LINDBERG]U

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG/前野知常  
君は知らない 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/前野知常  
Anyway you want 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/前野知常  
願いがかなうように 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/前野知常 31thシングル 最高40位 売上0.9万枚
自転車に初めて乗れた日 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/前野知常  
アタシは磨けば光るダイアモンドなのに 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/前野知常  
Brand new day 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG/前野知常  
いちばん大事なもの 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/前野知常  
東京ライフ 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG/前野知常  
10 この街で 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG/前野知常  
11 青い時計 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG/前野知常  

リリースデータ

1999年12月16日 初登場55位 売上0.6万枚 Produced by LINDBERG テイチク

メンバー

Vocal 渡瀬マキ
Guitar 平川達也
Bass 川添智久
Drums 小柳“CHERRY”昌法

LINDBERG12thアルバム。シングルは10月リリースの「願いがかなうように」1作のみ。渡瀬マキが第一子妊娠中の作品制作となり、出産直前に先行シングル「願いがかなうように」、11月に長男を出産した直後に今作が発売された。このため作品リリースのみで99年はライブ活動は休止した。これに伴うプロモーション不足もあったのか、売上が一気に壊滅。今作はいきなりトップ50にすら届かない事態となり、結果的にテイチクでの新作リリースは今作が最後となった。全てのベスト盤における選曲対象も今作までとなる。またデビュー以来のプロデューサーだった月光恵亮を離れて今作が初のセルフプロデュースとなった。

セルフプロデュースへ移行という大きな転換点を迎えているが(あと渡瀬マキも30代に突入)、作風としては前作の延長にあり、前作以上に原点回帰してストレートなロックサウンドが炸裂。今回は歌詞も応援歌的なものが増えており、最も初期を髣髴とさせる内容になっているのが嬉しい。個人的にはかなり好きな作品。まさに初期LINDBERGの進化系が今作であり、まだもう少し売れている間にこの路線に早く回帰していればあんなに人気を落とさずに済んだんじゃないかと思う。とはいえさすがにあの頃のような勢いはないし、今更応援歌路線に戻っても…というリスナーも当時多かったようだ。初期の頃のような中高生向けというよりかは"今もなお夢を追い続けている人へ"みたいな深みはあるんだけど、現実問題としてどうしてもこういった歌詞が刺さる人たちは少数派になってしまう。多くの夢は大人になるにつれてしぼんでいってしまうわけで、今作のポジティブさや前向きさ、前が見えなくてもあきらめないという思いはずっと聞いてきたリスナーにはいい年していつまでも何を言っているんだ?と冷めた目で見られてしまったりしてなかなか伝わらなかったんじゃないかと思う。後追いでまだ学生の頃に聞いた時は単純にストレートでいいなと思っただけだったんだけど、当時の渡瀬マキとほぼ同年代になって、まだあきらめないという歌詞を書けるというのは実は凄い事だし、強さだなと感じた。

LINDBERG XII

印象度★★★★☆

戻る