BEST OF BEST 1000 MANISH

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
声にならないほどに愛しい 上杉昇 織田哲郎 明石昌夫 2ndシングル 最高26位 売上19.5万枚
煌めく瞬間に捕われて 高橋美鈴・
川島だりあ
川島だりあ 明石昌夫 10thシングル 最高6位 売上43.2万枚
眠らない街に流されて 大黒摩季 織田哲郎 明石昌夫 5thシングル 最高18位 売上11.9万枚
もう誰の目も気にしない 小田佳奈子 西本麻里 明石昌夫 7thシングル 最高5位 売上19.0万枚
君が欲しい 全部欲しい 大黒摩季 織田哲郎 明石昌夫 4thシングル 最高14位 売上8.6万枚
明日のStory 高橋美鈴・
井上留美子
西本麻里 明石昌夫 8thシングル 最高19位 売上8.1万枚
走り出せLonely Night 高橋美鈴 栗林誠一郎 明石昌夫 9thシングル 最高18位 売上7.3万枚
だけど止められない 高橋美鈴 西本麻里 明石昌夫 6thシングル 最高17位 売上7.4万枚
素顔のまま KISSしよう 大黒摩季 西本麻里 明石昌夫 3rdシングル 最高34位 売上9.0万枚
10 恋人と呼べないDistance
(130 Brand-New Mix)
すみれ・
小田佳奈子
すみれ 明石昌夫 1stシングル 100位圏外
1stアルバム『MANISH』収録Ver.

リリースデータ

2007年12月12日 初登場190位、最高171位 売上0.5万枚(300位集計) B-Gram Records

メンバー

Vocal 高橋美鈴
Keyboards 西本麻里

1050円の廉価で10作まとめて発売された90年代ビーイングのBEST OF BEST 1000シリーズのMANISH版。02年〜03年にかけて発売されたat the BEING studioのさらに簡易版のような作品集でZYYG以外は収録曲含めて内容がかなり被っている。シングルサイズのジャケットでライナーノーツが付属されている。92年デビュー、96年の3rdアルバムリリースと公式サイトオープンを最後に何故か凍結。98年に初ベストと共に再始動宣言があったがそのまま音沙汰なしで正式な解散表明なしのまま姿を消している。ベスト盤は今回で3枚目でオリジナルアルバムと並んだ。シリーズの特設サイト(http://beinggiza.com/bob/index.html)も用意され、封入されているライナーノーツが発売間もなくして全作分公開されていたが、2016年後半になりサイトごと削除されている。

最初のベスト盤『MANISH BEST Escalation』に収録されていた全15曲の中からシングル曲(9曲)だけを抜き出して、デビュー曲を追加したのが今作の内容。ラスト2枚のシングルが収録から漏れている。ラスト2シングルと3rdアルバム収録曲では編曲を明石昌夫以外が手がけるようになっていたため、今作はそれ以前の明石編曲時代のみで構成されていることになる。とりあえずこれ聞くなら残り2枚のシングルに加えて、未発表曲までついてくる『at the BEING studio』聞けばいいんじゃないだろうか。3枚のベスト盤の中では価格以外にメリットが無く、最も価値が薄い作品。パッと聞くにはちょうどいいし、ヒット曲は押さえてあるのでお手軽ではあるが、他の歌手がアルバム曲やC/Wを1曲くらいは収録しているので、ヒットしてないデビュー曲は削ってアルバム曲にすれば良かったのに。MANISHに関してはとにかくビーイング王道ポップ。93年のポップ全開WANDSの女性版のようであり、ボーカルは大黒摩季のようでもあり、先人たちの売れ線な所をさらに抽出したような雰囲気である。どの曲も耳障りはいいが、何かその先が見えてこないというか、ビーイング王道以上でも以下でもなかったような感じ。

3ページに渡るライナーのタイトル部分の1ページ以外の白紙部分であるはずの残り2ページに何故か最初の2ページ分が同じ内容で印刷されているというミスプリントがある。また大黒摩季に関しては「作詞:ビーイング・スタッフ/大黒摩季」表記問題があり、以前『It's TV SHOW!!』というコンピ盤で「君が欲しい 全部欲しい」の作詞表記をこれに変更していたのだが、今回はat the BEING studioの時と同様に大黒単体表記となっている。

BEST OF BEST 1000 MANISH

印象度★★★☆☆

戻る