、唯一100位以内にランクインを果たしている。しかし02年に『TOP OF THE POPS』がリリースされた時点でほぼ役目を終えた。現在今作でしか聞けないのはC/W曲である3曲のみである。01年リマスター盤の初回盤はスリーブケース付。

KUWATA BANDからソロ1stアルバムにかけてはレコードからCDの移行期だった。当時はカセットやレコードで発売され、後からCDで発売されたり、最初からレコードだけだったりと作品ごとに発売方針もバラバラだったようだ。最終的にレコード発売が無くなり、完全にCDに移行が完了して状況が落ち着いた92年になってCDとしてシングルA面全曲+αを1作にまとめたというのが今作の発売意味だったと思われる。一応87年からの5年間とはいえ、作品数を見るとシングルは7作、オリジナルアルバム2作、ライブアルバム1作であり、非常に早すぎるベスト盤に思えるが、これでもミリオン売れた事からも当時の存在意義はかなり大きかったと思われる。

ただ01年の『TOP OF THE POPS』はほぼ今作をやり直して00年までを加えた拡大版のような作品になり、他のアルバムでは聞けないのはC/W3曲だけになってしまった。01年には今作もリマスター再発されたが、C/W3曲のためだけに存在価値を残しているので正直微妙なところはある。KUWATA BANDのC/Wを収録していれば(結果的にリマスターでも重複してしまうアルバム曲は外して最初からA面B面コレクションに徹していれば)良かったのに…。

なお01年にはKUWATA BAND4作、SUPER CHIMPANZE、ソロ1st〜5th「祭りのあと」までのシングル盤も全て12cmマキシとしてリマスターで再発されている。現在廃盤になっているものもあるため入手は容易ではないが、同じ01年リマスター音源がシングル盤として存在する以上、C/Wを聞くのが目的ならシングルを片っ端から集めてしまうと今作は完全に不要となる。2012年の3作目のベスト『I love you-now&forever-』ではKUWATA BANDとSUPER CHIMPANZEがスルーされるので、そちらしか持っていない場合は、今作を手に取るのもありだとは思うけど、その場合でも『TOP OF THE POPS』の方が探しやすさの面でも中古価格の面でも格段に入手しやすかったりするのでやはり今作を取るメリットがあまり無い。

フロム イエスタデイ リマスター盤 

印象度★★★☆☆(基本的に役目を終えた作品)

戻る