IMAGE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 CALL FOR LOVE RYUICHI SUGIZO LUNA SEA  
2 Dejavu RYUICHI SUGIZO LUNA SEA  
3 MECHANICAL DANCE RYUICHI J LUNA SEA  
4 WALL RYUICHI SUGIZO LUNA SEA  
5 Image RYUICHI INORAN LUNA SEA  
6 SEARCH FOR REASON RYUICHI SUGIZO LUNA SEA  
7 IMITATION RYUICHI J LUNA SEA  
8 VAMPIRE'S TALK RYUICHI INORAN LUNA SEA  
9 SYMPTOM RYUICHI SUGIZO LUNA SEA  
10 IN MIND RYUICHI J LUNA SEA  
11 MOON RYUICHI SUGIZO LUNA SEA 1stアルバム『LUNA SEA』収録曲 リアレンジ
12 WISH RYUICHI&J J LUNA SEA  

リリースデータ

1992年5月21日
2007年1月24日(再発)
2007年12月7日(DVD付リマスター)
初登場9位
100位圏外
初登場189位
売上11.1万枚
-
売上0.1万枚
Produced:LUNA SEA MCAビクター
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

Vocal RYUICHI
Guitar,Violin SUGIZO
Guitar INORAN
Bass J
Drums、Percussion 真矢

LUNA SEA2ndアルバム。メジャーデビュー作。シングルはリリースせずにアルバムでデビューとなった。リード曲として「Dejavu」のPVが制作された。「MOON」は前作にも収録されていたが構成や歌詞に手を入れたリアレンジで再度収録された。メンバーは再録音やリメイクではなく本来の姿により近づけるためとコメントしていて、実際に今作のライナーには"前作では未完だった「MOON」の完成形"という一文があり今作が完成版のように扱われている(ベスト盤収録時も今作バージョンが採用される)。初回盤は透明帯仕様。いきなりのトップ10入りを記録、今作以降オリジナルアルバムは全てトップ10入りを果たしている。

07年1月には今作〜『LUNACY』までのメジャーでの6枚のオリジナルアルバムが再発された。この際は単なる再発で再結成も発表されていなかったが、8月には一夜限りの復活ライブが発表され、ライブ開催前の12月になって前作『LUNA SEA』も含めてオリジナルアルバム7作がTed JensenによるリマスターでDVD付で再発された。各DVDには該当時期のPVが収録され、今作には「Dejavu」のPVが収録されている。

前作の荒々しさも多分に残ってはいるが、より緻密な音作りがされ、RYUICHIの歌声含めて表現の幅が大きく広がった。メジャーの恩恵を存分に感じられる1作。実際凝りすぎて時間をかけすぎてしまい、最後は3つのスタジオで同時進行でレコーディングが進められていたという。濃厚な世界観は聞く人は選ぶとは思うし、個人的にも激しく叫びまくる曲や逆にスローで芸術性の高い曲になると苦手意識が強くなってくるので、結局シングル曲に近い方向性の「Dejavu」と「WISH」に行きついてしまうところはあるけれど、00年頃に初めて聞いた時よりはだいぶすんなり聞けるようにはなった。

なお「WISH」は後のベスト盤では『PERIOD』再録音バージョンでしか収録されていないので原曲は今作でしか聞くことができない。合唱パートがこのバージョンには無いので少し物足りなさも感じる。

IMAGE(DVD付)07年12月リマスターDVD付  IMAGE92年盤     IMAGE07年1月再発盤 

印象度★★★★☆

2017.6.6更新

戻る