LINDBERG]X

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
Teenage Blue 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG 34thシングル 100位圏外
ドーナツ ラブ 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG  
It's too late 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG 35thシングル(カット) 100位圏外
適齢期 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  
Cola 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG  
Traveling 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG  
君がいた夏 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  
ever green 渡瀬マキ 平川達也 LINDBERG  
僕らずっと前途有望な若者なんです 渡瀬マキ 小柳昌法 LINDBERG  
10 Bad boys,Good friends 渡瀬マキ 川添智久 LINDBERG  

リリースデータ

2002年7月10日 100位圏外 Produced&Directed by LINDBERG+木村敏彦 クリエイティブ・フィーチャー・コンテンツ

メンバー

vocal 渡瀬マキ
guitar&chorus 平川達也
bass&chorus 川添智久
drums&chorus 小柳“cherry”昌法

LINDBERG15thアルバム。前作同様にインディーズレーベルからのリリース。大々的に解散を発表しての最後の作品となり、前作からわずか半年という早いペースでのリリースとなった。明確に明かされていないが、各楽曲は過去の楽曲の続編を描いたとされている。「It's too late」は8月にシングルカットされ、これが解散前の最終シングルとなった。SHIBUYA AXレベルまで落ちていたライブキャパも解散特需でなんとか渋谷公会堂まで会場キャパを引き上げたものの、今作もトップ100ランクインには至らなかった。

最後ということでだいぶLINDBERGらしさを意識しつつ、それ以上にラストアルバムというのが意識されている。まさに初期に10代だったリスナーが02年当時でだいたい30台くらいだったと思うんだけど主に彼らへ向けてのメッセージが詰まっている。最も明確に「SUNSET BLUE」の続編である事が分かる「Teenage Blue」に感傷的な気分になったリスナーも多い…かと思ったんだけどそもそもまともに今作聞いてもらえてないんだよな…。解散ライブでも「Bad boys,Good friends」しか歌わなかったって言うし…。末期の作品はどれもそうなんだけど渡瀬マキが喉を傷めていたのかなんなのか、ボーカルが元気さに欠けていたり、そもそもメロディー自体にインパクトが無くなってきているので、全体的に枯れてきている感じはありつつも永遠の少年性、少女性を訴えている辺りには最後までらしさを感じられる。それだけに全盛期を知るリスナーはこの最終到達点に何かしら感じるところはあるはずだ。ある意味限界を越えての解散だったような気もしなくもないが、実にラストらしいラストアルバムで幕を引けたというのは良かったと思う。

LINDBERG XV

評価★★★☆☆

戻る