SPADE

No タイトル 作詞 作曲 備考
1 5.30 MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
2 i like pop MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
3 wait MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK 仙台タワレコ限定ミニアルバム『tired』収録曲
4 すぐちかく MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
5 palitical believer MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
6 and i MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
7 靴の音 MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
8 monica MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
9 フミダスチカラ MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK 仙台タワレコ限定ミニアルバム『tired』収録曲(LIVE) スタジオ音源初収録
10 don't you cry MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  
11 風来 MONKEY MAJIK MONKEY MAJIK  

リリースデータ

2003年9月24日(仙台タワーレコード限定先行発売)
2004年4月14日(全国発売)
2004年9月22日(全国発売)
-
最高192位
-
-
売上0.6万枚
-
UNDER HORSE RECORDS

メンバー

Vocal/Guitar Maynard Plant
Guitar/Vocal Blaise Plant
Bass 漆坂ミサオ
Drums 菊池拓哉

MONKEY MAJIK1stアルバム。02年にタワーレコード仙台店限定で1000枚限定ミニアルバム『tired』(6曲入り)を完売させていたが、それに続く作品。03年当時は今作も仙台タワレコ限定販売だったが04年4月に全国発売されたため、今作が初の全国流通作となった。『tired』からは「wait」が収録されたほか、ライブ音源で収録されていた「フミダスチカラ」がスタジオ音源で収録された。今作では作詞作曲は全てMONKEY MAJIK名義になっているが、後のベスト盤収録の際はMaynard/Blaise兄弟の共同名義、日本語詞は漆坂ミサオという表記に変更されている。仙台タワレコのランキングでは13週連続1位&年間1位の大ヒットを記録したとされているが、04年4月、9月に全国発売された(現在公式には9月発売扱いで掲載)際はO社チャート300位以内にランクインできなかった。その後06年のメジャーデビュー直後に213位に初ランクインし、そのまま7週連続300位以内にランクインした。192位はそのうちの3週目に記録している。

結成は公式に00年扱いでメジャーデビュー以降も10周年、15周年共に00年起点となっているが00年当時はMaynardと漆坂と別の外国人メンバーだったそうで、今作のメンバー4人になったのは翌01年とされている。そして全国流通した初の作品は今作となる。道理で10周年も15周年も「そんなに経ってたっけ?」感が全開だったわけだ…。元々Maynardは東北地方の外国語指導講師として中学校で教えていたくらいなので、日本語は既に堪能だったようだ。逆にBlaiseは01年頃に兄のMaynardから日本へ呼び寄せられたのでこの時点ではあまり話せなかったと思われるが、メジャー以降と比べても日本語詞、英語詞の比率にさほど差は無い(今作は英語4、日本語7)。メジャー以降はもっとキーボードや打ち込み系の音が前に出てくるようになってバンド感が薄い作品が激増するけど、今作時点では乾いたバンドサウンドがメイン。違いはそのくらいで基本的にはこの時点で比較的バンドの空気は出来上がっていたように思う。シンプルながら心地いいサウンドが魅力だ。あとインディーズということもあってフルアルバムなのにメジャーの半分の価格、というのはかなりお得感が強いかも。

SPADE  

印象度★★★☆☆

戻る