太陽

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 彗星 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
2 キミノイイトコロ 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
3 PLEASURE 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之 23thシングル『桃』C/W(カット)
4 濡れひよこ 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
5 I ask. 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
6 WILD RABBITS 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
7 迷わない羊 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
8 Going Home 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
9 SIMPLIFY 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
10 太陽 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  
11 Ordinary Days 槇原敬之 槇原敬之 槇原敬之  

リリースデータ

2000年11月29日
2003年3月12日(DVD-AUDIO)
2012年11月14日(リマスター)
初登場4位 売上18.6万枚 Produced by NORIYUKI MAKIHARA ワーナーミュージックジャパン

槇原敬之10thアルバム。事件からの復帰第1弾新作として古巣のワーナーに戻ってのリリース。事件前にはソニーに在籍していたが、この年の春には先駆けてワーナーからシングルベストがリリースされていた。シングルで復帰の話もあったが本人の意向でアルバムになったという。そのためシングルなしの全曲新曲となっている。翌年の復帰シングル「桃」のC/Wとして「PLEASURE」がシングルカットされた。初回盤はスリーブケース仕様。ブックレットも別になっており少し大きめになっていた。03年には高音質のDVD-Audio盤としてもリリースされている。ステレオと5.1chサラウンドを選択可能で、映像機器と繋ぐことで曲目表示も可能。さらにDVD-AUDIO用に全音源が新たにミックスされており、特にDVD-Audio盤の「太陽」は序盤でもボーカル加工がされていない。2012年には1st〜7thまでと共にリマスター再発されている。先に発売されたWeb通販限定のBOXには収録されておらずここからの3作品は単品発売のみとなる。

全体的に改めて自分と向き合ったようなマジメな曲が多く事件を経ての反省や気づきを記したかのような歌詞も目立つ。かつてのようなラブソングやポップな曲はほとんどないがこれはこれで真剣に音楽と向き合って制作されたまとまったアルバムだと思う。曲調も何気に新しい方向性をやったりもしている。どこかうす〜くもやがかかったような雰囲気のアルバムだが10曲目のアルバム表題曲でもある「太陽」で全体にかかっていたもやが明けていく。「太陽」「Ordinary Days」からは確かな希望を感じられ、最後はすっきり聞き終えられるアルバムだ。ただ「太陽」にたどり着くまでがシリアスすぎて疲れてきてしまうので、ミニアルバムくらいの曲数でも良かったかも。

太陽     太陽 (03年発売DVD-Audio盤)  太陽 2012リマスター

印象度★★★☆☆

戻る