Selfish(Type-A,B,C,D)

CD(Type-A,B,C,D)
No No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
A B,C,D  
1 1 Selfish 秋元康 中村泰輔 中村泰輔 共通新曲
  2 絶望の入り口 秋元康 chalaza 野中“まさ”雄一 Type-Bのみ新曲
  2 やさしいサヨナラ 秋元康 春川仁志 若田部誠 Type-Cのみ新曲
  2 わがままなバカンス 秋元康 加藤菜津美 板垣祐介 Type-Dのみ新曲
2 3 タイムマシンなんていらない 秋元康 you-me you-me 3rdシングル 最高2位 売上7.9万枚
3 4 Sunday drive 秋元康 カワノミチオ カワノミチオ 2ndシングルAct.3のみC/W
4 5 セブンスコード 秋元康 渡辺淳 渡辺淳 4thシングル 最高4位 売上5.3万枚
5 6 冷たい炎 秋元康 山田高弘 山田高弘 3rdシングルType-DのみC/W
6 7 コンタクトレンズ 秋元康 渡辺和紀 渡辺和紀 4thシングルC/W
7 8 壊れたシグナル 秋元康 奥田もとい 渡辺和紀 3rdシングルC/W
8 9 I'm free 秋元康 菅井達司 菅井達司 3rdシングルType-CのみC/W
9 10 懐かしい初めて 秋元康 若田部誠 若田部誠 4thシングルType-BのみC/W
10 11 Flower 秋元康 若田部誠 若田部誠 1stシングル 最高1位 売上21.4万枚
11 12 頬杖とカフェ・マキアート 秋元康 平隆介 野中“まさ”雄一 1stシングルACT.1のみC/W
12 13 君は僕だ 秋元康 you-me 佐々木裕 2ndシングル 最高2位 売上17.1万枚 
13 14 風のアコーディオン 秋元康 カワノミチオ 佐々木裕 3rdシングルType-AのみC/W
14 15 右肩 秋元康 杉山勝彦 杉山勝彦 2ndシングルC/W

「右肩」Strinsg Arranged by 森祐太

DVD(Type-A,B,C)
No タイトル 備考
1 Selfish Music Video 新曲MV Type-A,B,C共通収録
Type-Aのみ
2 Making of Music Video MVメイキング映像
Type-Bのみ
前田敦子 first live"SEVENTH CHORD"at ZEPP Tokyo(part.1)
2 独り占め 4thシングルType-AのみC/W
3 タイムマシンなんていらない 3rdシングル
4   MC
5 風のアコーディオン 3rdシングルType-AのみC/W
6 I'm free 3rdシングルType-CのみC/W
7 右肩 2ndシングルC/W
8 君は僕だ 2ndシングル
9   MC
10 Flower 1stシングル
11 頬杖とカフェ・マキアート 1stシングルACT.1のみC/W
12 懐かしい初めて 4thシングルType-BのみC/W
13   サポートメンバーによるインスト
Type-Cのみ
前田敦子 first live"SEVENTH CHORD"at ZEPP Tokyo(part.2)
2 コンタクトレンズ 4thシングルC/W
3 遠回り 2ndシングルAct.1のみC/W
4   MC
5 冷たい炎 3rdシングルType-DのみC/W
6 ズブロッカとハネムーン 4thシングル劇場公開記念特別盤のみC/W
7 壊れたシグナル 3rdシングルC/W
8 セブンスコード 4thシングル
9 ダンディライオン いつ咲いた? 4thシングルType-CのみC/W
10 この胸のメロディー 1stシングルC/W
11   アンコール MC
12 やさしい気持ち 3rdシングルType-BのみC/W

リリースデータ

2016年6月22日 初登場8位 売上2.3万枚 Total Produce:秋元康 キングレコード

前田敦子1stアルバム。AKB48在籍中の2011年にソロデビュー。以降11〜14年にかけて1年に1作、合計4枚のシングルをリリースしていたが、2015年はリリースが無く、今作は最後のシングルから2年3ヵ月ぶりの音楽作品となる。自身が主演したドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』主題歌となった新曲「Selfish」、シングル表題曲4曲、C/W20曲から選ばれた9曲が収録されている。Type-Aは14曲だが、Type-B,C,Dは全15曲で2曲目に別々の新曲1曲が追加収録されている。Type-A,B,CにはさらにDVDが付属。「Selfish」はMVは3種共通で、Type-AにはMVメイキング、Type-B,Cには2014年4月3日Zepp Tokyoで行われたライブ「前田敦子 first live"SEVENTH CHORD"」の模様を2分割して全曲収録。Type-DはCDのみ。4種4パターン複数商法。4種とも初回封入特典としてメッセージカードが付属する。このメッセージカードでは以降もマイペースに音楽活動を継続する意向が綴られている。

シングルには毎回新曲が6曲入っていたが今回は2曲少ない新曲4曲でアルバムになってしまうという秋元康プロデュースお得意のアルバム錬金術が発動。しかも近年の48、46、Not yetとは異なり収録楽曲が大幅に異なるわけではなく、新曲1曲が入れ替わるだけなのが逆に辛い。これならNot yetみたいにC/W曲は各タイプ分散させて全種集めると全曲集になるという構成の方がまだマシだった。今作の場合、Not yet風にやるなら「Selfish」+表題曲4曲+「右肩」をまず最初に固め、C/W19曲から適当にもう3曲をチョイスしてこれも固定させ、全種共通曲9曲+残ったC/W16曲を4曲ずつ+新曲1曲ずつ(Type-Aのみ無し)の合計14曲(Aは13曲)とすれば全曲集になったのに…。

シングル表題曲では「Flower」以外はアップテンポやロックに挑んでいてまったりバラードイメージを回避しているが、C/W曲ではやはり「Flower」路線のミディアム〜バラードが多め。詳細な演奏クレジットは無いが作曲者がアレンジを兼任している曲ばかりなので恐らくアレンジャーの1人オケ制作による打ち込みと思われるがバンド風サウンドになっているものが多く、秋元系グループの面々に比べると落ち着いていて歌を聞かせる印象。ミディアム〜バラードが1番向いているとはいえ、アップテンポやロックも意外とハマっていて刺激的なだけにちょっとミディアム〜バラード系が多すぎてダレるところはあるかなと思う。

共通新曲「Selfish」
主演ドラマ『毒島ゆり子のせきらら日記』主題歌。深夜の昼ドラを掲げたドロドロディープなラブストーリーで役者としては新境地を切り開いたらしいけど、そんなドラマ主題歌だけあって楽曲にもこれまでにないアダルト感が漂う仕上がりに。セ〜ル〜フィ〜ッシュ♪と歌うサビ頭はなかなかインパクトがあるし、シングルで切ってもこれまでのシングル以上にインパクトがあったと思う。ただ楽曲はいいんだけど、歌声にセクシーさが皆無なのでアダルトな雰囲気があまり出てこない。逆にそこがいいのか。楽曲は昭和の場末感も漂っているがMVもそのまま場末感漂う仕上がり。声はともかくルックスはすっかり大人の女性になったなと思う。

Type-Bのみ新曲「絶望の入り口」
タイトル通りに人生に絶望している心情が描かれているというやさぐれ系ロックナンバー。前田敦子のけだるい感じの歌声は爽快なロックナンバーよりもやさぐれた雰囲気の方がハマるところがあると思う。声量が足りないのでサウンドに呑まれ気味になるというところはあるけどカッコいい。

Type-Cのみ新曲「やさしいサヨナラ」
失恋バラード。王道タイプのまったりバラードで他の新曲に比べるといかにもC/W用に用意された曲といった感じ。

Type-Dのみ新曲「わがままなバカンス」
80'sアイドル感が漂うリゾートアイドルポップナンバー。ここのところの秋元康は昭和懐古モードに突入しているのだろうか。

Type-A DVD Making of Music Video
このMVは特段長いわけでもないので、そんなメイキングなら通常10数分程度で終わりそうなものだが何故か25分近く収録されているのでMVに出てきた各シーンの撮影風景が細かく収録されている。とはいえそんなに面白いわけでも見どころがあるわけでもなく、通常ならカットして凝縮するところをしないで延々収録しているだけのような…。Type-Aはこれにしか価値が無いので10分程度でまとめるといくら何でもType-Aだけ苦情レベルに薄味になってしまうので収録時間を長くとったとしか。しかし無駄に時間を延ばすより新曲について語るとか、1stアルバム発売を踏まえてのインタビューとか全く入ってないのでそういうのに時間を割いてほしかった。

Type-B,C DVD 前田敦子 first live"SEVENTH CHORD"at ZEPP Tokyo
発売時点で2年前となるが、「セブンスコード」発売後に東京と大阪で2日間行われた1stライブの東京公演を全曲収録。今作発売時点で唯一の有料単独ライブとなる。ここで出てくる前田敦子と「Selfish」MVの前田敦子の印象はだいぶ異なる。当時すっかりAKB時代のアイドルっぽさは無くなったように思っていたけど(というかAKB48時代も「言い訳Maybe」や「River」の頃がアイドルかわいい時期のピークで以降は段々大人っぽく変化していった&ブレイクに伴うセンターの重圧で重たい空気をまとっていたような印象はある)、それでも「Selfish」に比べるとまだあどけなさというかかわいい雰囲気が残っているような…。

ライブ自体は元々が明るいタイプではないのでどうしても盛り上がりには欠けるし、かといって歌だけで熱心なファン以外を引き込むほどの魅力があるかというと…実にフツー。ただ前述のようにCDではバンド風の打ち込みサウンドだったものがのライブでは生バンドを従えているという事で、打ち込みのCD音源よりも上質な味わい+思ったほどヨレないそれなりなボーカル。少なくともAKB時代みたいにソロコーナーでカラオケバックに歌うよりも断然音楽を聞かせる装いになっていて好印象。

4種の中では新曲とDVDの内容を踏まえるとType-Bが1番良かった。やさぐれロック調の「絶望の入り口」は新鮮だし、DVDの方はライブとしては前半だが、「右肩」「君は僕だ」では感極まって涙し、その後のMCでファンへの感謝や思いを告げるなど淡々と進行する全体の流れの中で1番起伏があるというのも理由。

続けてType-D。新曲「わがままなバカンス」がこれまたバラードではないポップナンバーという事でそれなりにメリハリがある。とりあえずこれまでのシングル表題曲と「Selfish」聞きたいならどれ選んでもいいんだけど何よりCDのみなのでレンタル等で入手しやすい。

Type-Cは新曲「やさしいサヨナラ」が前田敦子の中では量産タイプに近いバラード系なのと、DVDはライブ後半なので本来もっと盛り上がるところなんだけど、前半で泣いてしまったせいか後半は普通に笑顔で乗り切っているため起伏が無く淡々としている印象でフツー。

Type-Aに関してはDVDのMVメイキングしか価値が無いので曲目当てなら手に取る必要が無い。

Selfish<Type-A>Type-A(DVD付)  Selfish<Type-B>Type-B(DVD付)  Selfish<Type-C>Type-C(DVD付)  Selfish<Type-D>Type-D(CDのみ)   

印象度★★★★☆

2016.9.7更新

戻る