ザ・シングルス

Disc 1 1987-1991
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
NEW SEASON HIRO 斉藤英夫 斉藤英夫 1stシングル 最高23位 売上4.4万枚
オーバーヒート・ナイト 伊秩弘将 斉藤英夫 斉藤英夫 2ndシングル 最高24位 売上2.2万枚
GET SMILE 伊秩弘将 島健 島健 3rdシングル 最高28位 売上1.4万枚
ザ・ミーハー(スペシャル・ミーハー・ミックス) 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 4thシングル(カット) 最高29位 売上2.9万枚
ALONE 森高千里 安田信二 安田信二 5thシングル 最高25位 売上2.6万枚
ザ・ストレス-ストレス中近東ヴァージョン- 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 6thシングル(カット) 最高19位 売上4.0万枚
17才 有馬三恵子 筒見京平 斉藤英夫 7thシングル 最高8位 売上19.5万枚 南沙織のカバー
だいて[ラスベガス・ヴァージョン] 森高千里 高橋諭一 高橋諭一 8thシングル(カット) 最高8位 売上5.7万枚
森高千里 安田信二 斉藤英夫 9thシングル(カット) 最高5位 売上16.4万枚
10 青春 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 9thシングル両A面曲
11 臭いものにはフタをしろ!! 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 10thシングル 最高4位 売上11.7万枚
12 森高千里 松浦誠二 斉藤英夫 11thシングル 最高2位 売上18.0万枚
13 勉強の歌 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 12thシングル 最高4位 売上18.4万枚
14 この街(HOME MIX) 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 12thシングル両A面曲(カット)
15 八月の恋 森高千里 筒見京平 斉藤英夫 13thシングル 最高6位 売上10.6万枚

※HIRO=伊秩弘将

Disc 2 1991-1995
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
ファイト!! 森高千里 高橋諭一 高橋諭一 14thシングル 最高10位 売上26.9万枚
コンサートの夜 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 15thシングル 最高7位 売上10.4万枚
私がオバさんになっても(シングル・ヴァージョン) 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 16thシングル(カット) 最高15位 売上22.8万枚
渡良瀬橋 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 17thシングル 最高9位 売上31.0万枚
ライター志望 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 17thシングル両A面曲
私の夏 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 18thシングル 最高5位 売上38.2万枚
ハエ男(シングル・ヴァージョン) 森高千里 森高千里   19thシングル(カット) 最高12位 売上13.6万枚
Memories(シングル・ヴァージョン) 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 19thシングル両A面曲(カット)
風に吹かれて 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 20thシングル 最高1位 売上38.1万枚
10 ロックン・オムレツ 森高千里 伊秩弘将   21stシングル 最高13位 売上10.0万枚
11 気分爽快 森高千里 黒沢健一 高橋諭一 22ndシングル 最高3位 売上43.8万枚
12 夏の日 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 23rdシングル 最高5位 売上40.9万枚
13 素敵な誕生日 森高千里 高橋諭一 高橋諭一 24thシングル 最高1位 売上38.0万枚
14 私の大事な人(シングル・ヴァージョン) 森高千里 森高千里 前嶋康明 24thシングル両A面曲(カット)
15 二人は恋人 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 25thシングル 最高5位 売上44.4万枚

 

Disc 3 1995-1999
No タイトル 作詞 作曲 編曲 備考
休みの午後 森高千里 斉藤英夫 斉藤英夫 26thシングル 最高5位 売上21.9万枚
ジン ジン ジングルベル 森高千里 森高千里 高橋諭一 27thシングル 最高2位 売上25.3万枚
SO BLUE 森高千里 伊秩弘将 高橋諭一 28thシングル 最高7位 売上27.0万枚
ララ サンシャイン 森高千里 伊秩弘将   29thシングル 最高5位 売上17.9万枚
08年再発盤 最高79位 売上0.08万枚
銀色の夢 森高千里 伊秩弘将   30thシングル 最高9位 売上23.6万枚
Let's Go! 森高千里 伊秩弘将   31stシングル 最高19位 売上9.3万枚
SWEET CANDY 森高千里 高橋諭一   32ndシングル 最高10位 売上9.3万枚
ミラクルナイト 森高千里 細野晴臣 細野晴臣 33rdシングル 最高20位 売上3.0万枚
SNOW AGAIN 森高千里 高橋諭一   34thシングル 最高9位 売上13.4万枚
10 電話 森高千里 高橋諭一   35thシングル 最高17位 売上5.8万枚
11 海まで5分 森高千里 久保田利伸 前嶋康明 36thシングル 最高20位 売上3.2万枚
12 冷たい月 森高千里 高橋諭一 高橋諭一 37thシングル 最高33位 売上1.4万枚
13 私のように 森高千里 河野伸 河野伸 38thシングル 最高37位 売上1.1万枚
14 まひるの星 森高千里 スガシカオ 高橋諭一 39thシングル 最高41位 売上2.3万枚
15 一度遊びに来てよ'99 森高千里 斉藤英夫 前嶋康明 40thシングル(リメイク) 最高60位 売上0.7万枚

ストリングアレンジ:高橋諭一(4)

リリースデータ

2012年8月8日 初登場5位 初動1.9万枚、売上4.4万枚 Produced by YUKIO SETO ワーナー

森高千里デビュー25周年記念シングルコレクション。全シングルのA面をリリース順に収録している。40thシングルの両A面曲「EVERYDAY」は公式では両A面として扱われているがこの曲のみ未収録。全曲24bitリマスター。ワーナーから中期頃に事務所アップフロントが共同でレコード会社ワン・アップを立ち上げ、活動後期には独立してZetimaになっていたが、今作は初期に在籍したワーナーからのリリースとなっている。初回盤は48ページの別冊フォトブック付属、スペシャルパッケージ仕様、ピクチャーレーベル仕様。今回は演奏クレジットが無く、本人解説も無い。ただしYou Tubeに公式チャンネルが開設され、そこでは今作収録曲に限らず全楽曲を対象にランダムでセルフカバー(ドラム演奏もあり)、曲解説などが随時更新されている。

初回パッケージに関して
写真攻め。フォトブックは過去の写真が丁寧に盛り込まれているが、『DO THE BEST』では写真+本人全曲解説だっただけに味気ない。作詞作曲編曲と権利表記、当時のジャケ写アイコンは記載されているものの、森高作品の目玉の1つであるドラムを始めとした本人の楽器演奏を示す演奏クレジット表記が無い。これまた『DO THE BEST』や『MY FAVOLITES』ではしっかり表記していたのだが、今作は演奏を開始する以前のワーナーからリリースなので、そこの重要性が分かっていなかったのかもしれない。初回盤の特典が本当に写真しか載ってないフォトブックとパッケージが豪華、CDレーベルにも写真が使われているという3点のみなので、値段の安い通常盤でも別に構わなかったというのが正直なところだ。

DISC-1
この時期は打ち込みの曲が多く、さすがに時代を感じるものが多い。個人的にも「雨」以外はなじみが無く、この時期の森高千里はほとんど知らず、楽曲にしてもそこまで好きなものはないのだが、本人の作詞センスはこの頃から開眼しており、4曲目から早速インパクト抜群で凄い。想像だにしない歌詞が飛び出してくるのが最大の魅力であり、最強の個性である。

DISC-2
唯一のミリオンセラー『DO THE BEST』とも大半が被っている全盛期。「渡良瀬橋」以降はほぼ全ての曲で本人がドラムを叩いているほか、ピアノやギター等も手がけており、生音サウンドへ移行している。リアルタイムでかなり聞きまくった時期なので、思い入れも深かったが、聞くの自体はかなり久々だったにも関わらず、懐かしいというよりも今聞いても時代を感じないポップスが並んでいるように感じた。歌詞もキレキレだし、楽曲面も充実。この時期までメインで手がけている斉藤英夫の功績は大きかったのではないかと改めて思う。この時期を最後に離脱してしまったのが残念。事務所が同じだけに高橋諭一、前嶋康明、河野伸など後にハロプロのアレンジャーとして起用される人材もチラホラ登場している。

DISC-3
明確に全盛期を過ぎてセールスが極度に低下していった時期となる。斉藤英夫がいなくなってしまったので初期に作詞だけ担当した伊秩弘将や高橋諭一をメインに据えており、基本的には路線はそのまま安定期に突入したような印象。実は『DO THE BEST』を聴きまくったわりには、以降の作品はリアルタイムでは1作も手に取っていないのだが、CMやTVタイアップ等ではかなり耳に馴染んだ曲が多かった。チャートを見るようになったのはこの時期になってからで、ヒットチャートで見た記憶があるのは「銀色の夢」「SNOW AGAIN」だけなのだが、『めざましテレビ』テーマ曲だった「ララ サンシャイン」は1年間平日に毎日これを聞いてから小学校に通っていたし、ローソンに行かなくちゃ行かなくちゃ的催促キャンペーンを繰り広げたわりにローソンに行った記憶はあんまり無いCMタイアップ「Let's Go!」、何のCMだったかは記憶していないが「電話」もかなりCMで耳にした記憶があった。全盛期は過ぎたなとどうしても感じてしまうくらいに特に終盤が地味ではあるものの、やはり普遍的なポップスが並んでいる印象。またこの時期がベスト盤として網羅されるのは初なので、今作の意義はこのDISC-3にあるといってもいい。

何せ活動していたのが99年までなので、2012年発売ながら87〜99年の楽曲で構成されており、30代、40代向けのベスト盤にも思える。だが2012年時点で20代の人でもポンキッキーズでかかっていた「ロックン・オムレツ」やめざましテレビの「ララ サンシャイン」等、番組を継続的に見ていれば幼少の頃に確実に聴いているはずの楽曲もあるし、ハロプロメンバーが00年代に森高千里カバーを何度か行っている(ミニモニ。、松浦亜弥、後藤真希)ので、それで「渡良瀬橋」や今作には収録されていないが「ロックンロール県庁所在地」を知った人もいると思う。そういった世代が聞いても特にDISC-2以降は古さを感じずに聞けると思うのでお勧めだ。強烈に個性的な歌詞、TVでは基本普通に歌っているのであまり知られていないがドラム演奏を筆頭に演奏まで手がけるマルチな才能を見せていたのはアイドルとしては唯一無二の存在だったと思う(というか『DO THE BEST』で知ったので個人的に森高千里にアイドルイメージが無く、普通のシンガーだと思っていた)。ハロプロでソロになってからパッとせずにフェードアウトしていった元モーニング娘。勢や松浦亜弥はもう少しこの大先輩の路線を見習えなかったものかと思った時期もあったが、あまりに個性的すぎて無理だなと改めて思った。

ザ・シングルス(初回生産限定仕様) 初回盤  ザ・シングルス(通常盤) 通常盤 

印象度★★★★★

森高千里、その他のベスト盤解説

森高ランド 『森高ランド』
89年発売の初ベスト。同年の「17才」でのブレイクをきっかけに制作されたと思われる。この時点でのシングル、アルバムからのセレクトと新曲を収録している。原曲で関与していなかった楽曲まで全曲斉藤英夫が編曲しているのでリテイクベストという側面もある。

ザ・森高 『ザ・森高』
91年発売のリミックスベスト。リミックスといっても解体的リミックスではなく、ミックス変更やリアレンジに近い内容らしい。前作以降の楽曲が中心。

DO THE BEST
95年発売。唯一のミリオンを記録した大ヒット作。前作以降のシングルを中心に収録。シングルセールスでもこの時期が全盛期だったため、90年代の代表的なヒットシングルはほぼ網羅されたような内容になっている。初回盤なら本人解説もついているので、今でもおススメ。

the best selection of first moritaka 1987-1993 The Best Selection of First Moritaka 1987-1993
99年発売。ワーナーからリリースされたワーナー在籍時のシングルコレクション。江口洋介と結婚して活動を休止する前の発売であり、休止を受けてのものではない。『ザ・シングルス』の「ハエ男」までと全曲被っており(しかも「青春」以外の両A面曲は抜けている)、現在は全く価値が残っていない

harvest time 『harvest time』
99年発売。音楽評論家の小貫信昭、能地裕子による選曲の企画ベスト。加藤紀子へ提供した「引き裂かないで二人を」も収録。アルバム曲中心でかなりコアな選曲になっているが、個性的な歌詞に重点を置いて選曲したのではないかと言われている。

MY FAVORITES
04年リリース。本人の自選ベスト。自選ベストだけに本人がブックレットで1曲ごとに思い入れを語っている。後期の楽曲がチラホラ入っているのも特徴だが、「どっちもどっち」ではコーラスとドラムの新録音もしている。

非公式企画ベスト

森高千里 ベスト&ベスト PBB23 『BEST&BEST』
00年代末期に発売された高速道路等で売られている企画ベストの1つ。選曲はワーナー時代からで『The Best Selection of First Moritaka 1987-1993』を1枚に凝縮したような内容。

森高千里 BEST1993-1999 『森高千里BEST 1993-1999』
00年代末期に発売された高速道路等で売られている企画ベストの1つ。選曲は上記作品以降からとなっており被りは無い。09年に「雨/渡良瀬橋」として再発されたシングル盤に収録されていた新バージョンの「雨(as right as rain mix)」が収録されているのが地味に大きな目玉。

 

戻る