STYLE

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 WITH LOVE LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  
2 G. LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  
3 HURT LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  
4 RA-SE-N LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  
5 LUV U LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA 6thシングルC/W
6 FOREVER & EVER LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  
7 1999 LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  
8 END OF SORROW LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA 7thシングル 最高1位 売上41.9万枚
9 DESIRE LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA 6thシングル 最高1位 売上58.8万枚
10 IN SILENCE LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA 8thシングル(カット) 最高2位 売上28.5万枚
11 SELVES LUNA SEA LUNA SEA LUNA SEA  

リリースデータ

1996年4月22日
2007年1月24日(再発)
2007年12月7日(DVD付リマスター)
初登場1位
100位圏外
初登場218位
売上72.3万枚
-
売上0.1万枚
Produced:LUNA SEA MCAビクター
ユニバーサル
ユニバーサル

メンバー

Vocal RYUICHI
Guitar,Violin SUGIZO
Guitar INORAN
Bass J
Drums 真矢

LUNA SEA5thアルバム。前作から1年半ぶり。前作以降の2シングルとC/W「LUV U」を収録。「LUV U」は表記は無いがアルバムバージョン。C/Wがアルバムに収録されるのはこれが最初で最後となっている。7月には「IN SILENCE」がシングルカットされ、以降はツアーを行っていたが、12月23日の横浜スタジアムでの野外ライブをもって1年間の充電期間に入るとして活動を休止した。シングルは連続で1位を獲得し、「DESIRE」は休止前最大のヒット作で現在も2番目のヒット作となった。アルバムでは初の1位を獲得。累計売上も前作をわずかに上回った。初回盤は恒例の透明帯仕様、ピクチャーレーベル仕様、またCDケースにシールが貼られている仕様で5種存在した。

07年1月には今作〜『LUNACY』までのメジャーでの6枚のオリジナルアルバムが再発された。この際は単なる再発で再結成も発表されていなかったが、8月には一夜限りの復活ライブが発表され、ライブ開催前の12月になって前作『LUNA SEA』も含めてオリジナルアルバム7作がTed JensenによるリマスターでDVD付で再発された。各DVDには該当時期のPVが収録され、今作にはシングル2曲のPVが収録されている。

前作からさらに高みへ登りつめようとしたと同時にこれ以上のものを作るには休止が必要という判断になってしまうほど出し切ったここまでの集大成にして到達点のような1作。前半を新曲で攻めて、シングル曲を後半に集中させているのも特徴。1曲目の「WITH LOVE」は抑えた曲調と歪んだサウンドで、中盤には「FOREVER & EVER」が10分に渡る超大作だったりもして前作に比べるとちょっととっつきにくい部分もある。前作と同じく活動再開〜終幕前後の頃に今作を聞いた時はとっつきにくいアルバムだなとしか思わなかったが、改めて聞くとそんなに分かりにくいわけではない。当時は休止明けのLUNA SEAの方が好きだったが、前作と今作が高い人気を誇るというのもようやく理解できるようになってきた。これぞLUNA SEAというのはやはり前作か今作であり、到達点としては今作だったんだろうなと思う。

STYLE(DVD付)07年リマスターDVD付  STYLE96年盤  STYLE07年1月再発盤 

印象度★★★★☆

2017.6.27更新

戻る