Cheer!

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
煌めく瞬間に捕われて 高橋美鈴・
川島だりあ
川島だりあ 明石昌夫 10thシングル 最高6位 売上43.2万枚
イラナイ 高橋美鈴 徳永暁人 古井弘人  
高橋美鈴 西本麻里 古井弘人  
眩しいくらいに…(Album Version) 高橋美鈴 西本麻里 古井弘人 10thシングル両A面曲 リアレンジ
せつない自由 小田佳奈子 西本麻里 古井弘人  
この一瞬という永遠の中で 牧穂エミ 西本麻里 葉山たけし 11thシングル 最高12位 売上7.9万枚
True Heart 高橋美鈴 西本麻里・
明石昌夫
明石昌夫  
気まぐれな空 高橋美鈴 西本麻里 古井弘人  
翼を探してる 小田佳奈子・
高橋美鈴
西本麻里 葉山たけし  
10 さよならLazy Days 小田佳奈子 西本麻里 古井弘人  
11 君の空になりたい 小田佳奈子 栗林誠一郎 池田大介 12thシングル 最高23位 売上3.8万枚

リリースデータ

1996年8月5日 初登場7位 売上17.0万枚 Produced by BMF ZAIN RECORDS

メンバー

Vocal 高橋美鈴
Keyboards 西本麻里

MANISH3rdアルバム。結果的に最終作品。アニメ「スラムダンク」EDとなった「煌めく瞬間に捕われて」は最大のヒットを記録。しかしそれまでの連続リリースから一転して、次の「この一瞬という永遠の中で」までは1年近いブランクがあった。今作後はそのままリリースが停止してしまう。同時期に当時としては新しかった公式ページを開設するなど時代の最先端を行っていたが、実際の活動は無く、2年後にベスト盤をリリースし、再始動をほのめかしていたが結局何もないままとなっており、現在も公式な活動終了宣言は出ていない(「日経エンタ」に既に2人とも業界を離れているとの記述があったのみ)。ライナーノーツが封入されているほか、今回のリリースリストはMANISHのディスコグラフィーになっており、シングルアルバムのジャケ写と収録曲が記載されている(1stシングルのみは速攻廃盤なので記載なし)。

今回はアレンジャーを変更して路線も大幅に変更。実際にベースやドラムまで生なのは終盤の7〜10(9は途中でドラム抜きになったらしくベースは入っているがドラムは無い)だけだが、これまで無かったアコースティックな質感があったり、やけにギターリフが効いていたりと全体的に生バンドっぽい質感のロックサウンドになっている。顕著なのがこれまでのサウンドだった「眩しいくらいに…」が全く違う暖かみのあるバンドアレンジになっているところだが、そうなってくると1番古い「煌めく瞬間に捕われて」は最大ヒット作にもかかわらず今回の作風の中ではかなり浮いている。この曲もそれまでのみっちり詰め込まれた音に比べれば、シンプルに抑えていて変化の兆しは見えるが、そこから1年のリリースが無い間にもっと大きな方向転換を図ったものと思われる。一気に開放的になり、体温を感じるような雰囲気になった。サウンドの方向性が綺麗に一直線だったこれまでから非常に多彩な感じになり、それでいてポップさは損なわれていない(試行錯誤が見えるような悩み系の歌詞やヘビーなサウンドにはなっていない)ので、区別がつかないこともなくなり最高傑作だと思う。この時期は大黒摩季やZARDもそれ以前よりもアナログな質感に変更しており、両者もこの時期以降の作風が1番好きだったが、今回のMANISHの路線変更は特に好きな方向性にドンピシャでハマっている。個人的にはこの路線でのMANISHの発展を聞きたかったし、本人たちももっとやる気だったんじゃないかと思うんだけど…何のアナウンスも無かったってどういうことなんだ…。

Cheer!

印象度★★★★★

戻る