DO THE BEST

No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ロックンロール県庁所在地'95 森高千里 森高千里   新録音
7thアルバム『ペパーランド』収録曲
18thシングルC/W(カット)(シングルバージョン)
森高千里 松浦誠二 斉藤英夫 11thシングル 最高2位 売上18.0万枚
私がオバさんになっても
(アルバム・ヴァージョン)
森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 6thアルバム『ROCK ALIVE』収録曲
16thシングル(カット) 最高15位 売上22.8万枚
渡良瀬橋 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 17thシングル 最高9位 売上31.0万枚
私の夏 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 18thシングル 最高5位 売上38.2万枚
ハエ男(シングル・ヴァージョン) 森高千里 森高千里   19thシングル(カット) 最高12位 売上13.6万枚
8thアルバム『LUCKY7』収録曲
Memories(シングル・ヴァージョン) 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 19thシングル両A面曲(カット)
8thアルバム『LUCKY7』収録曲
風に吹かれて 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 20thシングル 最高1位 売上38.1万枚
ロックン・オムレツ 森高千里 伊秩弘将   21stシングル 最高13位 売上10.0万枚
10 気分爽快 森高千里 黒沢健一 高橋諭一 22ndシングル 最高3位 売上43.8万枚
11 夏の日 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 23rdシングル 最高5位 売上40.9万枚
12 素敵な誕生日 森高千里 高橋諭一 高橋諭一 24thシングル 最高1位 売上38.0万枚
13 私の大事な人
(シングル・ヴァージョン)
森高千里 森高千里 前嶋康明 24thシングル両A面曲(カット)
9thアルバム『STEP BY STEP』収録曲
14 二人は恋人(Remix) 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 25thシングル 最高5位 売上44.4万枚
15 今日から 森高千里 高橋諭一 高橋諭一 新曲

リリースデータ

1995年3月25日 初登場2位 売上134.0万枚 Produced by YUKIO SETO ONE UP MUSIC

森高千里3rdベスト盤。ドラムを中心に自らも楽器を手がけるようになった90年代中盤頃のシングルを中心に選曲されている。当時最高売上だった1つ前のオリジナルアルバム『STEP BY STEP』の累計は57.3万枚だったが、今作は初動で50万枚を記録し、最終的に初のミリオンセラーを記録する大ヒットとなった。最高位が2位なのは同日発売のDreams Come Trueがさらに上を行く初動85万オーバーを出して1位を獲得していたためである。『ロックンロール県庁所在地'95』と当時の最新シングルで最高売上でもあった『二人は恋人』の2曲を新たに録音しなおして、新曲を1曲収録している。初回盤はスリーブケース入りで、別冊の写真集には1曲ごとの本人コメントも掲載されている。

たぶん俺より前の世代だと森高千里はミニスカとかコスプレとか美脚とかの奇抜な衣装のアイドルというイメージが強いのだろう。逆に俺より若い世代は子供番組『ポンキッキーズ』での「ロックン・オムレツ」が幼少の記憶の片隅にあるかもしれないが、基本的には江口洋介の妻で最近は歯ブラシのCMに出てたり、車のCMで歌っていたという印象くらいしかないと思われる。また『雨』を市川由衣が、『ロックンロール県庁所在地』をミニモニ。、『渡良瀬橋』を松浦亜弥がカバーするなど00年代前半に立て続けにカバーされたことで知っているかもしれない。

このアルバムが出た頃は小学5年生だったが、ビールのCMソングとしてかかりまくっていた『気分爽快』や前述の「ポンキッキーズ」の『ロックン・オムレツ』などが印象に残っていたこともあり、親が借りてきてテープに録音して聞きまくった。LINDBERG『EXTRA FLIGHTU』、広瀬香美『サクセス・ストーリー』に続いてまだ音楽に興味がなかった頃にドライブに行くたびに聞きまくっていた3枚のアルバムのうちの時期的には最後の1枚である。知ってる曲は前述の2曲しかなかったのだが他の曲もどれも気持ちよいポップスが並んでいて非常に気に入った。ハズレのないアルバムで、アイドルとしてではなく普通にシンガーとして森高千里を認識していた。事実、当時は知らなかったが作曲やドラムなどの楽器を自ら手がけており、この後の歌手活動はシンガー路線を貫いていたようだし、後でこれより前の時期まではかなり前衛的なアイドルだったと知ったときは衝撃だった。

今作は売上絶頂期の曲が並んでいることもあり、今聞いても普通にいい曲だと思えるポップスが並んでいて飽きない。しかも本人がほぼすべての曲でドラムを担当していたり、作曲までやっていたりと何気にシンガーソングライターとしての片鱗も覗かせている。ジャケットやブックレットの写真からはさすがにそろそろ時代を感じて「昔の人」っぽさが出てきているが(特に髪型と口紅の濃さ)、本当に曲は時代に関係なく良いので聞いたことがない人は1度は聞いておいて損はないと思う。

ちなみにこれ以前の初期を集めたベスト盤は1stベスト『森高ランド』、2ndベスト『ザ・森高』という2つの再録音ベストが存在する。また99年には『The Best Selection of First Moritaka』という92年までの活動を網羅したベスト盤は出ていたが、今作以降を網羅した作品が長年存在せず、2012年に『ザ・シングルス』の発売でようやく後期まで網羅した全シングル集発売となった。ただしそちらには演奏クレジットも曲コメントも無く、作詞作曲編曲クレジットしか無い。初回盤の別冊ブックレットもただ写真のみで埋め尽くされたものとなっている。森高が自ら演奏を手がけているのはドラムにとどまらず曲によっても異なるため、それらを確認できないというのは大いなる欠陥であり、今作の「ベスト盤」としての価値は失われていない

DO THE BEST

印象度★★★★★

戻る