ダブル レインボウ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
今はレットイットビー 久保田洋司 BULGE BULGE・柳沢英樹  
HAPPY TO GO! コモリタミノル コモリタミノル コモリタミノル  
ソウルメイト 大友民男 安岡洋一郎 安岡洋一郎  
ダブル レインボウ 久保田洋司 岡ナオキ 岡ナオキ  
blue bird コモリタミノル コモリタミノル コモリタミノル  
風に任せて 久保田洋司 柳沢英樹 柳沢英樹  
砂を噛むように…NAMIDA 森村メラ Joey Carbone&
Kyoko Nitta
たいせい&小西貴雄 18thシングル 最高14位 売上1.9万枚
灯台 小林建樹 小林建樹 小林建樹  
引越せない気持 久保田洋司 柳沢英樹 柳沢英樹  
10 女 Day by Day 村井大 安岡洋一郎 安岡洋一郎  
11 笑顔 谷村有美 谷村有美 岡ナオキ 19thシングル 最高16位 売上1.2万枚

リリースデータ

2007年10月10日 初登場22位 売上1.2万枚 Artist Producer:HIROSHI TAKIGAWA Zetima

松浦亜弥4thアルバム。ベスト盤、企画盤がが続いたので正式なオリジナルアルバムは04年1月以来となった。公式ページでは何故か主演ミュージカルのサントラまで含めて7thアルバムなどと表記されている。2作連続で「砂を噛むように…NAMIDA」が収録されたが、前作はリメイクバージョン(アレンジャーも違う)だったので今作でシングルVer.初収録となる。またベスト投票漏れの14thシングル『YOUR SONG〜青春宣誓〜』、ベスト同時発売で投票対象外だった16thシングル『ずっと好きでいいですか』、ベスト後の17thシングル『気がつけばあなた』の3曲はアルバム未収録のままとなった。

21歳の等身大の松浦を表現したアルバム。アイドル低年齢化が進む今、完全に大人扱いされがちではあるが21歳はまだまだ若い。そういうわけで必要以上には大人っぽくはない。ここ数年徐々に大人っぽさを表現し始めていたが、今がようやく年齢相応に追いついたかな?という印象。曲の方はアップテンポらしいアップテンポは2曲程度。バラードばかりではないが、基本的には落ち着いている。またシングル以外はギター以外アレンジャーが手がけるという完全打ち込みサウンド。全体的な印象は統一感はあるが極めて薄味である。それなりにいい曲は並んでいるのだがこれといった曲がない。『引越せない気持』辺りは新鮮味もあるものの、結局のところシングル2曲に比べるとイマイチ。ここに来てつんく色を徹底排除するのはいいんだけど、未収録のシングルくらいは入れても良かったと思う。ボーカリスト松浦亜弥の魅力は堪能できるものの、肝心の楽曲群にやや魅力が無い…。歌手松浦亜弥のよほどのファンじゃない限りは、決して悪くはないけどそこまで良くも感じられないと思う。

ダブル レインボウ

印象度★★★☆☆

戻る