ectomorphed works

No タイトル 作詞 作曲 re-mix 原曲
1 larva[ectomorphed long mix]   yukihiro yukihiro 6thアルバム『ark』収録曲 Instrumental
2 trick[new2 wave of japanese heavy metal mix] yukihiro yukihiro yukihiro 7thアルバム『ray』収録曲
3 花葬[0628 mix] hyde ken yukihiro 11thシングル
4 fate[everybody knows but god mix」 hyde ken yukihiro 5thアルバム『HEART』収録曲
5 浸食〜lose control〜[ectoborn mix] hyde ken yukihiro 12thシングル
6 a swell in the sun[system in chaos mix] hyde yukihiro yukihiro 13thシングル『snow drop』C/W
7 l'heure[quiet afternoon mix] yukihiro yukihiro yukihiro 7thアルバム『ray』収録曲
8 cradle[down to the moon mix] hyde yukihiro yukihiro 6thアルバム『ark』収録曲
9 真実と幻想と[out of the reality mix #2] hyde ken yukihiro 6thアルバム『ark』収録曲
10 metropolis[android goes to be a deep sleep mix] hyde ken yukihiro 8thシングル『winter fall』C/W

リリースデータ

2000年6月28日 初登場3位 売上22.8万枚 all re-mixed & produced by yukihiro Ki/oon Records

メンバー

vocal hyde
guitar ken
bass tetsu
drum yukihiro

L'Arc〜en〜Cielリミックスアルバム。98年の加入後、98年後半から主にC/Wでリミックス作品を発表し続けていたドラムのyukihiroが全曲のリミックスとプロデュースを担当している。このため実質yukihiroの単独のリミックス作品となっていて他のメンバーは参加していない。「larva」「a swell in the sun」「l'heure」の3曲は初リミックス、それ以外の7曲は既にC/Wでリミックスを発表済みの楽曲だが全て別バージョン。既にリミックスされた事がある曲に関してはバージョン名が一新されたリミックスバージョン名に新たな単語や数字が追記された続編的なリミックスがある。このように変更の度合いには差があるが、全曲が新規リミックスであり、既存のリミックス音源は収録されていない。初回盤はデジパック仕様。

99年中学3年生当時ラルクを聞いていた友人間でもC/Wに毎回リミックスを入れてくるyukihiroの評判は悪く、その集大成のような今作には拒絶反応を示す者が多く、スルー対象になっていた。確かにラルクの場合はソングライターが1人だけではなく、hyde、ken、tetsuがそれぞれヒット曲を連発していたし、yukihiro加入前はC/Wで新曲が聞けることが多かっただけに、途中から入ってきてC/W独占してリミックス連発っておま…ってな感じになるわけで、当時いくつか友人に借りたシングルに漏れなくC/Wがリミックスでガッカリしたのは記憶している。基本的にはyukihiroが展開しているリミックスはインダストリアル、トリップホップと形容される事が多いようで、当たり前だが当時エイベックス中心に展開していたパラパラとかユーロビート、トランスなどのアゲアゲ系のリミックスとは一線を画する。どの曲もマニアックかつ緻密な音作りがされているので、どっちみち普通にロックバンドとしてラルクが好きなファンとは方向性がかけ離れていて、このジャンルに関心が無いと厳しい。歌もほぼ解体され、原曲のイメージもだいぶ変わっている曲が多いし、リミックスされた音を楽しめない限りは良さを見出すのは至難だ。当時よりはまあこういうジャンルもあるんだなぁ…という感じでは聞けたけど、やはり好んで聞きたいジャンルではない。BGMとして聞くなら悪くは無いけどじっくりは無理。

何故か自身の作曲とkenの作曲しか選ばれておらず、hydeとtetsuの作曲作品が全く選ばれていないのも謎だが、リミックスに適合するのが自分の曲とkenの曲だけだったのだろうか…。kenの曲でもダークな雰囲気の曲ばかり選んでるし。そして今作を最後に連発されていたラルクにおけるyukihiroのリミックス展開は終了。ラルクのサイドプロジェクトにしてもこれではかけ離れていてソロ色が強すぎるし、以降のラルクは各々がソロデビューしたこともあってソロで自分の音楽を全面展開する事にしたようだ。04年のラルクの再始動以降はyukihiroの曲もA面曲として採用されるようになり、その時点で今作までで展開していたマニアックさは抜け去ってシングル向けな楽曲を作るようになったので結果的には良かったのかなと思う。

ectomorphed works  

印象度★★☆☆☆

2016.9.24更新

戻る