THE 二枚目

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
シャンパンの恋 つんく 今井千尋 鈴木俊介 13thシングル 最高25位 売上1.0万枚
涙の太陽 助川和子 中島安敏 鈴木Daichi秀行 12thシングル 最高15位 売上1.2万枚
エミー・ジャクソンのカバー
刹那さ Ranking 三浦徳子 たいせー たいせー  
チャンス of LOVE つんく つんく 鈴木Daichi秀行 9thシングル 最高10位 売上2.2万枚
キライ、スキ スキ スキ ホント、ウソ ウソ ウソ 三浦徳子 はたけ 矢野博康  
かわいい彼 つんく つんく 守尾崇 11thシングル 最高14位 売上1.8万枚
レモンタルト 今井千尋 今井千尋 鈴木俊介  
MI DA RA 摩天楼 つんく つんく 高橋諭一 10thシングル 最高15位 売上1.4万枚
愛してはいけない… 牧穂エミ はたけ K-Muto  
10 ラストシーン まこと はたけ K-Muto  
11 努力・系・美人 さいとういんこ たいせー 矢野博康  
12 THE 二枚目〜ON MY WAY〜 まこと、つんく たいせー 小西貴雄  

※シングル200位以内データ

リリースデータ

2004年12月1日 初登場28位 売上1.0万枚 Produced by つんく♂ Zetima

メンバー

柴田あゆみ
村田めぐみ
大谷雅恵
斉藤瞳

メロン記念日2ndアルバム。ハロプロが人気を下げる中でもこのグループだけは人気上昇していたがそれも前作がピークで徐々に減少傾向に。今作以降はリリースそのものが極端に鈍り、結果的に解散を発表した2010年までオリジナルフルアルバムは途絶える事になる(間にベスト2枚、ミニアルバム1枚)。今作ではつんくがあまり関与しなくなっていき、活動休止中のシャ乱Qメンバーが全員集合、さらに当時事務所が同じだったSomething ELseの今井千尋も作家として参加している。この次のシングルを最後につんくは完全に手を引いた。

全体的に大人っぽいセクシー路線へ向かった。少し年齢が上がると普通のポップスさえあまりやらなくなってつんくが得意なセクシー路線に走るのはハロプロ基本パターンで、この頃からその傾向は変わっていない。つんくの楽曲は2010年現在にモーニング娘。でメインにやっているのとさほど変わらない路線である。せっかくロック路線の『This is 運命』でブレイクし、ポップス路線の『赤いフリージア』で最高売上を記録したのに、そういった路線をやらずにこんな地味なシングルを連発すればそりゃピーク過ぎるよといった感じで2004年当時全く印象には残らないアルバムだった。しかし2010年になって聞いてみると近年のつんくの曲があまりにイマイチなので今作くらいならけっこういい方なのではないかと思えてきた。他の作家の曲が入っているのもいいスパイスになっているし、特に市井紗耶香 in CUBIC-CROSSでは結果を残せなかったどころか戦犯扱いされるほど実力の無さを露呈してしまっていたたいせーが1人だけ明るいポップス路線の曲を書いていて奮闘。結果的にアルバムの幅が広がっている。今作にロック路線は全く無いが、つんくを離れて以降最終的にはロックバンドとコラボするほどロックに傾倒するようになるという変化は面白いところだ。

THE 二枚目

印象度★★★☆☆

戻る