heavenly

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 Still I'm With You hyde ken LA'rc〜en〜Ciel  
2 Vivid Colors hyde ken 西平彰,LA'rc〜en〜Ciel 2ndシングル 最高16位 売上13.3万枚
3 and She Said hyde hyde LA'rc〜en〜Ciel 2ndビデオシングル 初CD化
4 ガラス玉 hyde ken LA'rc〜en〜Ciel  
5 Secret Signs hyde ken LA'rc〜en〜Ciel  
6 C'est La Vie hyde tetsu LA'rc〜en〜Ciel  
7 夏の憂鬱 hyde ken LA'rc〜en〜Ciel 3rdシングル(リメイク、カット) 最高15位 売上8.3万枚
シングルカット時には「夏の憂鬱[time to say good-bye]」に改題
8 Cureless hyde tetsu LA'rc〜en〜Ciel  
9 静かの海で hyde LA'rc〜en〜Ciel LA'rc〜en〜Ciel  
10 Tha Rain Leaves a Scar hyde ken LA'rc〜en〜Ciel  

リリースデータ

1995年9月1日 初登場3位 売上39.1万枚 Produced by L'Arc〜en〜Ciel
Co-Produced by 高橋"RANDY"和仁
Ki/oon Sony Records

メンバー

Vocal hyde
Guitar ken
Bass tetsu
Drums,Percussion sakura

LA'rc〜en〜Ciel2ndアルバム。前作から1年2ヵ月ぶり。2作目となるビデオシングル「and She Said」を初CD化で収録、「Vivid Colors」はシングルよりもアウトロが数秒長くなっている。「夏の憂鬱」はリアレンジされ、10月に「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」としてシングルカットされた。ビデオシングルは普及しそうになかったせいかこれにて廃止された。シングルはトップ10入りしていなかったが、今作は初のトップ3入り、3週連続トップ10入りを果たし、11月までランクインしていた。その後96年はランクインしていなかったが97、98年は何故か2年連続1〜5月にかけてランクイン、以降も時折100位以内にランクインし最終的に100位以内に56週ランクインした。

前2作を踏まえてより世界観を確立しつつ、メロディー、サウンド共により聞きやすさも増しているように思う。シングル曲のインパクトがまだそこまで強くないとはいえまだプロデューサーを1曲でしかつけていないのに各楽器の演奏の凝りようが半端なく、これで本当にメジャー2枚目なのかと。後はここでもうひと押し耳に残るメロディーのシングルでも出れば…という段階まで来たような印象で、まさにブレイク直前のような雰囲気(実際翌年にリリースされる3シングルはその点を踏まえたかのようなツボを押さえた楽曲でシングルでもトップ10ヒットを飛ばしている)。バランス的にもポップ寄りな次回作とポップ色の薄い前作との中間くらいだろうか。

heavenly   

印象度★★★☆☆

2016.7.14更新

戻る