LINDBERG]W

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Mother-780218- 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG  
Wild Life-690810- 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  
you were there-690206- 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG 33rdシングル(同時発売) 100位圏外
16-840912- 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  
our love-690222- 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG  
Life Time 4pm-600915- 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG  
loving you-810514- 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  
Cap-770103- 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG  
Miss Understand-660305- 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  
10 Blue Beatle-380520- 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG  

リリースデータ

2002年1月1日 100位圏外 Produced by 木村敏彦 エフ・プランニング

メンバー

vocal 渡瀬マキ
guitar&chorus 平川達也
bass,chorus&manipulating degital treatment 川添智久
drums&chorus 小柳“cherry”昌法

LINDBERG14thアルバム。前年ポリドールに移籍したばかりでシングルアルバム1枚ずつしか出していなかったが、インディーズレーベルへ移籍。今回は共同アレンジャーからも離れており、1stアルバム以来のLINDBERG単独編曲となった。シングル「you were there」と同時発売。C/Wはアルバム未収録となったが、シングルも今作も100位圏外。プロデューサーとして表記されている木村敏彦は初期のころのスタッフの1人で初期のアルバムに彼の名前が記載されていた。また今作を引っ提げてのツアーは名古屋ボトムライン、福岡DRUM LOGOS、、大阪BIG CAT、東京SHIBUYA-AXのわずか4公演のライブハウスとかなり規模が縮小してしまっていた。

LINDBERGの中では最もクールで異色な作品。今作は身近な人など実在する他者それぞれを主人公にした、とされている。サブタイトルに数字が併記されているのは恐らく主人公の生年月日だと思われる。他者の人生や視点を歌詞にするという初めての経験は元来が恐らく前向きでイケイケな人であろう渡瀬マキの今までの歌詞とは全く質感が異なる新たな詞世界を生み出した。シングルとなった「you were there」はこれLINDBERGなのか?と思うほど無力感や哀しみに溢れ退廃的な空気が漂いつつも、確かに引き込まれるこれまでにない新境地的名曲。これ以外にも前向きやひたむきさ、そして中期以降顕著だったOLの日常的お気楽な恋模様とは真逆な世界観の曲が並ぶ。もちろん全部通して完全にらしさが無くなっているわけではないんだけど、今までになかった人生の深みが出るようになった事で、LINDBERGも随分遠くまで来たもんだ…と遠い目になる事必至。これまでにない新境地を確立し、「you were there」という末期屈指の名曲も生まれた一方で、全体的には無機質なせいもあり、一定の冷たいトーンで統一されつつもあまり印象が強くない。

LINDBERG XIV

印象度★★★☆☆

戻る