The Best of L'Arc-en-Ciel 1998-2000

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 DIVE TO BLUE hyde tetsu L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 9thシングル 最高1位 売上85.9万枚
2 HONEY hyde hyde L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 10thシングル 最高1位 売上123.8万枚
3 侵食〜lose control〜 hyde ken L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 11thシングル 最高2位 売上93.8万枚
4 花葬 hyde ken L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 12thシングル 最高4位 売上105.0万枚
5 snow drop hyde tetsu L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 13thシングル 最高1位 売上114.6万枚
6 forbidden lover hyde ken L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 14thシングル 最高1位 売上83.9万枚
7 HEAVEN'S DRIVE hyde hyde L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 15thシングル 最高1位 売上112.4万枚
8 Pieces hyde tetsu L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 16thシングル 最高1位 売上73.5万枚
9 trick yukihiro yukihiro L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 7thアルバム『ray』収録曲
10 Driver's High hyde tetsu L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 17thシングル(カット) 最高2位 売上34.0万枚
11 LOVE FLIES hyde ken L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 18thシングル 最高1位 売上51.4万枚
12 NEO UNIVERSE hyde ken L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 19thシングル 最高1位 売上110.4万枚
13 finale hyde tetsu L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 19thシングル両A面曲
14 STAY AWAY hyde tetsu L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 20thシングル 最高2位 売上73.4万枚
15 get out from the shell-asian version- hyde yukihiro L'Arc-en-Ciel 8thアルバム『REAL』収録Ver.
20thシングルC/Wの英語詞バージョン

co-arranged by 吉澤瑛師(10)

Special DVD(初回盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Lies and Truth[VIDEO CLIP] hyde ken L'Arc-en-Ciel&西平彰 6thシングル 
2 夏の憂鬱[time to say good-bye][VIDEO CLIP] hyde ken L'Arc-en-Ciel&西平彰 3rdシングル(リメイク、カット)
3 風の行方[VIDEO CLIP] hyde ken L'Arc-en-Ciel 2ndアルバム『Tierra』収録曲

リリースデータ

2003年3月19日 初登場4位 売上19.3万枚 Ki/oon Records

メンバー

vocal hyde
guitar ken
bass tetsu
drum yukihiro

L'Arc〜en〜Ciel3rdベストアルバム。3枚同時発売。今作には98年中盤〜00年までの9〜20thシングル及びアルバム曲が時系列に収録されている。00年までに区切られており、この時点での最新作で01年にリリースされた「Spirit dreams inside-another dream-」は選曲対象外で未収録。『Clicked Singles Best 13』から2年ぶりのアルバムだったが、これで2連続のベストアルバムとなってしまい、当時活動休止中で本人稼働もなく、メンバーもリリースには関与しておらず、今作発売時点では今後の動向も不明のままだった(同年に活動が再開されライブが行われたがこの時点では何も発表されていなかった)。このため3作とも売上不振に陥った。3作の中では今作が順位、売上共に最も高かった。ブックレットにはメジャー以降のシングル・アルバム・映像作品のディスコグラフィーが掲載されているがこれ以外に画像が一切使用されず、作詞作曲編曲表記以外は細かいサポートミュージシャン表記が無く、現メンバー表記のみ。スタッフクレジットは今作のジャケットデザイン担当者の表記のみでバンド名の表記も「〜」ではなく「-」で統一されている。

初回盤はDVD作品に使用されるトールケース仕様で94〜96年のMVを3曲ずつ収録したDVD付。「虹」以降のMVは『A PIECE OF REINCARNATION』、99年の『CHRONICLE』、01年の『CHRONICLE2』で商品化され今作時点でDVD化も完了していたが、sakura在籍時のMVはビデオシングルでリリースされた「眠りによせて」「and She Said」以外は商品化すらされておらず、全曲が初DVD化。07年には『CHRONICLE』シリーズに統合する形で『CHRONICLE 0 -ZERO-』がリリースされこの時期のMVは単独商品としてまとめられた。通常盤は普通のCDケース。

対象期間が3年間と前作より短いのにシングル曲だけでほぼ一杯になってしまっている辺り、この時期の多作っぷりを物語る。セールス全盛期だがこの時期は00年代以降に比べると意外とマニアックなシングル曲もどしどし出ていて、勢いで聞いているうちにこれもありだ、それもありだと納得していたが改めて聞くとよくこれ売れたな…という曲もけっこう多い。当時の記憶があればヒットパレード集なので聞きごたえがあるが、当時を全く知らないとちょっととっつきにくいところもあるかも…。またアルバム曲は2曲しか選ばれていない上に、実験作を展開していたyukihiro作品なのでアルバム曲に関しては今作では全く雰囲気を掴むことはできない。こちらはあくまでシングルコレクションとして捉えた方がいいと思う。

The Best of L’Arc~en~Ciel 1998-2000 (初回限定盤)         The Best of L’Arc~en~Ciel 1998-2000 (通常盤)

印象度★★★★☆

サイト初期の文章を2016.10.6全面修正

戻る