パラダイス・カフェ

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
1 旅人のうた(2nd Version) 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三 32ndシングル 最高1位 売上103.6万枚 別アレンジ
2 伝説 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
3 永遠の嘘をついてくれ 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三 吉田拓郎へ提供 セルフカバー
4 ALONE PLEASE 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
5 それは愛ではない 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
6 なつかない猫 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
7 SINGLES BAR 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
8 蒼い時代 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
9 たかが愛 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三 33rdシングル(カット) 最高32位 売上5.6万枚
10 阿漕の木の下で 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  
11 パラダイス・カフェ 中島みゆき 中島みゆき 瀬尾一三  

Strings Arrangement by David Campbell(7)

リリースデータ

1996年10月18日
1996年10月18日(APO-CD)
2001年6月20日(現行盤CD)
2008年11月5日(限定紙ジャケCD)
初登場7位
初登場20位
-
初登場287位
売上16.0万枚
売上4.1万枚
-
売上0.05万枚
Produced by 瀬尾一三、中島みゆき ポニーキャニオン
ポニーキャニオン
ヤマハミュージック
ヤマハミュージック

中島みゆき24thアルバム。前作以降シングルのリリースは無かったが、前作未収録でベスト盤『大吟醸』でアルバム初収録となっていた「旅人のうた」は別アレンジで収録。「永遠の嘘をついてくれ」は95年に吉田拓郎へ提供した楽曲のセルフカバー。06年の吉田拓郎とかぐや姫が行ったつま恋コンサートで吉田拓郎がこの曲を歌唱した際に、中島みゆきがこの1曲のためだけに無言でサプライズ登場して吉田拓郎と一緒に歌唱、曲が終わると一言も喋らずにそのまま無言で去っていくという1曲限りのゲスト共演を果たした。1ヶ月後の11月に「たかが愛」がシングルカットされた。今作がトップ10ヒットとなったことでオリジナルアルバム22作連続トップ10入りを達成したがこの記録は今作で途切れた。通常プレイヤーで再生可能ながら高品質な素材を使用して高音質化を図ったAPO-CDと同時発売。01年にヤマハから一斉再発されたものが現行盤。08年には紙ジャケで限定再発もされている今回入手したのはAPO-CD盤。図書館のCDがボロボロで高音質どころか後半再生不能になり、PCへの吸出しはかろうじて行えたので後半はFLAC音源をPCで視聴するという変則的な形で聞いた。

今作は国内制作の「伝説」「永遠の嘘をついてくれ」「蒼い時代」の3曲と、ロサンゼルス制作の残り7曲で構成されており、ロサンゼルス制作の楽曲はキーボードとプログラミングを除いて基本の演奏は現地ミュージシャンとなっているためクレジットに横文字が並ぶアルバムとなっている。このためかロックテイストの楽曲がこれまで以上にカッコいい。既にベスト盤に収録していたミリオンヒット「旅人のうた」を2nd Versionとしてリメイクして収録しているが、まずこの曲こんな良かったっけ?と驚いた。ドラマ『家なき子2』主題歌ということでミリオンにはなったものの、さほど印象的な楽曲では無く、売上の割には他の曲に認知度で劣るというポジションの曲だと思うんだけどこのリアレンジが非常に良かった。ここまで印象が変わるとは…。拓郎へ提供した「永遠の嘘をついてくれ」もオリジナルは抑えた雰囲気で徐々に盛り上がっていくが今作はアップテンポ気味でノリが良く、個人的にはこの2曲だけでお釣りがくるような1作。前作のとっつきにくさが嘘のように聞きやすさもあり、『EAST ASIA』『LOVE OR NOTHING』と並んで90年代中島みゆきの代表作といっていいと思う。

パラダイス・カフェ01年現行盤  パラダイス・カフェ[APO-CD]APO-CD  パラダイス・カフェ(紙ジャケット仕様)08年紙ジャケット仕様 

印象度★★★★☆

2016.3.4更新

戻る