Quiet Life

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム) 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 21stシングル(カット) 最高18位 売上10.2万枚
2 マンハッタン・キス 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 20thシングル 最高11位 売上20.8万枚
3 Forever Friends 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 22ndシングルC/W(カット)
94年再発盤シングル『本気でオンリー・ユー』C/W(カット)
4 COOL DOWN 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎  
5 After Years 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 17thシングル 最高55位 売上2.6万枚
6 THE CHRISTMAS SONG M.Torme R.Wells   21stシングルC/W(カット) ナット・キング・コールのカバー
7 告白 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 19thシングル 最高3位 売上38.5万枚
8 コンビニ・ラヴァー 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎  
9 ロンサム・シーズン 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 岡田有希子へ提供 セルフカバー
10 幸せの探し方 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 22ndシングル(カット) 最高42位 売上2.0万枚
11 シングル・アゲイン 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎 18thシングル 最高2位 売上53.9万枚
12 Quiet Life 竹内まりや 竹内まりや 山下達郎  

French Lyrics by Jiro Terao(10)
Orchestra Arrangement:服部克久(6)
Strings Arrangement:服部克久(11)

リリースデータ

1992年10月22日
1999年6月2日(92年盤再発)
初登場1位
-
売上115.5万枚
-
Produced by 山下達郎 MMG
ワーナー

竹内まりや8thアルバム。5年2ヵ月ぶりのアルバム。前作以降91年以外は年1、2枚のシングルリリースは継続しており、「シングル・アゲイン」では「不思議なピーチパイ」を大きく上回る最高売上を記録し、続く「告白」でもピーチパイに並ぶ売上を記録した。91年にリリースが無く、92年5月にリリースされた「マンハッタン・キス」では一転してトップ10落ちとなっていた。しかし今作では問題なく1位を獲得して、2作連続のミリオンヒットを記録。11月10日には早くも「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」がシングルカットされ、C/Wには「THE CHRISTMAS SONG」がカットされた。93年には「幸せの探し方」がシングルカットされ、C/Wとして「Forever Friends」がカットされた。「Forever Friends」は94年にA面扱いで再シングル化された『本気でオンリー・ユー』C/Wとしても再度収録された。今作は99年のレコード会社再編に伴い品番変更で再発されたのみ。また前作以降完全にレコードからCDへの切り替えが完了していたためレコードでの発売も無くなった。

前作と異なり今作はセルフカバーではなくオリジナル曲中心となり発売時点では半数以上が新曲というオリジナルアルバムらしいオリジナルアルバム。シングルカットが4曲相次いだので現在はそうでもないけど…。もうここまで来ると変わらぬ高値安定。聞き心地のいい竹内まりやらしい王道のポップスを次から次へと聞くことができる。「コンビニ・ラヴァー」のような少し遊び心を見せた曲が中盤過ぎで出てくるのもいいアクセントになっていると思う。

当時はまだユーミンやチャゲアスがトップを争っていた時代で、ドリカムやB'zなどもミリオン戦線の最上位で争うようになっていたので過渡期ではあったけど、今より圧倒的にヒットチャート上位が20代のミュージシャンで賑わうようになってきて、たぶん今作のような落ち着いた音楽は今思う以上に大人の音楽に感じられたんじゃないかと思うんだけどどうなんだろうか。

Quiet Life99年盤  Quiet Life92年盤 

印象度★★★★☆

2018.1.13更新

戻る