The Best of L'Arc-en-Ciel C/W

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Brilliant Years hyde hyde L'Arc-en-Ciel 2ndシングル『Vivid Colors』C/W
2 あなたのために hyde ken L'Arc-en-Ciel&西平彰 3rdシングル『夏の憂鬱[time to say good-bye]』C/W
3 I'm so happy hyde hyde L'Arc-en-Ciel&佐久間正英 4thシングル『風にきえないで』C/W
4 さようなら hyde hyde L'Arc-en-Ciel&小西貴雄 5thシングル『flower』C/W
5 賽は投げられた hyde ken L'Arc-en-Ciel&秦野猛行 6thシングル『Lies and Truth』C/W
6 THE GHOST IN MY ROOM hyde hyde L'Arc-en-Ciel&秦野猛行 7thシングル『虹』C/W
7 metroplis hyde ken L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 8thシングル『winter fall』C/W
8 Peeping Tom hyde hyde L'Arc-en-Ciel&岡野ハジメ 9thシングル『DIVE TO BLUE』C/W
9 a swell in the sun hyde yukihiro yukihiro 13thシングル『snow drop』C/W
10 花葬-1014 mix- hyde yukihiro re-mixed by yukihiro 14thシングル『forbidden lover』C/W
11 hole   yukihiro yukihiro 19thシングル『NEO UNIVERSE/finale』C/W インスト
12 get out from the shell hyde yukihiro L'Arc-en-Ciel 20thシングル『STAY AWAY』C/W

 

Special DVD(初回盤のみ)
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 flower[VIDEO CLIP] hyde hyde L'Arc-en-Ciel&小西貴雄 5thシングル 
2 Vivid Colors[VIDEO CLIP] hyde ken L'Arc-en-Ciel&西平彰 2ndシングル
3 and She Said[VIDEO CLIP] hyde hyde L'Arc-en-Ciel 2ndビデオシングル、2ndアルバム『heavenly』収録曲

リリースデータ

2003年3月19日 初登場8位 売上14.1万枚 Ki/oon Records

メンバー

vocal hyde
guitar ken
bass tetsu
drum yukihiro

L'Arc〜en〜Ciel4thベストアルバム。3枚同時発売。今作にはC/W曲をリリース順に収録。全曲アルバム初収録となり、オリジナル楽曲は全て網羅された。これ以外にC/Wではリミックス曲が10曲あったが「花葬-1014 mix-」のみ収録され残り9曲は未収録。『Clicked Singles Best 13』から2年ぶりのアルバムだったが、これで2連続のベストアルバムとなってしまい、当時活動休止中で本人稼働もなく、メンバーもリリースには関与しておらず、今作発売時点では今後の動向も不明のままだった(同年に活動が再開されライブが行われたがこの時点では何も発表されていなかった)。このため3作とも売上不振に陥った。ブックレットにはメジャー以降のシングル・アルバム・映像作品のディスコグラフィーが掲載されているがこれ以外に画像が一切使用されず、作詞作曲編曲表記以外は細かいサポートミュージシャン表記が無く、現メンバー表記のみ(1〜5まではドラムがsakuraだが表記無し)。スタッフクレジットは今作のジャケットデザイン担当者の表記のみ。またバンド名の表記も「〜」ではなく「-」で統一されている。

初回盤はDVD作品に使用されるトールケース仕様で94〜96年のMVを3曲ずつ収録したDVD付。「虹」以降のMVは『A PIECE OF REINCARNATION』、99年の『CHRONICLE』、01年の『CHRONICLE2』で商品化され今作時点でDVD化も完了していたが、sakura在籍時のMVはビデオシングルでリリースされた「眠りによせて」「and She Said」以外は商品化すらされておらず、全曲が初DVD化。07年には『CHRONICLE』シリーズに統合する形で『CHRONICLE 0 -ZERO-』がリリースされこの時期のMVは単独商品としてまとめられた。通常盤は普通のCDケース。

オリジナル曲のC/Wが網羅された今作だが、98年後半からC/Wはyukihiro担当&リミックスになってしまい、C/Wで新曲をほぼ作らなくなってしまったので98年前半までで8曲+yukihiro楽曲4曲という構成に。前半ほどバンドの勢いが良く出た楽曲が並ぶが、ポップでキャッチ―な楽曲を多く書いているtetsuの曲が1曲もなく、hydeとkenの曲だけになっているのでロック色が強い。さらに進むにつれてどんどん混沌としていくというか難解な雰囲気になっていく。パッと聞きだと出足はかなり好印象だがどんどんとっつきにくくなっていく一方という失速気味な印象のアルバムだった。慣れてくると後半にも聞きごたえが感じられるようになる。

また当時のyukihiroは1人だけヒットシングルを書こうというのではなく違う次元での楽曲制作を行っている印象で、実際にラスト4曲は実験性が極めて強い。C/W=実験、C/W=捨て曲というC/Wへの典型的イメージは個人的には90年代のリミックスばかりの小室系、A面とはかけ離れた楽曲が多かったGLAY、ミスチル、そしてラルクで固まったという側面が大きい。

The Best of L’Arc~en~Ciel c/w (初回限定盤) 初回DVD付   The Best of L’Arc~en~Ciel c/w (通常盤)

印象度★★★☆☆

サイト初期の文章を2016.10.8全面修正

戻る