miwa THE BEST

DISC 1
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 don't cry anymore miwa miwa Quatre-M&NAOKI-T 1stシングル 最高11位 売上2.3万枚
2 リトルガール miwa miwa 片岡大志 2ndシングル 最高18位 売上0.8万枚
3 chAngE miwa miwa NAOKI-T 3rdシングル 最高8位 売上2.0万枚
4 オトシモノ miwa miwa 松浦晃久 4thシングル 最高14位 売上1.8万枚
5 春になったら miwa miwa L.O.E 5thシングル 最高11位 売上1.6万枚
6 441 miwa miwa NAOKI-T 6thシングル 最高7位 売上2.1万枚
7 FRiDAY-MA-MAGiC miwa miwa NAOKI-T 7thシングル 最高9位 売上1.9万枚
8 片想い miwa miwa NAOKI-T 8thシングル 最高7位 売上2.2万枚
9 ヒカリヘ miwa miwa NAOKI-T 9thシングル 最高4位 売上8.1万枚
10 ホイッスル〜君と過ごした日々〜 miwa miwa Quatre-M 10thシングル 最高4位 売上4.1万枚
11 ミラクル miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 11thシングル(限定) 最高6位 売上3.2万枚
12 Faraway miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 12thシングル 最高6位 売上3.0万枚
13 Kiss you miwa miwa NAOKI-T 12thシングル両A面曲
14 Faith miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 13thシングル 最高4位 売上4.6万枚

 

DISC 2
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 君に出会えたから miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 14thシングル 最高4位 売上3.4万枚
2 希望の環(WA) miwa miwa 松浦晃久 15thシングル 最高10位 売上2.6万枚
3 月食-winter moon- miwa miwa NAOKI-T 15thシングル両A面曲
4 fighting-φ-girls miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 16thシングル 最高5位 売上2.4万枚
5 360° miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 17thシングル 最高5位 売上3.1万枚
6 夜空。feat.ハジ→ miwa&ハジ→ miwa&ハジ→ 小高光太郎 18thシングル 最高8位 売上3.2万枚
7 ストレスフリー miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 18thシングル両A面曲(カット)
8 あなたがここにいて抱きしめることができるなら miwa miwa NAOKI-T 19thシングル 最高8位 売上2.8万枚
9 Princess miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 20thシングル 最高5位 売上2.5万枚
10 シャンランラン miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 20thシングル両A面曲
11 結-ゆい- miwa miwa NAOKI-T 21stシングル 最高9位 売上1.8万枚
12 シャイニー miwa miwa&NAOKI-T NAOKI-T 22ndシングル 最高12位 売上1.1万枚
13 We are the light miwa,her0ism&Tova Litvin her0ism 23rdシングル 最高10位 売上1.1万枚
14 アップデート miwa&NAOKI-T miwa&NAOKI-T NAOKI-T 24thシングル 最高11位 売上1.3万枚
Bonus Tracks
15 Unchained Love miwa,NAOKI-T&
藤林聖子
miwa&NAOKI-T NAOKI-T 3rd配信シングル 初CD化
16 アコースティックストーリー miwa&her0ism miwa&her0ism her0ism 4th配信シングル(先行配信) 初CD化
17 めぐろ川-original ver.- miwa miwa 片岡大志 1stシングルC/W

Horn & Strings Arranged by 金子隆博(BIG HORNS BEE)&NAOKI-T(4)
Strings Arrangement:NAOKI-T(8,15)、真部裕,NAOKI-T(11)

リリースデータ

2018年7月11日 初登場2位 売上4.6万枚 Produced & Directed by 吉竹直樹 Sony Records

miwa2ndベストアルバム。5万枚限定のバラードベスト『miwa ballad collection〜graduation〜』以来となるベスト盤だが、初のオールタイムベストアルバムとして扱われた。ここまでの全24作のシングルA面曲全28曲をリリース順に網羅。ボーナストラックとして、5月に配信シングルとして発売した「Unchained Love」、今作発売告知後先行配信としてリリースした「アコースティックストーリー」の2曲を初CD化で収録。「めぐろ川」は1stアルバム、バラードベストにstrings versionとして収録されていたが、今作には初出の1stシングルC/Wのオリジナルバージョンでアルバム初収録となった(当時は無かったoriginal ver.の表記が加えられた)。当時オリジナルアルバム未収録になっていた「Kiss you」、前オリジナル以降にリリースされた「シャイニー」「We are the light」「アップデート」がアルバム初収録

なお配信シングルのうち「アンダー・ザ・シー」「Live Fast Die Young」はシングルのC/WでCD化されているためか未収録。また「Unchained Love」は今作告知前に配信シングルとしてリリースされており、専用の配信シングル用ジャケット写真が用意されていたが、「アコースティックストーリー」は今作の先行配信としてリリースされたためジャケットは用意されず、今作と同じジャケット写真が流用されたという違いがある。帯や商品案内においては"新曲含む3曲"とされており、新曲扱いされているが、結果的に全て既出曲で今作が初出となる新曲は1曲も無い

完全生産限定盤はアナログサイズジャケット仕様。2010年ファーストツアーの復刻版Tシャツ付属、MV集『miwa clips vol.2』Blu-rayで付属する。
初回盤はMV集『miwa clips vol.2』がDVDで付属する。
通常盤はCDのみ。通常盤の初回仕様限定はランダムジャケット仕様でmiwaの視線が異なる数種類がランダムで出荷されている。目を閉じたバージョンがレアと公式に明記されている。

Blu-ray/DVDの『miwa clips vol.2』は2012年の1stMV集『miwa clips vol.1』の続編だが、その時点での全MVと撮り下ろしMV、メイキングを収録したvol.1と異なり、vol.2はvol1.以降で商品化されていないMV10曲のみの収録となっている(シングル初回盤DVDの内容がMVだったシングルは全て未収録)。

実質初のベストにしてシングルを網羅したオールタイムベストとして大々的に売り出されたものの、過去最低初動(初の3万割れ)となった。その後は限定だった『miwa ballad collection〜graduation〜』の売上は上回り、間もなく前オリジナルアルバム『SPLASH☆WORLD』にも迫る売上までは伸ばした。

紅白落選、シングルがトップ10落ちするようになる中で10周年まであと2年、前倒し10th Anniversary(10年目)までもあと1年を待てず、実質初ベストで初のオールタイムも何もないのにキラーワード"初のオールタイムベスト"を繰り出してしまうという正直待望のというよりも落ち目感漂う最後の花火狙いみたいなタイミングになってしまったが、ベストというよりコンプリートシングルコレクションだった。シングルよりファン人気の高いアルバム曲やリード曲なども一切収録せず、ここ2作のオリジナルアルバムがシングル大量収録のベスト盤状態だったので、いざベスト盤となってもやや味気無さが漂う事となってしまったが、24枚のシングルにはそれなりの歴史もあり、歴史と小ヒット曲を辿れる便利アイテムであることは間違いない。

初期はアレンジャーの1人だったNAOKI-Tが途中から完全にメインになり、やがて作曲が共作に、終盤にはついに作詞まで共作になってしまう…などシンガーソングライターとしては1人で曲が書けなくなってしまったのかと思ってしまうような流れがやはり印象的。共作になってより良い楽曲が生み出されていけばそれはそれでいいんだけど、今回改めて最初から聞くと初期7曲がそのままベスト7だった、ピークは初期7作だったと正直思ってしまった。この初期7作ではあくまでギターをメインとしたサウンドアプローチになっているため、かなりエレキギターが効いていてこの分だけ音に厚みがある。「ヒカリヘ」が最大のヒットになったが、これは完全なエレクトロ路線であり、その後エレクトロになったわけではないが、ギターは完全に引っ込んでしまい、どこかライトな音触りのアイドル的なポップナンバーか、ベタなバラードばかりになってしまう。最近どうも軽い感じの曲ばかりで印象に残りにくいなぁとは思っていたが、その"最近"が気が付けば丸々半分以上(DISC-1終盤から)になっていたのも改めて驚いた。それだけ初期を濃密に感じていたのかもしれないし、そういえば確かに2ndアルバムの頃はこの先にもとても期待していた。

ギターにこだわらなくなって確かに作風は幅広くはなったけど、軸としておくべき部分を捨て去って軸が無くなってしまったというか、共作連発でも一向にパッとしないまま気が付けばタイアップに追われ、制作に追われ…と全く進化や余裕を感じられなくなってしまった…となんとなくここ2枚のオリジナルアルバムでも思っていたけど、今作を一気に聞いたらより強くそう思ってしまった。

miwa THE BEST(完全生産限定盤)(Blu-ray Disc付)完全生産限定盤(Tシャツ+Blu-ray付LPサイズジャケット)   miwa THE BEST(初回生産限定盤)(DVD付)初回盤DVD付  miwa THE BEST通常盤  

印象度★★★★☆

2018.9.29更新

戻る