TOP OF THE POPS

DISC-1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
波乗りジョニー 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 6thシングル 最高1位 売上111.1万枚
黄昏のサマー・ホリデイ 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 6thシングルC/W
白い恋人達 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 7thシングル 最高1位 売上123.1万枚
踊ろよベイビー1962 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 7thシングルC/W
桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 4thシングル 最高4位 売上34.9万枚
哀しみのプリズナー 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史with桑田佳祐、藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲
BLUE〜こんな夜には踊れない 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史with桑田佳祐、藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲
悲しい気持ち(JUST A MAN IN LOVE) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史with桑田佳祐、藤井丈司 1stシングル 最高2位 売上34.9万枚
JOURNEY 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 2ndアルバム『孤独の太陽』収録曲
10 飛べないモスキート(MOSQUITO) 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 2ndアルバム『孤独の太陽』収録曲
11 真夜中のダンディー 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&片山敦夫 3rdシングル 最高1位 売上71.1万枚
12 可愛いミーナ 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐 8thシングル『東京』C/W
13 素敵な未来を見て欲しい 桑田佳祐&
サザンオール
スターズ応援団
桑田佳祐 桑田佳祐 新曲

1=管編曲:山本拓夫、弦編曲:島健
2=英語補作詞:岩本えり子、弦編曲:島健
3=弦&管編曲:島健
12=弦編曲:島健

DISC-2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
MERRY X'MAS IN SUMMER 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND KUWATA BAND 3rdシングル(2nd同発) 最高3位 売上31.5万枚
BAN BAN BAN 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 1stシングル 最高3位 売上45.1万枚
スキップ・ビート(SKIPPED BEAT) 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 2ndシングル(3rd同発) 最高1位 売上35.5万枚
ONE DAY 桑田佳祐 桑田佳祐 KUWATA BAND KUWATA BAND 4thシングル 最高1位 売上19.8万枚
桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 2ndアルバム『孤独の太陽』収録曲
いつか何処かで(I FEEL THE ECHO) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史with桑田佳祐、藤井丈司 2ndシングル 最高2位 売上26.4万枚
遠い街角(THE WANDERIN' STREET) 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史with桑田佳祐、藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲
誰かの風の跡 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史with桑田佳祐、藤井丈司 1stアルバム『Keisuke Kuwata』収録曲
クリといつまでも 桑田佳祐 桑田佳祐 SUPER CHIMPANZE SUPER CHIMPANZE シングル 最高10位 売上7万枚
10 奇跡の地球<桑田佳祐&Mr.Children> 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史&Mr.Children 桑田佳祐&Mr.Children シングル 最高1位 売上171.7万枚
11 光の世界<桑田佳祐&奥田民生> 桑田佳祐 桑田佳祐 小林武史&桑田佳祐 初CD化
12 ヨイトマケの唄
(Live at パシフィコ横浜国立大ホール)
丸山明宏 丸山明宏 桑田佳祐 初CD化 美輪明宏のカバー
13 祭りのあと 桑田佳祐 桑田佳祐 桑田佳祐&小倉博和 5thシングル 最高2位 売上81.1万枚

3=管編曲:新田一郎
10=英語補作詞:TOMMY SNYDER

リリースデータ

2002年11月27日 初登場1位 初動96.1万枚、売上164.6万枚 ビクターエンターテイメント

メンバー

KUWATA BAND
Vocal 桑田佳祐
Guitar,Vocal 河内淳一
Drums,Vocal 松田弘
Percussion,Vocal 今野多久郎
Keyboard,Vocal 小島良喜
Bass,Vocal 琢磨仁

 

SUPER CHIMPANZEE
Vocals 桑田佳祐
Keyboards 小林武史
Guitar,Backing Vocals 小倉博和
Guitar 佐橋佳幸
Computer Operation,
Backing Vocals
角谷仁宣

桑田佳祐2ndベスト盤。92年の『フロム イエスタデイ』に続くベスト盤だが、当時は今作が初の本格ベストとも銘打たれており、『フロム イエスタデイ』はレコード時代の音源をまとめたコンピ盤のような位置づけとして扱われていた。『フロム イエスタデイ』とはKUWATA BAND、SUPER CHIMPANZE、ソロ1st2ndのA面曲と「BLUE〜こんな夜には踊れない」「誰かの風の跡」が重複している。3rdアルバム『ROCK AND ROLL HERO』とは対になるアルバムとされていたので、『ROCK AND ROLL HERO』からの選曲は無い。シングルA面では「祭りのあと」「波乗りジョニー」「白い恋人達」「可愛いミーナ」の4曲がアルバム初収録となった。「黄昏のサマー・ホリデイ」「踊ろよベイビー1962」「奇跡の地球」「光の世界」「ヨイトマケの唄」そして新曲の「素敵な未来を見て欲しい」現在も今作のみのアルバム収録となっている。『ROCK AND ROLL HERO』の不振から一転して余裕のミリオンセールスを突破し、ソロでは最大のヒット作となった。初回盤はスリーブケース入りで、CDケースが2枚別々に入っていてブックレットも2冊に分かれている。通常盤は通常10mmサイズの2枚入りケース収納でブックレットも1冊にまとめられている。

3期ソロ活動で桑田ソロ作品に初めて触れた人には決定盤的内容だった。時系列ではないものの、一応ある程度は時期ごとに固まっているので、1期2期のソロ活動やその他のバンド活動は新鮮に聞こえた。2012年のベスト盤『I LOVE YOU-now&forever-』ではこのバンド活動の方が触れられていない上に、需要も高い「奇跡の地球」はアルバム収録は今作のみでミスチルサイドでも一切スルーされているため、今作の存在価値に揺らぎはない。新曲「素敵な未来を見て欲しい」もポップサイド最高峰なシングル級の名曲だし、恐らく今後は中古で格安でゴロゴロ転がると思われるので、『I LOVE YOU-now&forever-』で初めて桑田ソロに触れた人も、是非手に取ってみてほしい1作である。

TOP OF THE POPS

印象度★★★★★

戻る