LINDBERG]

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Monkey Girlの逆襲 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
Sugar free 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮 29thシングル 最高20位 売上3.6万枚
YAH! YAH! YAH! 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮 27thシングル 最高15位 売上7.9万枚
あなたの気持ち 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
水色の夏 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
Love is too late 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
ゆめ 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
ドーンとCry 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
明日は明日の風が吹く 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮 28thシングル 最高15位 売上4.7万枚
10 懲りない恋 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮 29thシングルC/W
11 velvet 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  
12 悲しきTUFF-MAN 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/神長弘一/月光恵亮  

リリースデータ

1997年6月18日 初登場4位 売上12.7万枚 Produced by 月光恵亮 テイチク

メンバー

Vocal 渡瀬マキ
Guitar 平川達也
Bass 川添智久
Drums 小柳“CHERRY”昌法

LINDBERG10thアルバム。97年は2月に「YAH! YAH! YAH!」、4月〜6月に「明日は明日の風が吹く」、「Sugar free」、今作と3ヶ月連続リリースを決行した。前年には人気が回復していたが、97年に入ってからの3シングルは全てトップ10圏外どころか最後のトップ20ヒットとなった。オリジナルアルバムでは今作が最後のトップ10入り。プロデューサーの月光恵亮はこれまで編曲では井上龍仁のペンネームで参加していたが今作以降は月光恵亮名義でアレンジに参加するようになった。今作リリース後は3ヵ月の全国ツアーを行い、その最終地点は日本武道館だったが、急速な人気の落ち込みにより、解散前の武道館クラスでのライブはこれが最後となった(09年の再結成で12年ぶりに日本武道館公演を行っている)。またこのツアーの終了後、10月に渡瀬マキと平川達也が結婚した

かわいらしい声でおふざけ気味の歌詞をにぎやかなサウンドに乗せて歌うというパーティーロック路線極まる。意外とギターが前に出ていたりとバンドサウンドがおざなりになっていない曲もあるので『Z』や『[』に比べるとかなり勢い自体は感じられる。しかしかつてのようなカッコいいロックバンドとしてのLINDBERGはほとんど聞く事ができない。「Sugar free」なんかはかなりヘビーなロックサウンドをやっており、演奏だけ聞くとシングルの中でも最も音が重いんじゃないかというくらいカッコいいんだけど、そこに乗っかっている歌詞はふざけまくりの代物で台無しになり、かなりの珍曲になってしまった。結婚を控えていた渡瀬マキは浮かれすぎてちょっとハイになってしまっていたのか、特に歌詞の面では暴走迷走のクライマックス。サウンド面ではロックあり、ポップありと多彩でけっこう楽しめるだけにもう少し歌詞に締まりがあればなぁ…と思う。結局今作以降人気は壊滅してしまうが、このノリは確かに初期からのファンにはキツかっただろうなと思う。それこそ完全に見切りをつけたくなるレベルで。『W』の頃LINDBERGに励まされていた10代も社会人になり現実に揉まれていたような頃に、そんな彼らを励ますような大人の苦みや深みとは真逆のお気楽なおふざけノリというのはついていけなくなって当然。ただここまでやりたい放題で曲調に幅のあるアルバムは他に無い。LINDBERGの迷走暴走というかアナザーサイド的なアルバムとして聞けばこれはこれで面白い1作ではある。

LINDBERG X

印象度★★★☆☆

戻る