Me

No タイトル 作詞 作曲 プロデュース 備考
Tales...〜Me Ver.〜 misono misono 西川進 ミニベスト『Tales with misono-BEST-』収録曲
球魂〜やる気・元気・その木の根っこ〜 misono misono 久保田光太郎 12thシングル 最高40位 売上0.3万枚
「…好き×××」 misono 伊橋成哉 西川進 16thシングル 最高15位 売上0.7万枚
ウソツキ種 misono 野口耕一郎 江口亮  
0時前のツンデレラ misono 伊橋成哉 村田昭 16thシングル両A面曲(Piano Ver.)
Joker misono 佐々倉有吾 西川進  
天秤〜強がりな私×弱がりな君〜 misono misono 藤田顕 倖田來未×misono『It's all Love!』C/W
11 eleven misono 北野正人 久保田光太郎 6thシングル『ポチ』C/W
  end=START misono 西川進 西川進 13thシングル 最高19位 売上0.6万枚
前曲終了後、同じトラック内に収録されている
終点〜君の腕の中〜 misono 藤末樹 渡辺徹 13thシングル両A面曲
10 私色 misono 広瀬香美 井上慎二郎 15thシングル 最高34位 売上0.3万枚
11 ?cm〜misonoと二人三脚!パートナーVer.〜 misono misono 久保田光太郎 12thシングル両A面曲
12 music letter〜Me Ver.〜 misono misono 扇谷研人 11thシングルC/W
13 家族の日 misono 所ジョージ 井上慎二郎 11thシングル 最高23位 売上0.4万枚
14 「ミィ」〜Me Ver.〜 misono misono 藤田顕 14thシングル『うる星やつらのテーマ-ラムのラブソング-』C/W
Bonus Track
15 ラストタイム〜ロミジュリ〜 misono misono   アカペラ曲

リリースデータ

2010年6月30日 初登場20位 売上0.6万枚 エイベックス

misono3rdアルバム。カバーミニアルバム2作、ミニベストを挟んでほぼ2年ぶりのオリジナルアルバム。その間に発売されたシングルをC/Wまで収録したため純粋な新曲は3曲ポッキリとなった。11thシングル両A面曲「アブラゼミ♀(大阪バージョン)-ピアノ・バージョン-」は未収録。15thシングル両A面曲で、「私色」とは同じメロディーで作詞とアレンジが違う「僕らスタイル」も未収録。また14thシングル「うる星やつらのテーマ-ラムのラブソング-」はカバーミニアルバムの方に収録されたためここには収録していない。8トラック目は曲そのものは繋がっていないが(「11 eleven」終了してから「end=START」が始まる)トラックが一緒になっている。DVD付とファンクラブ限定版DVD付が発売されDVDの内容が違う。またファンクラブ限定版の「ラストタイム〜ロミジュリ〜」は台詞付となっているらしい。

一応バージョン違いが多くなっており、アレンジや構成が既に発表されているものとは違うものにして変化はつけている。とはいえ新曲3曲は…。収録時間がやたら長いのも久々のフルアルバムゆえだろうけどちょっと長い。恐らく詞の世界観が繋がっているので8トラック目をセットにしたのだろうけど今更07年の「11 eleven」まで引っ張ってこなくても…という気はする。サウンドの方向性は基本的に生音の激しいバンドサウンド中心で、misonoの個性全開の歌詞が乗っかっているというパターンで大きなブレはない。冒頭の「Tales...」もdatっぽかった原曲からソロっぽいロックサウンドにアレンジャーまで変えて変更しているのでアルバムとしては統一感がある。ただ11曲目あたりからはシンプルで少々変わった路線の曲が続くので、本編は10曲目で終了し、11曲目以降がボーナストラックという感じも。シングル曲をチェックしていなかった人には手っ取り早くこの2年間のシングルを聞けるのでいい1枚ではあるけど…どうも曲自体もロックなだけで前作ほどのインパクトが無くなってきているような気がする。ポツポツと耳に残る曲はあるし、相変わらず歌声は最高だし、少なくとも作詞と自身の作曲ではやりたいようにやっているんだろうけど、これじゃ売れないだろうという曲を平気でシングルにしたりしているし、それでいて売れないのをバラエティでネタにするとか何がしたいのかよく分からなかったりも…。

Me【ジャケットA】(DVD付) DVD付   Me【ジャケットB】 CDのみ 

印象度★★★☆☆

戻る